冴塚カフェ

r2017042901.jpg

 渋谷道玄坂にて、冴塚カフェが開催されました。
 
 冴塚さんはシェアハウスCafe ENGEL等の1日限定カフェに運営メンバーの一人で、紅茶やコーヒーに精通されておられる方です。

 今回は冴塚さんが店舗を1日だけ借りてカフェを運営されると聞き、
「冴塚さんのコーヒーが飲める!」
 と、喜び勇んでお邪魔致しました。

r2017042902.jpg
コロンビア深煎り(500円 / チャージ料1000円別途)

 こちらが5杯限定だった、コロンビアの深煎り。

 コーヒーそのものはもちろん、セットで添えられたミルクが非常に濃厚で(生クリームと濃厚な牛乳のブレンドだそうです)、ブラックが好きな私もミルクを入れて飲みました。メイドカフェレポートサイトの管理人の発言として適正かどうかは別として、このコーヒー&ミルクの組み合わせに匹敵するものを出せるメイドカフェは、おそらくは存在しないと思います。

 店内は私以外にも多くのお客さんがおられ、お互い配り配られたお菓子を食べながらコーヒーや紅茶を満喫。
 初めて知りあった他のお客さんとの会話も楽しみます。

 これはメイドカフェとは違う楽しみ方ができる企画で、是非次回も開催して頂きたいなと思いました。

スポンサーサイト

Shangrila 2回目

r2016052901.jpg
まるまるマルゲリータ(1300円)

 ムチぽちゃメイドさんがおられるカフェ、シャングリラさんへお邪魔致しました。

 前回訪問した時に、
「当店はピザを焼く窯があります。これで焼かれたピザは美味しいので、ぜひ食べてくださいね。」
 というお話を頂きましたので、早速ピザを食べに来たというわけです。
 メイドさんがオススメする食べ物に関しては、シャングリラさんはなんだかとても信用できる気が致しまして。

 実際にオススメされるにふさわしい、非常に美味しいピザでした。
 生地は昔ながらのふっくら系で、ソースやチーズのバランスも上々。
 メイドカフェで食べられるピザのクオリティを、明らかに上回っています。
 
 同じ「フード類の美味しいメイドカフェ」という表現ひとつとっても、お店によって色々と個性があるものですね。


【ムチぽちゃメイドカフェ Shangrila】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区外神田3-1-15 箸勝ビル4F

Shangrila 1回目

r2016051601.jpg

 秋葉原に常設のふくよかなメイドさんがいるカフェがオープンしました。
 お店の名前はシャングリラ。
『ムチぽちゃメイドカフェ シャングリラ』というのが、正式店名となります。

 システムは入店チャージとして800円(60分)と、1時間1オーダーが必要。
 メイドさんはそれぞれ洋服のサイズごとに、むっちり、ぽっちゃり、マシュマロの3タイプ(左から小さい順)に分かれており、それぞれ可愛いデザインのメイド服が用意されています。
 TV番組で何度か見かけた、著名なムチぽちゃメイドさんもいらっしゃいますね。
 元気なメイドさんも多く、全体的に明るく楽しい雰囲気のお店のようです。
  
r2016051602.jpg
カフェラテ(600円)

 それでは早速オーダーをしましょう。
 食事の後にお邪魔したので、この日はドリンクとデザートを食べに参りました。
 メイドさんオススメと言う事で、カフェオレをオーダーします。

 コーヒー豆はBUN COFFEE。
 オーストラリア産のオーガニックコーヒーで、デザートとの相性は良かったです。

r2016051603.jpg
シャングリラパフェ(1000円)

 メイドさんにオススメされたデザート、パフェ。
 普通のメイドカフェで提供されるものより2~3回り大きい容器に盛りつけされた、かなり多めのボリュームです。
 上に乗っているお菓子だけで1品のデザートになってしまうほど。

 食べ物にこだわりのあるメイドさんが多いからか、一部のメニューには相当力を入れておられるそうです。
 次回お邪魔した時に、また開拓してみようと思います。


【ムチぽちゃメイドカフェ Shangrila】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区外神田3-1-15 箸勝ビル4F

MRE II VEGETABLE LASAGNA VEGETARIAN

 2週間前に更新したアメリカ軍用食(レーション)のレポートにつきまして、実は好評かどうかわかる前にすでに2弾目となるMREを買ってしまいました。
 果たしてどうなるかと思っていたところ、幸いにもお客様からはポジティブなご意見を頂戴致しました。
 お読みくださったお客様、誠にありがとうございました。

 それではミリメシレポートの第二弾に参ります。

r2016050301.jpg
MRE II VEGETABLE LASAGNA VEGETARIAN

 今回試食するのはMRE II VEGETABLE LASAGNA VEGETARIANなるメニュー。
 いわゆるベジタリアン(様々な定義がありますが、まずは一般的に菜食主義という意味です。)向けのミリメシです。
 多様性の国家なだけあり、菜食主義の軍人さんへのサポートもされているようです。

r2016050302.jpg

 パック内のメニューは下記の通り。

・野菜のラザニア
・クラッカー(with ピーナッツクリーム)
・オートミールのクッキー
・ミックスフルーツ
・チェリーのソフトキャンディ


 メニューを見る限り、確かに動物性の素材は感じられません。

r2016050303.jpg

 今回は付属のヒーターパックでラザニアを温めてみました。
 水を少し加えると発熱するので、ラザニアを巻いてしばらく待ちます。
 暖かい料理が食べられるという事は、それだけで身体と心の健康を保つ要素になるそうです。

r2016050304.jpg
MRE II VEGETABLE LASAGNA VEGETARIAN

 こちらが温まったベジタブルラザニア。
 そもそも袋のまま食べるものなので、盛り付け方はご容赦ください。

 ラザニアといえばチーズをかけたものをイメージますが、これはそうではないようです。
 主な材料は、トマト、キドニービーンズ、スパイスなど。
 肉の入っていないチリコンカンに、マカロニを混ぜたものをイメージされると良いでしょう。 
 普段からチリコンカンを食べなれている私は、意外と美味しくいただけました。

r2016050305.jpg
クラッカー with ピーナッツクリーム

 主食としてのクラッカー。
 クラッカーのお供として、ピーナッツクリームが付属しています。
 ラザニアと同じく、動物性食物は含まれていないのでしょう。

 ピーナッツクリームに甘味がほとんどないのに驚き。
 さらに一口食べるたびに急激に口の中の水分を持っていかれる事に驚きます。

r2016050306.jpg
オートミールクッキー

 オートミールクッキー、これも主食なのでしょうか。
 甘いものが続くので、どれをデザートとするのか迷います。

 味は海外輸入菓子を扱うお店によくあるオーガニッククッキーのような味です。 
 ちょっと濃いめで、1枚食べればお腹がいっぱいになるボリュームの。

r2016050307.jpg
ミックスフルーツ

 これ、一度火が通っているものなのでしょうか。
 ちょっとトロトロのシロップが特徴のミックスフルーツです。
 スーパーで売っているフルーツ缶のシロップがお好きな方なら、美味しくいただけると思います。 

r2016050308.jpg
ソフトキャンディ(チェリー味)

 ええっと、これについてはですね、1個食べてちょっとまずいなと思ってそれっきりやめました。
 賞味期限が3年過ぎているのか、3年前に製造されたかのどちらかでして・・・・・・。

 MREのメニューは5年10年経っても食べられるものが多く、市販品の場合はそうではないようです。

r2016050309.jpg
フレンチバニラカプチーノ

 食事もしくは食後に楽しむインスタント飲料は、カプチーノでした。
 粉末の入っているお湯を入れて、シャカシャカ降るだけで作れるようになっています。

 植物性のクリームの味がしたので、これもベジタリアンメニューに対応しているのでしょう。
 前回のコーヒーより美味しかったです。
(砂糖の入っているカプチーノが好きな方にはオススメだと思います。)

 全体的に非常に良くできており、決して不味いレーションではありませんでした。
 最近は味が改善されていて、似たようなメニューを召し上がっている他の方のレポートでもおおむね好評だったようです。
 やはり、美味しいフードを食べられれば、戦場に赴く軍人さんも士気が上がるのでしょう。
 戦闘中であれば食事が唯一の楽しみ、と言う事もあるでしょうし。

 それから、今回はアメリカのレーションを食べてみましたが、これは追々日本にも必要になるような気がします。
 信条として野菜を食べる方はおられるでしょうし、そういう方が大震災などで避難所生活にあった場合に食べる物が無ければ大変です。
 同じ事を考える人は多いでしょうから、ひょっとしたら自衛隊でもすでにベジタリアンメニューを開発しているかもしれませんね。

 余談としまして。
 MREのベジタリアンメニューは健康志向で菜食主義の生活を送られている方向けのメニューだそうです、
 全宗教の戒律を守って作られたわけではないそうなのでご注意ください。


男の娘カフェ&バー NEWTYPE 1回目

r2016020501.jpg

 何度も何度も前を通りながら入る事の無かったお店、NEW TYPEさん。
 その理由は『男の娘』という謎の単語です。

 女装男子でもなく、ニューハーフや同性愛とも違うこのフレーズ。
 この日は丁度時間に余裕があったので、挑戦してみる事にしました。

 夜も遅いというのに空席がほとんどない(1人席も詰めて空けてもらいました)、賑やかな店内。
 お客さんはグループでの飲み会から、男性や女性の1人客まで様々です。

 店員さんは女装です。
 心の部分が男性なのか女性なのかはわかりませんでした。
 
r2016020502.jpg
初来店セット 3000円
(チャージ&オムライス&チェキ&ドリンク1時間飲み放題)

 初めて来店するお客さん用のセットメニューを頼みました。
 制限時間付の飲み放題やチェキがセットになっています。
 
 店員の皆さんは綺麗な方ばかりと言うのはもちろん、気遣い心遣いが素晴らしかったです。
 初の来店で一人客である私をちょいちょい気にかけてくださり、ドリンクのおかわりやフードについてのコメントを頂きました。

 接客の基本であって非常に難しいこの気遣い、
「あ、自分はここのお店の方に大切にされているな。」
 という点がクリアしている以上、『男の娘』の定義などあっても無くても良いお店であるという気がしました。


【男の娘カフェ&バー NEWTYPE 】
 NEWTYPE
 住所:東京都千代田区外神田3-7-12 イサミヤ第8ビル 3F