嵯峨谷 秋葉原店 1回目

r2017072201.jpg

 昨年からオープンしていたものの、立ち寄る機会に恵まれなかった嵯峨谷さんへお邪魔致しました。
 
r2017072202.jpg
そば2枚盛り + かき揚げ(520円 + 110円)

 石臼が回っている店内で食べられるのは、十割蕎麦。

 二八蕎麦と比べ喉ごしは楽しめない反面、噛めば噛むほどそばの味を感じられるのが十割蕎麦の魅力。
 蕎麦好きな当店としては、二八に負けないくらい好きな楽しみ方です。

r2017072203.jpg

 こちらがかき揚げ。
 温かい揚げたてが提供されます。

 レンコンや枝豆などが入っており、サックリホクホクです。
 正直、110円とは思えないクオリティ。
 
 チェーン店と言う事もあり、全体的な価格帯も控えめ。
 江戸前蕎麦にこだわらなければ、是非蕎麦好きさんに試して頂きたいお店です。


【蕎麦 冷麦 嵯峨谷 秋葉原店】
 住所:東京都千代田区外神田3-10-7 ランドプール秋葉原 1F


スポンサーサイト
[ 2017/07/22 14:09 ] 一般のお店 | TB(0) | CM(0)

ブラウンシュガー 1回目

r2017071602.jpg

 昨日の秋葉原は猛暑も猛暑。
 TSUKUMO eX.のつくもたんも暑さにやられておられる様子。

 秋葉原を覆ううだるような熱気から逃げるように、本日はBarのブラウンシュガーさんにお邪魔致しました。

r2017071601.jpg

 なお、今回の写真はこれだけでございます。

 情報としては、ドリンク1杯500円からで、食事もほとんどが500円から楽しめる様子。
 おまかせパスタを注文した所、予め申告した苦手な食材を使わないようなパスタをその場で作って頂きました。
 きのこ、ベーコン、ブロッコリーのパスタで、500円とは思えないクオリティです。

 ・・・・・・ええっとですね、店員さんやお客さんとのお話が面白くて、写真を撮るのを忘れておりまして。
 それだけ寛げる良いお店でしたよ!って言う事で、本日はご容赦いただければ幸いです。

 こういうお店が近くにあるアキバ在住の方が羨ましいですね。

【ブラウンシュガー】
 住所:東京都千代田区外神田5-2-14


[ 2017/07/16 08:45 ] 一般のお店 | TB(0) | CM(2)

BLAISE 34回目

r2017070801.jpg

 先日、地上波での放送が予定されていた映画バトルシップ。
 残念ながら直前に発生した軍艦の事故の為、放送が中止に。
 そこで今日はバトルシップの復活放送を願い、チキンブリトーを食べにやって参りました。

 この日もブレイズさんは開店直後からお客様が訪れ、あっという間に満員です。

r2017070802.jpg
チキンブリトー & フライドポテト with チリビーンズ(900円)

 チキンブリトーはバーベキュー味。
 ライスも入っており、タコスとはまた違ったボリュームが満点です。

 次はバトルシップを観ながら食べたいですね。 

【BLAISE】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区外神田3-7-9


[ 2017/07/08 19:15 ] 一般のお店 BLAISE | TB(0) | CM(0)

猫カフェNyanny東京 1回目

r2017070201.jpg

 秋葉原にある猫カフェに初挑戦ということで、本日はNyannyさんへお邪魔致しました。

r2017070202.jpg

 階段で4階まで上る途中の案内POP。
 このセゾン秋葉原というビルの4Fと5Fがネコカフェですが、お店へ向かう間に2Fのウサギカフェを通過します。
 なかなかムツゴロウ度の高いビルですね。

r2017070203.jpg

 カフェの利用料は平日1時間1000円、土日祝は1時間1200円。
 ドリンクは別途300円~から用意されてますが、利用は任意です。

 また、お手洗いは男女別、Wifiも用意され、くつろぐための設備は揃っています。

 2階層にわたる店内は、大きく分けて3エリア。
 4Fは受付とカフェスペース。
 椅子に座って楽しみたい方はこちらを利用します。

r2017070204.jpg

 5Fは洋室と畳の部屋が用意され、猫たちが好き勝手に過ごしています。
 こちらは洋室のキャットタワー。
 ベッドもあるので、猫を眺めながら横になる事も出来ます。

 いわゆる猫臭さもほとんどなく、清潔感があるのもポイントです。

r2017070205.jpg

 私のお気に入りは和室エリア。
 注文したアイスコーヒーを飲んでいると、猫たちがやってきたり、階下から階段を上ってきたり、下りて行ったり。
 テーブルに上がってコーヒーに興味を示したり、紙ナプキンを噛もうとするのを制したり。

 はあぁぁぁ。

 良いですねえ、猫。

 犬派の私でも、自分勝手に生きている猫を見ているだけでなんとも癒されます。
 おやつ(100円~)を買うとみんなやってくるので、モテモテになりたい方も安心ですし。

 猫を飼いたいけど飼えないなー、なんていう方。
 是非とも一度猫カフェで素敵な時間をお過ごしください。


【Cat cafe nyanny】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区外神田4丁目8-3 セゾン秋葉原4F&5F




[ 2017/07/02 10:33 ] 一般のお店 | TB(0) | CM(0)

自販機食堂

r2017061001.jpg

 本日はちょっと遠くの群馬までお出かけしました。
 日本を代表する秘境の地、群馬。
 電車が通っているのは、ここ埼玉県の本庄駅まで。

r2017061002.jpg

 そこから群馬県に入るにはバスに乗らないといけません。
 埼玉と群馬を結ぶ坂東大橋(利根川)の前では、パスポートの提出が必要となります。



 ・・・・・・というのはもちろん冗談、
 もっとも今回の目的地が群馬にあり、最寄駅が本庄駅というのは本当です。

r2017061003.jpg

 本庄駅からバスに乗り八斗島南バス停で下車して徒歩8分程で、今回の目的地である自販機食堂へ到着しました。
 
r2017061004.jpg

 入ってすぐに目につくのは、レトロなフード系自販機。
 うどん、ラーメン、ハンバーガー、トースト等、私が大人になる頃にはすっかり滅びしてしまった懐かしの自動販売機です。

r2017061005.jpg

 こちらはトーストとジュースの自販機。
 ジュースは懐かしい瓶コーラなどが並んでいます。
 今はダイエットバージョンの瓶コーラなんていうのもあるのですね。

r2017061006.jpg

 バッジやキーホルダーの自動販売機もあります。
 お土産用としても良さそうです。

r2017061007.jpg

 店内は沢山のイラストが展示されています。 
 どれも可愛く、味わいのある作品ばかり。

r2017061008.jpg


r2017061009.jpg


r2017061010.jpg

 それでは早速、めくるめく自販機フードの世界を楽しみましょう。
 まずはハンバーガー。

 どれも美味しそうなメニューです。
 しばらく機械の前で悩んだ結果、ダブルチーズバーガーにしました。

r2017061011.jpg

 しばらく待っている(残りの秒数がニキシー管で表示されます)と、思いっきり元気にハンバーガーの箱が落ちてきました。

r2017061012.jpg
スライスチーズ×チェダーチーズ ダブルチーズバーガー(300円)

 出来たてのダブルチーズバーガー。
 ファストフード店のハンバーガーよりはるかにアツアツです。

 どちらかといえば、ハンバーガーショップではなく、美味しいパン屋さんのハンバーガーに近いものがあります。
 あれを温めた時のような味を想像してください。

 ちょっと見た目がシワシワですが、300円の価値は十分にありました。

r2017061013.jpg

 お次はトーストサンド。

r2017061014.jpg

 こちらもハンバーガーのように、できあがるまで待ちます。
 1回につき40秒、アナログな表示画面が良い味を出しています。

r2017061015.jpg

 トーストの調理が完了し、取り出す時にはミトンやトングを使いましょう。
 ハンバーガーとは比べ物にならない熱さです。

r2017061016.jpg
伊たりあん(250円)

 伊たりあんトーストサンド。
 程よい焦げ目がついていて、いかにもおいしそう。

r2017061017.jpg

 ちょっとお行儀が悪いですが、サンドの中身を開いてみましょう。

 中身はベーコン、バジルソース、トマトソース。
 熱々サクサクで非常に美味しいトーストサンドです。
 今回試した3品の中で、一番好みの美味しさでした。

r2017061018.jpg

 最後はレトロ自販機の定番、麺類です。
 ハンバーガーと同じく、ニキシー管の残秒表示機能が付いています。

 最近のフード自販機は冷凍食品を調理するものが多く汁気のある麺料理がありませんので、麺類の自販機は貴重なのです。

r2017061019.jpg
天ぷらうどん(330円)

 ラストの1品は、かき揚げの入った天ぷらうどんです。

 麺は細め、汁は関西風。  
 関東風のストロングな汁ではないのが特徴で、食べていくと少しずつダシの味わいが伝わって美味しくなってくるうどんでした。

 ココに来るまでフード自販機は美味しくない、という印象は改めなくてはいけないようです。
 自販機食堂さんが頑張られているからかもしれませんが、これなら近所にあっても通うと思います。

r2017061020.jpg

 同じコーラなのに、ペットボトルより瓶の方が美味しいと感じるのは何故でしょう。
 ノスタルジーを感じる分、美味しくなるのかも。

 なおここには店員さんが常駐されておられないので、来店中はほとんど私一人で過ごしていました。
 店内に設置されているレトロゲーム機のサウンドを聞きながら、昭和を思う過ごし方もまた良い物ですね。


【自販機食堂】
 住所:群馬県伊勢崎市 富塚町293−3 パレス本丸テナント1


[ 2017/06/10 12:00 ] 一般のお店 | TB(0) | CM(0)