名古屋ロングスカートメイド喫茶

r2017110401.jpg

 11月3日から5日まで、池袋のワンダーパーラーさんが企画したイベント「名古屋ロングスカートメイド喫茶」が、渋谷で開催されています。
 当店は初日の3日にお邪魔致しました。

 会場は渋谷のオシャレなビルにある朝日新聞社メディアラボ渋谷分室。
 朝日新聞社さん、メイドさんイベントに会場を貸してくださってグッジョブです!

r2017110402.jpg

 イベントのチャージ料は1500円で、紅茶がセットで付いてきます。

 また公開禁止と言う事で紹介は出来ませんが、会場内には愛知県のメイドカフェについての資料がギッシリと展示されています。
 中にはポイントカードやお店のスケッチなど、ただただ驚愕するばかりの高い濃度の資料も。

r2017110403.jpg
キューバサンドイッチ(900円)

 この日は現役・卒業が入りまじってメイドさんが接客を担当。
 シークレットチェンバーやメイリーフ、パレットメイドなど、愛知県の老舗メイドカフェの店員さんが頑張られていました。

 ただやはり初日と言う事で不慣れなのか、メニューが来なかったり伝票にはまだ提供されてないサンドイッチが提供済みになっていたりと大混乱。
 メイドカフェは経験とチームワークがモノを言う業種なのでしょう。

r2017110404.jpg
お絵かきケーキ(800円)

 こちらのお絵かきケーキは、
「今、絵を描くチョコソースを持ってきますね」
 と言ったまま、メイドさんは10分以上経っても戻られませんでした。

 もしかしたら新鮮なチョコを提供されようとガーナあたりでカカオを収穫したものの、成田空港の検疫で足止めされているのかもしれません。

r2017110405.jpg

 別のメイドさんに声をかけたらすぐに対応してくださいました!
 ありがたいご対応です。
 
 お絵かきの無いお絵かきケーキなんて、クリープの無いコーヒーみたいなものですからね。

r2017110406.jpg

 なお、その後はメイドカフェのトークセッションがスタート。
 初日はメイドカフェ巡りを趣味とされている、たかとらさん、ベールさん、まっきーさん、あやみさんによる、非常に濃度の高い愛知県メイドカフェトークが繰り広げられました。

 このメンバーもそうですが、お客さんも含めて、非常にレベルの高い方ばかり。
 私なんぞは末席を汚すのがやっとでございました。

 イベントは5日まで開催されています。
 ご興味がある方は是非とも足を運ばれてみてください。

 

【名古屋ロングスカートメイド喫茶】
 公式サイト
 住所:東京都渋谷区神宮前6-19-21 朝日新聞社メディアラボ渋谷分室



スポンサーサイト

ジャパリカフェ原宿 1回目

r2017061101.jpg

 原宿で運営されている「けものフレンズ」のコラボカフェ、ジャパリカフェ原宿にお邪魔致しました。
 予約なしでも入れますが、500円で席の予約もできます。
(予約をされた方は、オリジナルコースターが2枚貰えます。)

r2017061102.jpg

 すでに出演者の方が沢山来店されており、店内にはサイン色紙が沢山あります。

 お客さんは男性だけでなく、女性、カップル、お子様と親御さんと様々。
 思った以上に、けものフレンズの人気の幅が広いようです。

r2017061103.jpg

 限定メニューも沢山あります。
 お得なセットもあるので、予め価格を計算されると少しだけお安く済ませられるかも。

r2017061104.jpg
セルリアンをやっつけろ! ラムネアイスソーダ(650円)

 ちょっとサイン色紙を撮影しに行っている間に、もう注文したメニューが届いていました。
 このドリンクに限らず、ジャパリカフェ原宿の給仕速度が素晴らしく早かった事を書き記しておきます。

 コラボメニューのセルリアンソーダ。
 目玉の部分は紙ではなく食べられるもの(口の中で溶けました)で出来ていました。
 いったい、何で出来ていたのでしょうかね?

r2017061105.jpg
すごーい!! サーバルちゃんのデミグラスオムライス(1300円)

 サーバルのオムライス。
 玉子焼きにはサーバルちゃんがプリントされています。

r2017061106.jpg
ジャパリパーク名物 じゃぱりまん(1200円)

 そして絶対に食べたかったデザートが、ジャパリパーク名物のじゃぱりまんです。
 
r2017061107.jpg

 茶色のじゃぱりまんをカットしてみると、中から出てきたのはチョコレート。
 私が甘党のフレンズだから、ボス(ラッキービースト)がチョコレートの入ったじゃぱりまんを提供してくれたのでしょうかね。

 ピンクのじゃぱりまんにはサツマイモの餡が入っていました。
 
r2017061108.jpg

 なお、ジャパリカフェへお越しの際は是非お手洗いも利用してください。
 お手洗いはセルリアンちほーにあります。

r2017061109.jpg

 どうでしょう、この落ち着かなさ。
 お手洗い内の壁一面に、セルリアンがビッシリと生息しています。 
 御用の際は、取り込まれないようにご注意ください。


 ジャパリカフェ原宿は現在耐震工事の為、6月27日まで休業中です。
 ご訪問を予定されている皆様は、ご注意ください。

【ジャパリカフェ原宿】
 住所:東京都渋谷区神宮前5-30-3 ニューアートビル1F


イヌモエカフェ

r2017050601.jpg

 池袋のレンタルスペースグレイスカフェにて、イヌモエカフェが開催されました。
 イヌモエカフェとは、かつて秋葉原で伝説のメイドさんであったイヌ発電さんやモエギさんが中心となり、St.GraceCourt(セントグレースコート)の元メイド(元シスター)が集まったイベント系カフェで、メンバーの活躍期間はおそらくは2003~2004年から2010年頃まで。メイドカフェ黎明期からブームまでの間に多くのご主人様がファンになった、おそらくは秋葉原でも1位2位を争われたレジェンド集団です。

 調べてみると私自身が最後に接客をしてもらったのは2009年ですので、およそ8年ぶりの再会(?)となりますね。

r2017050602.jpg

 お昼過ぎにお邪魔した所、すでにお店の前は行列。
 どの方も長年メイドカフェに通われたであろう、ベテランのご主人様やお嬢様のようです。
 日頃メイドカフェでは見かけないような方も見受けられましたので、もしかしたらイヌモエカフェだけの為にこの日だけご主人様お嬢様に戻られた方もおられたのかも? 

 お店に入るまでには40分ほどかかりました。

r2017050603.jpg
ソーセージクロワッサン(ランダムプロマイド付 1000円 チャージ料500円別途)

 ランダムでもらえるプロマイドがセットの、ソーセージクロワッサン。 
 私のメイドカフェ訪問歴で、初めて気になるメイドさんとなったイヌ発電さんにお絵かきをしていただきました。
 お絵かき中は、なんとも良い光景でございますね。

 他にはアイスコーヒーを頼んで、チャージ料を含めて合計で2500円。
 メイドカフェの同窓会的なイベントカフェですので、当時を御存じない方は価格的の関係でハードルが高めではありますが、オマケでもらえるプロマイドが値千金となるかつてのご主人様達であれば、次回にでも是非お立ち寄りになられてはいかがでしょうか?

 シスターの頑張る方を見られるだけで、チャージ料はあっという間に元が取れると思いますよ。


上智大学ソフィア祭2016 SOS団コスプレ喫茶

r2016110601.jpg

 上智大学ソフィア祭の企画店舗、SOS団コスプレ喫茶さんへお邪魔致しました。
 これで3年連続になりますね。 

 今年も開催日は11月1日から3日まで。
 平日がメインとなってしまったからか、最終日の3日目は一般のお客様が集中されて足を運ばれたようです。
 文字通り老若男女、幅広い層のお客様で賑わっていましたよ。

r2016110602.jpg
凛ちゃんのバースデーケーキ

 μ'sのコスプレイヤーさんがステージイベントに参加されて店舗にはおられませんでしたが、ラブライブにちなんだメニューが提供されていました。
 この旗は手作りでしょうか? とても可愛く描かれていますね。

 手作り感のあるカフェというのも、学園祭シーズンの楽しみのひとつですね。


工大祭2016特集

r2016100801.jpg

 東京工業大学の学園祭、工大祭へお邪魔致しました。
 今年はノーベル生理学賞・医学賞受賞の大隅さんが研究をされているという事で、一層注目されているようです。

r2016100802.jpg

 日本でも有数の理系国立大学だけに、研究に対する情熱を持つ生徒さんが多く通われています。
 こちらはポケモンGOの自動孵化機、をレゴブロックで作った物。
 GPSでひっかからない程度の速度で延々と動き、ポケモンの卵を孵化させるそうです。

 これをわざわざレゴブロックで作る手間を歩いたらいいのでは?・・・・・・という質問は野暮ですよ。 

r2016100803.jpg

 理系あるあるでもお馴染みのウェス、キムワイプもレゴブロックで再現しています。
 キムワイプは割と高いので、ティッシュ代わりに使うと怒られるんですよね。

r2016100804.jpg

 それでは早速カフェへお邪魔致しましょう。
 今年はメイドカフェの宇宙カフェが無いので、紹介できるコンカフェは東工大SOS団のコスプレカフェのみとなります。

r2016100805.jpg

 雨の日と言う事もあって呼び込みスタッフも戻られているのか、教室内にはコスプレイヤーさんが沢山待機されていました。

r2016100806.jpg
ホットケーキ(300円)

 ホットケーキ(パンケーキかな?)はフロアにおられるコスプレイヤーさんを指名し、チョコレートで好きな絵を描いて頂くシステムです。
 悩んだ結果、私は昨年お世話になったコスプレイヤーさんに描いて頂きました。
 さすがに数をこなされている分、描きなれていらっしゃいます。

 ちなみに、この企画では許可をとればコスプレイヤーさんの撮影もできます。
 名門大のコスプレイヤーさんと記念撮影ができる機会もなかなか無いと思います。
 工大祭へお越しの方は撮影をお願いされてはいかがでしょう?