メイドカフェ津々浦々記 後編 生み出す才能 広める才能

 前回の日記にて、地方のメイドカフェに関わる方々がお持ちの、秋葉原のメイドカフェ情報のようなものを書きました。
 記事は普段より多くのお客様に読んでいただき、ご意見も頂戴致しました。
 ご来店いただいたお客様には、この場を借りて御礼申し上げます。

 さて、メイドカフェについて書いておりますと、どのご主人様お嬢様もすべてのメイドカフェが好き、と言うわけではないケースがございます。
 最近は随分減りましたが、メイドカフェが誕生した頃からのお客様の中には、ごく稀に新興店舗を快く思わない方がおられます。

 有体に言えば、
「あれはマスコミ向けにパフォーマンスを重視したお店で、本来のメイドカフェじゃない。」
 というものです。

 恥ずかしながら、実は当店もそういう頃がございました。
 具体的には本店の旧店舗時代のレポートを書いていた折に、
「萌え萌えきゅーんとか、魔法とか、邪道です!」
 などと考えていた時代があったものです。
(もちろん、今はそんな事はありませんからね。)

 そんなニガテなお店が結果的にメイドカフェ業界を救ったかも?と思いはじめたのは、全国のメイドカフェにお邪魔してからです。

 地方のメイドカフェは当店が昔ニガテだったお店がベースになっているパターンが多くありました。
 そのベースとなっているお店は、@ほぉ~むカフェさんです。
 もちろんそうでない、皆さんご存知の元祖メイドカフェであうキュアメイドカフェを参考にしたお店もありますが、現存しているお店において、割合として多いのは萌え萌えきゅーんでした。

 それでは何故元祖メイドカフェのような古き良きメイドさんではなく、萌え萌えきゅーんが採用されたのでしょう?

 ここからはあくまでも当店の想像となりますが、おそらく答えはそのフォーマットにあるのではないでしょうか。

 例えば、メイドカフェ黎明期のお店の多くは『メイドカフェで接客する』以外の共通点がありませんでした。
 メイド服も割合早い時点でロングとミニのお店に分かれ、挨拶は普通、メニューも喫茶店と変わらないものでした。
 これでは秋葉原以外へ持っていっても、ちょっと制服が可愛いカフェ位の扱いで、現在まで残っている事は無かったのではないかと思います。

 反対に萌え萌えキューンなお店は、非常にわかりやすく作られています。

・挨拶は「おかえりなさいませ。」
・萌え萌えオムライス等のメイドカフェらしいメニューがある。
・美味しくなる魔法、テーブルで行われるサービスが存在する。
・チェキやライブなどの、オプション的な商品を販売する。

 
 等々、これらのフォーマットを守り細かい部分を調整すれば、誰にでもメイドカフェがオープンできてしまうわけです。

 フォーマットを広めたのは、間違いなく@ほぉ~むさんだと思います。
 不思議な事に、萌え萌えオムライスやメイドさんのチェキを発明したのも、「お帰りなさいませ」という挨拶を作ったのも別のお店なのに、結果的に全国のメイドカフェは@ほぉ~むカフェさんのフォーマットを地方に持ち帰ったようなのです。

 何故そう考えるか。
 ゼロからメイドカフェを生み出さない以上、メイドカフェに勤めるメイドさんは、
「メイドカフェとはこういうものだろう。」
 というイメージがあり、みなさん@ほぉ~むカフェさんしか御存じないのであれば、それが自身のメイドさんのお手本となるのはある意味当然だから、というのが理由です。

 これは本場秋葉原のメイドカフェも同じで、古き良き形式を愛するお店もある中、もっとも採用されるフォーマットが@ほぉ~むカフェさんのものになっているように思えます。
 元祖メイドカフェを好むお客様からしてみたら、違和感を感じるのは当然でしょう。
 同じメイドカフェでも、ご自身が通うお店とTVで紹介されるお店がまったくの別物ですから。

 ですが、こういう、
「発明されたものと、広がった物が違ってしまう。」
 というケースは、実は珍しくありません。

 身近な例として、みなさん御存じのレコード。
 エジソンが開発したこの偉大な発明は、元々は目の不自由な方の補助や、会議などの音声を記録する為に作られました。
 現代では誰もが知っている、歌や音楽を録音するという利用方法は、
「そんなもの邪道だ。俺は認めない!」
 と、エジソン自身が思っていたそうです。

 また、普段我々が使用しているTV(テレビジョン)。
 こちらも最初は画像や地図を相手に送るために開発されたもので、今のように顧客やスポンサーから料金を徴収し視聴者に放送する運用方法は想定されていませんでした。

 双方とも、発明した天才と広めた天才がバラバラに存在しています。

 メイドカフェの場合はメイドさんがいる空間で癒される場所として発明され、今ではお客さんとメイドさんとが積極的に交流するアミューズメント空間として楽しむ場所として広まっています。
 これもメイドカフェを生み出した天才であるキュアメイドカフェさんと、メイドカフェを広めた天才である@ほぉ~むカフェさんがバラバラに存在したケースでしょう。

 どちらが正しいメイドカフェか、という答えはご主人様やお嬢様の中でご自由に決めていただくとしまして、当店は、そのどちらも存在したからこそ今のメイドカフェ文化が消えずに残っているのではないかな?と思うのです。
 通う側としても、今回は静かなメイドカフェでお茶を楽しみたいとか、次回はメイドさんのライブを観ながらオムライスを食べたいとか、複数の形態のお店があった方が選べる楽しみがありますからね。


スポンサーサイト
[ 2016/03/27 09:00 ] コラム | TB(0) | CM(0)

メイドカフェ津々浦々記 前編 本場のローカル

 秋葉原で生まれたメイドカフェ(コンセプトカフェ)は今や日本全国に広まりました。

 あるメイド喫茶愛好者曰く、
「大きなお城あるところにメイドカフェあり!」
 つまり大きなお城があるところは明治以降も発展し現在においても都会であることが多いので、メイドカフェがあるからだとか。 
 江戸城、大阪城、名古屋城、熊本城、青葉城、松山城、高松城址と、確かに今なお人気のあるお城がある市内にはメイドカフェもありましたっけ。

 それほどまでに広まった文化ですから、本場である秋葉原のお店の知名度はさぞ高い事でしょう。
「普段秋葉原のどのカフェへ行かれているのですか?」
 という質問を全国どこでもされるので、そういうメイドさんには秋葉原をご利用される方々にも有名なお店をリストアップ致します。

 ところが、元祖メイドカフェも、アットホームなメイド居酒屋も、首都圏周辺に支店のあるメイドカフェも、地方のメイドカフェに勤められるメイドさんはほぼ御存じありませんでした。
 例外として愛媛県松山市のメイドさんがこれらを御存知で、でんぱ組.incさんのファンであるこのメイドさんは、秋葉原へ行ったらメンバーが紹介されていた橙幻郷へ行きたいと仰っていましたが、それ以外のお店ではまったく知らないとの事。
 ラブライブやシュタインズゲートファンである多くのメイドさんも、舞台が秋葉原である事自体を御存じないようでした。

 唯一、北は岩手から南は台湾まで、どのメイドさんも御存じだったのが@ほぉ~むカフェさん。
 中には実際に行かれた方もいらっしゃったようです。
 
 当店が聖地だと思って更新してきた秋葉原のレポートは、実は秋葉原という地方限定のニュースだったのかもしれませんね。


[ 2016/03/20 09:00 ] コラム | TB(0) | CM(0)

すべての行動規範はお客様に優先する

 2020年の東京オリンピックが決定しました。
 7年後には、海外から多くのお客様が日本へお越しくださることでしょう。
 その中の何割かは秋葉原にも立ち寄ってくれるはずなので、観光分野もさぞ賑わう事でしょう。

 遅ればせながら私も海外旅行を体験する機会を得たことで、旅行のガイドブックを目にする事が増えました。
 これから行く国だけでなく、行く予定の無い国でもガイドブックや歴史の本を読むのは面白く、大変勉強になります。

 旅行をする事を想定して読んでみると、物価や気候と同じ位「治安」が大切なことに気が付きます。
 一人で街を歩けたり女性だけで旅が出来るほど治安が良い国は、それだけ多くの外国人旅行者が遊びに来るので、観光地として賑わっているようです。危険な観光地など誰も行きたくありませんからね。

 さて、その治安を形成している要素として重要なポイントのひとつ、
「ボッタクリがいるか? いないか?」 
 というものがございます。

 観光客をカモにする「ボッタクリ」の例を挙げると、

・遠い所に連れて行き相場の数倍の料金をふっかけるタクシー。
・相場よりはるかに高い値段で物を売りつける商店。
・高い商品を買わせたり、ボッタクリバーへと誘う客引き行為。


 等が定番のようです。
 秋葉原に関して言えば、最後のパターンのみとなるでしょうか。
 治安の良い国ほどこれらが少なく、商品に値札をつけるように指導したり客引き行為を禁止しているようです。私が実際に出かけた台北は客引き行為が禁止されている国だったので、メイドカフェにもお土産屋さんも客引きがおらず、安心して買い物ができました。
(それでもタクシーは客引きがあるらしく、見かけても利用しないようにガイドブックに書かれています)

 少々前置きが長くなってしまいましたので、そろそろ本題に入りましょう。



 秋葉原に来られる客さんの中には、秋葉原に慣れていない方や、そもそも日本語にも慣れていない海外のお客様が増えております。
 こういう秋葉原初心者の皆さんにとって、今や秋葉原でどこでも見かける客引き行為(ハガキやチラシを配りながら客引きをする行為を含みます)がどのように映るのでしょう?

 私自身は先日経験したケースのように、あらかじめどのようなお店かわかっていて、そのサービスを利用するための予算などを前もって調べ、後学のためにお店に行ってみました。ですが、それは秋葉原に慣れている人間だからできる事で、ガイドブック片手に来られる秋葉原初心者のお客さんにそれを求めるのはいささかハードルが高いかなと感じるのです。

 不慣れな方を相手にした観光ガイドブックに、
「秋葉原では客引きが多いが、良い客引きと悪い客引きがいるので良い客引きを積極的に利用すれば良い」
 なんてアバウトな事は書けませんので、客引きの是非を決めないと今後もお客さんの不愉快だった体験談が増えることになります。

「客引きに誘われて数十万円のイラストを買わされた」
「客引きに誘われてカフェに行ったら、座ってから席料の話をされた」

 お客さんにこのような思いを抱かせてしまうと、ご本人はもちろん家族やお友達にもその感想が拡散され、秋葉原全体の損失は大きなものとなるでしょう。

 客引きを全面的に禁止するのであれば、それに派生するハガキ配りやチラシ配り、客引きの口実にされない為にもティッシュ配り等も禁止にする必要があります。しかしここまで徹底して規制し、最終的には道路は道を利用する方だけの空間にできれば、客引き被害は激減することでしょう。
 
 これを実現するためには、新しい規制や法律を作るために秋葉原、千代田区、それとも東京都、ひょっとしたらそれより大きな規模で考えなければいけない事があります。
 それは観光都市秋葉原として、特にソフト部門でのグランドデザイン。簡単に言えば、
「今後、秋葉原がどのような場所として発展して欲しいですか?」
 という質問に対する答えです。いわゆる街としての哲学ですね。

 仮に観光を大切にしたいというのであれば少なくとも今後の方針は決まります。
「すべての行動規範はお客様(≒秋葉原および日本の初心者)に優先する」
 英語や中国語の看板を作るのも、客引きを禁止するのもグランドデザインに適っています。
 決まりを作る為の基準も作りやすくなるでしょう。
 お店側の都合もあるだろうけど、お客さんの利益を優先しよう!で統一できるからです。

 逆に客引きの賛否に関わらず、方針が無いまま再開発が進んでいくのは、果たして幸せなのかなと感じます。
 


 ……なんて、当店に相応しくない真面目な事を思ったきっかけは、秋葉原をパトロールされている警察官の皆さんです。

 チラシ配りや客引きをしているお店のスタッフを注意されて公務を果たされておられるのを見て、敬意を表すると共に、
「誰を注意すべきか、判断するのが大変なのでは?」
 と思ったのが発端となっております。

 正直なところ、このチラシ配りは許可を取っているか取っていないか、違法かそうでないかなんて、パッと見確実に判断することはできないのではないでしょうかね。警察官の方々でも見分けるのは大変でしょうし、観光客に至ってはほとんど不可能でしょう?
 しかもコンセンプトカフェやバーをはじめとして、チラシ配りは年々増えてきているのです。

 これを警察官の方に来ていただき、
「合法違法のチラシ配りや客引きが沢山いる中で、違法な連中だけ止めさせて欲しい」
 なんてお願いしたところで、これは大変な労力が必要ですよ。
 
 それならば予め、
「表に出ている人はみんなアウト」
 というルールを作っておいた方が、パトロールする側も楽かなと思いまして。

 少なくとも現在の、
「問題があった、だから規制しよう」
 を繰り返すだけというのは、『臨機応変』というより『出たとこ勝負』『行き当たりばったり』な印象がありますからね。


 今回は過激な意見となりましたので、いただけるご感想は賛否両論となりますでしょう。
 この案を採用することで新しい問題も出てくると思いますので、ご感想などがございましたらご意見を送ってくだされば、賛否両論をできるだけそのまま、匿名でご紹介したいと存じます。
(掲載を希望されない場合にはその旨お書きください)


[ 2013/09/22 22:48 ] コラム | TB(0) | CM(0)

Noise Disaster


 ただでさえ絵画売りやメイドカフェのチラシ配りでごった返す秋葉原の路地に、新しい勢力が加わりました。
 アイドルを名乗る人々が路上で呼びかけをしたり、街中を練り歩きながらアピールをしており、騒々しいことこの上ありません。
 そろそろこのような無差別PRは止めて欲しいところですが……。

「でも、客引きやチラシ配りは秋葉原の風物詩じゃないの?」

 とんでもございません。
 客引きやチラシ配りが秋葉原の風物詩だった時代など、そもそも存在しておりません。
 たかだかここ数年のメイドカフェブームで大量発生した所だけを切り取って、勝手に風物詩にしてはいけません。
 
 電器やPCパーツのお店が多く並んでいた秋葉原で、チラシ配りはともかく客引きで溢れているなんて事があるはず無いでしょう。
 チラシ配りこそいたにはいましたが、15年前のPCショップでチラシを多く配っていたのはオウム真理教が経営していたと言われていた「グレイスフル」「トライサル」「PCバンク」の三店舗くらいで、騒音クラスの呼び込みも同じ面子で行われていました。
 秋葉原を利用するお客様にとって、客引きやチラシ配りの類は昔から「胡散臭くて迷惑な存在」であったのです。
(20年~30年前の事は存じませんので、もし当時からいたと言う方がおられれば是非ともお伺いしたいですね)
 
 アイドルの街中練り歩きPRのどこが迷惑かと言うと、誰も望んでいない情報を無理やり押し付ける行為だからです。
 件のアイドルのイベントに用事がある人も、用事が無い人も、聞かなければならないからです。
 お店の前でのアピールならともかく、まったく関係の無いPCパーツを探しているお客様にまで聞かせる権利がどこにありましょうか?

「賑やかな街」と「喧しい街」の区別もつかず、上から目線の善意をおしつける方々が先進国の観光地を自称するなど、おこがましいにも程がございます。
 

[ 2012/12/08 15:20 ] コラム | TB(0) | CM(0)

メイドカフェは誰の為のもの?

 本日、開店初日となったキャンディフルーツに出かけた時の事です。

 元々の系列店が人気のあるお店だけに、店内の賑わいは大変なものでした。
 そして、店外ではカメラを持ったメディアの方が多々おられました。
 その中で、節度を守らない方が1人おられました。

 この方は店内を撮影し続け、店員さんだけでなく店内で食事中のお客様をも勝手に撮影していました。
 自分が撮影されていることに気づき、席の変更をお願いされてるお客様もいらっしゃいましたが、そんな事もお構い無しに撮影は黙々と続けられてました。
 実際にネットでは、モザイク付とはいえお客様が写っている画像がすでに出回っております。
 撮影されて困られている方が写っているか否かはわかりませんが。

 いったい、こういう「メディア」が増えてきたのはいつの頃からなのでしょう?
 数年前位の、アキバ系雑誌やTVの取材がメインだった時代には、こんな非礼なお話はありませんでした。

 私も何度か店内で取材に遭遇したことはありますが、
「ただいまより撮影を行います。ここからここまで撮影しますから、写って困る方は移動をお願いします」
 みたいな注意は必ず受けていました。
 具体例を挙げれば、すでに閉店してしまっている「unattico-strega」さんあたりです。

 実際に秋葉原で私が所属していたお店にも雑誌会社やTV局が取材に来たことがあります。
 でも、この方達も撮影前には一声かけておられました。
 
『片っ端から撮影して、とにかく使えそうな画像(素材)を作って、後は顔にモザイクかければ公開しても良いだろう』

 こんな乱暴なやり方は、少なくとも数年前にはほとんど見かけなかったものです。
 
 おそらく、このメディアさんには悪気と言うものが無いのでしょう。
 モザイク処理をすれば許可無く公開しても法的に問題ないのかもしれません。
 もしかすると、自分の行っていることに社会的な意義を見出してるのかもしれません。

 私はこれを「レポーター病」と定義しています。

 取材をするという公共的名誉を満たす為に、お店からもらった取材許可を濫用してしまう。
 誰かに頼まれたわけでもなく勝手に自分が始めたことなのに、気が付いたら多くの人に紹介すると言う使命を自分で背負ってしまう。
 
 しかしながら、そもそもメイドカフェはご利用されるお客様の為にあるはずです。
 撮影されて気分を害される方がおられたのであれば、それに気が付いて対処する必要はあるでしょう。
 カフェ側から許可を得ていても、お客様からは許可を得てないのです。
 気分を害されたお客様がもう来たくないと思ったら、これはもうお店にとってはマイナスしか無いのですから。
(これはお店にも責任があって、事前に撮影してはいけない対象を調整しておかねばならない事です。)

 改善法は思った以上に簡単で、

・撮影前には一言声をかけ、断られた場合には席を移動してもらうなどの対処をする。

 たったこれだけで問題は解決するはずです。

 コスプレイベントに来ているコスプレイヤーさんだって、サイト掲載に許可が必要な事が多いです。
 その際にカメラマンにHPのURLが記入されている名刺をもらう事が多いのは、自分の写真が無尽蔵に公開されるのを嫌うからでしょう。
 それとも顔にモザイク処理をすれば、コスプレイヤーさんの画像も勝手に公開して良い物なのでしょうか。
 撮影される事を前提の方々がそうなのですから、普段の、しかも食事中の自分を撮影してもらって嬉しい人、というのは世の中にあまりいないと思うのですが、皆さんはどう思われますか?


[ 2012/09/01 21:01 ] コラム | TB(0) | CM(0)