御飯の缶詰レポート 赤飯

r2016082701_2016082714085310d.jpg

 9月1日は防災の日です。
 皆様の備えは万全でしょうか。

 本日は来週の防災の日にちなみ、防災グッズの定番である非常食を紹介致します。

 非常食と言えば缶詰。
 乾パンやパンの缶詰は割と出回っていますが、今回は赤飯の缶詰でございます。

 調理は湯煎で20分。
 これだけで、美味しいお赤飯が出来上がります。

r2016082702.jpg

 こちらが出来上がった赤飯です。
 375gも入っていますので、気持ち少な目で二人分くらいにはなるでしょうか。

r2016082703.jpg

 ちょっとお塩をかけてしまいましたが、美味しくいただけました。
 赤飯はもち米が入っているので栄養も優れているので、非常食には最適なのでしょう。

 自衛隊が被災地に持っていくと、
「震災の時に赤飯なんか持ってきて、めでたくなんかないぞ!」
 と、被災者に怒られるという噂もありますが、本当なのでしょうかね。

 食べてみて気が付いた良い面は、味が美味しく量が多めな事。
 缶詰めパンや水を入れて食べるアルファ米に比べ、満足感が得られます。
 量に対する価格も比較的安めで、1個400~500円で買えるのもポイント。

 反対に悪い面は、調理の手間です。
 実際に避難した場合、湯煎で20分調理ができる程の水と燃料を得られるでしょうか。
 缶が硬くしっかりとした作りの為、女性が普通の缶きりで開けるのは少し難しいというのも難点です。

 ですので、これだけで乗り切ろうと思われるのではなく、色々と備蓄している中にこの缶詰を混ぜておくのが良いと思います。
 例えば水や燃料が得られる環境が整った際に複数個湯煎にかけられれば、家族でその日消費する分も一度に確保できる事でしょう。

 2011年に発生した東日本大震災後に購入された保存食も、そろそろ賞味期限が切れてくるはずです。
 これを機会に、みなさんも身の回りの保存食の実食をされてみてはいかがでしょう。
 実際に食べてみると便利な所や不便な点が実際にわかり、備蓄計画の改善にもつながりますよ。


スポンサーサイト
[ 2016/08/28 09:00 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)

Honey Honey 秋葉原店 16回目

r2016082701.jpg
BIGパフェ(1990円)

 夏の思い出作りに、ハニハニさんでパフェを食べに行ってきました。
 通常サイズではつまらないので、2回目のBIGパフェにチャレンジです。

 ビール用のピッチャーに、アイスとケーキをがたっぷり乗ったBIGパフェ。
 コーンフレークがかなり多めに入っているので、甘いものが好きな方なら1人でも食べられるサイズです。
 パフェにおけるコーンフレークは正当か邪道かで意見が分かれるところですが、このスペースすべてにアイスが入ってたりすると1人では食べられませんし、アイスと混ざったコーンフレークが好きなので、私はアリ派でございます。
 
 ただ、あえてこのメニューの欠点を申しますと・・・・・・スプーンが小さいです。

 普通のパフェ用のスプーンだと小さく短いので容器まで手を突っ込み食べる必要があり、手が汚れます。
 それほど数を揃えなくて良いと思うので、もうちょっと長いスプーンが欲しいところです。

【HoneyHoney 秋葉原店】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区外神田3-7-12 イサミヤ第8ビル2F



コミックマーケット90 散策記


 今年の夏コミ(コミックマーケット90)でも、同人誌の収穫が多くありました。
 当店は主に創作エリアを周りましたので、秋葉原関連を中心的に紹介致します。


アキバ暮らしを楽しむ本 2016.08特別号(くぬぎやま通信社)

 秋葉原で生活する事をコンセプトに頒布されている同人誌のシリーズ。

 新刊の特別号でも不動産ガイドが収録されており、
「自分が住むなら、この部屋は書籍にして、この部屋にベッドを置いて・・・。」
 と妄想で楽しむには十分な内容です。

 また特集として、スーパーや100円均一ショップも紹介されています。
 ワイズマート閉店やCanDo開店など、新しいニュースも掲載されている点に、機動性の高さを感じます。


秋葉原のオシャレなカフェでお茶しませんか? 3(謎探りは紅茶)

 こちらは秋葉原のカフェについての同人誌。
 第三弾はデートに使える11店舗が紹介されています。

 特集はVAULTさんのインタビュー記事。
 最後には女装されたスタッフさんが登場していますが、イベントか何かでしょうかね。

 収録されている中には、気になっていてもまだまだお邪魔できていないお店がいくつか紹介されていました。
 今後はこの本を参考にして、レポートしに行きたいですね。


あきばdeごはん Vol.12(Hungry Bear)

「マツコの知らない世界」にも出演されたサークルです。
 新刊は特定のジャンルを絞らず、美味しそうなお店を紹介されています。

 私が気に入ったのは日本蕎麦のページですかね。
 たぬきときつねを合わせたものをお化け蕎麦(化かしあうので) として提供されているお店があるのは興味深いです。


秋葉原ナポリタン 完全攻略本2016(秋葉エンヂニアリング)

 ナポリタン嫌いな私を一撃(一冊)でナポリタンファンに変えさせたサークル、アキバエンヂニアリングさん。
 新刊はナポリタン本の改訂版でした。


 横長のレイアウトは全てをナポリタンの写真に捧げており、おそらく世界で一番オレンジ色のインクを多用しているグルメ本でしょう。
 紹介されているラインナップは個人経営の名店からチェーン店まで幅広く、老舗偏重のナポリタン差別をしていないところも好印象。
 読んでいるだけでケチャップの味が口の中に広がるようです。

 全国のレストランに置いたら、日本中のナポリタンの売り上げが2割くらい上がるのではないでしょうか?


ザ・同人 メイド喫茶評論本 Vol.5(M.A.I.D.)

 最近では貴重な存在となった、メイドカフェ(コンセプトカフェ)の論評本です。
 推しメイド、名古屋のメイドカフェ、コンカフェ、オープンしたばかりの艦これ公式コンセプトカフェ「酒保伊良湖」のレポートなどが収録されています。
 また、後述するサークル純情キャリコの雑煮モチ子さんもゲスト参加をされており、なかなか当店では知りえない貴重なエピソードばかりでした。
 
 最近は同人界隈のレベルが一気に向上したのか、フルカラーで写真やイラストを多用した凝った本も多いのですが、こういったファンによるシンプルな評論本というのも、サークルや書き手それぞれの味わいがあって好きなんですよね。
 生の意見も聴けますし、頒布価格もお手軽な物が多いですし。

 なお、同時に頒布されていた新刊「OSHI理論(ふゅーちゃーさん作)」についてもここで記しておきましょう。
 こちらはどちらかといえばコンカフェのウェイトレスさんへ作られた、お客さんから推しキャストに選ばれる為の本となるのでしょうか。
「花より団子」な私には、推しメイドさんというものの存在がよくわからないのですが、お客さんとこういう関係を持つウェイトレスさんもいるのですね。


秋葉原コンセプトカフェデータブック 2016夏(まっきーのメイドバーレポート)

 その名の通り、秋葉原にあるコンセプトカフェのデータが収録されています。
 お店の名前、コンセプトの内容、チャージ料、営業時間、概要・・・。
 ビラ配りをしているか、喫煙できるか、等の細かい内容もカバーされており、Webで調べるのが大変な部分がこれ一冊で把握できます。
 昨今メイドカフェの公式サイトは凝ったデザインになっており、綺麗なのは良い事なのですがゴタゴタしてて調べにくい事もありますので。

 誕生日特典のあるお店なども紹介されていますね。
 それらを含めて全体的に店名を聞いてピンとくる方向けで、コンカフェ中級者以上を対象に作られているように思えます。

 もっとも印象に残ったのが、おまけの「メイド喫茶型風俗求人サイトの見分け方」。
 最近は、さも実際にあるメイドカフェの公式サイトのような作りで実際は風俗求人サイトである事案が発生しているそうです。
 これは女性を騙して風俗業界に引き寄せるサイトなのでしょうかね?
 私の知らない世界をまた一つ発見しました。


メイド喫茶でランデブー12(純情キャリコ)

 可愛い構図の表紙と読む人を引き寄せる文体で気になるサークルとなっている、純情キャリコさん。
 今回のコミケでも興味深い新刊を頒布されていました。
 表紙は女子高生の学園祭をイメージされているのでしょうか。
 
 新刊ではコンセプトカフェに重きを置いて、当店が知らないお店を多く紹介されています。
 開店したばかりの王立アフェリアクロニクルSや原宿の可愛い系カフェ、金沢や富山のコンカフェなど、フットワークの軽さを感じる収録内容です。
 本当は当店もこれくらい幅広く活動しないといけませんよね。

 制服のイラストも漫画も可愛く、コンカフェファンなら一読の価値ありです。


AKIBA Guide Book C90(Twinkle Spica)

 コミックマーケット90でのアキバ系同人誌MVPは、やはりこのアキバガイドブックです。
 秋葉原ガイドの「生ける伝説」秋葉るきさんが手がけるガイドブックで、

・全編フルカラー
・モデルさんを使った特集記事
・公式イラストは藤真拓哉先生によるもの
・基本アクセスや困った時(充電、両替、案内)のマップ
・英語/中国語の同時併記


 など、すべてのサークルとは大差をつけたガイドブックとして機能しています。
 商業誌と間違えられコミケでの頒布が禁止されそうになった、との噂が流れてきましたが、ここまで出来が良ければそれも頷けます。


 収録内容は下記のガイドに加え、お誕生日特典のあるコンカフェや、秋葉原の非コンカフェの紹介など。
 タコスブレイズさんの記事には、当店ウェイトレスの菜々美もちょっとだけ映っていますね。

 王者に君臨する本なのでちょっとイジワルに厳しめの感想を書きますと、情報量が足りないかな?とは思います。

 モデルさんの写真を使ったページはややデザイン面(可愛さ)に重きを置きすぎている感があります。
 また、このC90版単体でガイドブックとして機能するかと言えばちょっと疑問が残ります。
 長くシリーズとして続けられておられ、同じような内容を掲載しないという努力はよく伝わってきますが、結果的にバックナンバーを買わないとフォローできない情報が事が多いというのも難点ではあります。
 今号ではメイドカフェも非メイドカフェも紹介数が少ないですし、カフェ以外の情報量はさらに少なめです。

 しかしながら、海外の人が読まれるのであれば写真を多めにした構成は間違えてないと思いますし。
 私のように毎回買う人の事を考えると、巻毎に重ならない内容にするというのもあながち間違いではないかもしれませんし。
 何よりこの本を上回る実用度のあるガイドブックは、同人業界では他にありませんから。
 制作側がどういう使い方を想定されているのかが、もう少しわかれば、当店の評価方針も少しは修正されるでしょう。
 
 そんなわけで色々と書いたものの、全体的には非常に質の高い素晴らしい同人誌だと思います。
 今後もしばらく秋葉原系同人誌の頂点を維持する存在であることは間違いありません。



 と、気が付いたら、記事を書き始めて相当な時間が経ってしまいました。 
 同人誌の感想は一度読んでから書き始めるのですけれども、書いているうちにまた読み直してハマってしまうのが原因でしょう。
 創作界は時間泥棒が多いようです。

[ 2016/08/21 09:00 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)

橙幻郷 20回目

r2016082001fix.jpg
日替わりデザート 抹茶ケーキ(600円)

 この日は夜にお邪魔しました。

 日替わりデザートは、抹茶ケーキ。
 パウンド系のケーキと、フルーツ、生クリームが添えられています。
 甘さは控えめで、割とあっさり食べられました。

 ガッツリした甘いパフェは無理だけど、デザートが食べたいな。という時に、橙幻郷さんの日替わりデザートは重宝しますね。

【橙幻郷】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区外神田 3-2-7 石塚ビル1F



おかえりなさい100円ショップ

r2016081901fix.jpg

 秋葉原は100円均一ショップが少なく、100均砂漠と言われています。
 ちょっとした小物が欲しい時でも、ドンキには無く御徒町まで歩いていく、という事も珍しくありませんでした。

 そんな中、雑貨店「ORANGE Tokyo」さんの跡地にCanDoさんがオープン。
 
 早速店内に入ってみると、所狭しとアイテムが展開されています。
 食べ物から雑貨まで、よくぞまあこのスペースにこれだけの商品を陳列できますよね。100均ショップって。

 秋葉原駅は、新幹線の始発駅である東京駅や、夜行バスの乗車箇所が集中する新宿駅まで簡単に行けます。
 発車時刻までの時間潰しの間、買い忘れていた旅行用品などをここで確保されてはいかがでしょうか?


【CanDo秋葉原店】
 住所:東京都千代田区外神田3-3-10



[ 2016/08/19 23:30 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)