ミアカフェ 1回目

r2018021901.jpg

 今月上旬、ミアカフェの公式ツイッターが発言したツイートがニュースになりました。
 内容はともかく、良くも悪くもこれもご縁。
 メイドカフェレポートが現サイトで更新されてから、初めて立ち寄りました。
(旧サイトでは2004年5月から2008年10月までの間に何度か通っていたようです。)

r2018021902.jpg

 あの頃から店舗の場所とシステムが変更しています。
 店舗は須田町へ、また東日本大震災以降は放射能対策として、ベクレルフリー食材をできるだけ利用する為に90分で500円のチャージ料が発生するようになりました。

 チャージ料がかかるとはいえ、実際はテーブルチャージが無料になるキャンペーンや、テーブルチャージ込みでお得なメニューなどもあり、割高感はありません。チャージ料が安くなるサービスを利用すること前提にすれば、主だった老舗店に比べるとチェキの金額も抑えめです。

 空いていた時間帯と言う事もあって、メイドさんの対応も良く、感じの良い接客をしていただきました。
 以上の点だけをもって紹介すれば、老舗にも新興店にも負けない優良店だと思います。

r2018021903.jpg
おえかきオムライス(1300円 / 値段は公式サイトより)

 そんな良い印象が吹き飛んでしまったのがこのオムライス。
 贔屓目に見ても、温めて提供するだけのレトルトだと思われます。
 普通のメイドカフェなら、これでも問題ないんです。

r2018021904.jpg

 ところがこのお店に入ろうとする前に見た、店頭のメニューにはこう書かれています。

 メイドが目の前で卵をかけて、ラクガキしてくれます。

 実は、今回ミアカフェを利用するきっかけになったのがこの店頭メニューだったんです。
 半熟卵を割るタイプのオムライスは美味しいですからね。
 それがいかにもレンチン(湯煎)したようなものが出てきたのが非常に残念でした。

 店頭メニューは新規顧客を増やす為の情報でもありますので、これが古いままだとお店の信頼を失うのではないでしょうか。
 


【ミアカフェ東京店】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区神田須田町2-19-36 THビル1F


スポンサーサイト

アフィリア・クロニクルS 1回目

r2017112601.jpg

 仮にもメイドカフェレポートサイトなのですから、たまには新店の開拓もしないといけません。
 というわけで、ここ数年で大成長を遂げられている王立アフィリア魔法学院の系列店、アフィリア・クロニクルS(秋葉原)にやって参りました。  

r2017112602.jpg

 アフィリアさんのストーリーは、
「魔法使いの学校で学ぶ後輩に、卒業生であるお客さん(先輩)が会いに行く。」
 というもの。

 当店にも魔法使いがいますので、お店のコンセプトとの相性は良いのでしょうか。
 実際はそれほど世界観を前面に出さず、お客さん(先輩)と店員さん(後輩)が楽しくコミュニケーションを取られている様子。

r2017112603.jpg
ドラゴンパンケーキ(初回のみのセット料金 2500円)

 初来店のみ注文できる、デザートセットをオーダーしました。
 
・1時間分のチャージ料(700円)
・ドリンク
・デザート
・魔法写真(デジカメ撮影)


 これらすべてが入って、2500円で楽しめます。

 このドラゴンパンケーキをはじめ、フードもデザートもおいしそうな物ばかり。
 また、店員さんの教育も行き届いていて、非常にレベルが高めです。

 日頃周囲でよくこのお店の名前を聞くようになった理由が、今回の訪問でわかりました。


【アフィリア・クロニクルS】
 総合公式サイト
 住所:東京都千代田区外神田4-4-3 秋葉原SILビル8F

sugoi kawaii 1回目

r2017071501.jpg

 秋葉原のラジオ会館にamiamiさんがオープンした秋葉原。

r2017071502.jpg

 今日は先月オープンしたばかりの外国人メイドカフェのお店『sugoi kawaii』にお邪魔致しました。

 お店のシステムは1時間毎のチャージと別途オーダー制。
 飲み放題のメニューを注文すればチャージ料はかかりません。
 ノンアルコールの飲み放題は1時間1400円で、別途サービス料と税金で20%加算されるので、飲み放題系メイドカフェの相場としては標準クラスです。

 店内にメイドさんは3人。
 そのうち1人は何故かメイド服ではなく、ロックフェスに出演されるようなド派手な衣装でした。
 私服か何かでしょうか、海外特有のおおらかさを感じます。

 店内は、この価格帯のガールズバー系メイドカフェと比べると少し内装が寂しい様子。
 居抜きのバーをそのまま使っているようで、あまり可愛らしくも国際的でもないのが残念です。

r2017071503.jpg
オムライス(1200円 税&サービス料として別途20%)

 メイドカフェに来たのですから、食事はやはりオムライスでしょう。
 台湾出身のメイドさんが作られた台湾風オムライスは、粉チーズ入りでクリーミー。
 チキンライスの段階で味見を頼まれる事なんて、今までのメイドカフェ訪問で初めての事です。

 メイドさんの「お客さんを楽しませよう!」というオーラは、昨今のメイドカフェではなかなか無い物を感じました。

【sugoi kawaii】
 公式サイト
 住所:東京都東京都千代田区外神田4-6-10 ワンサードレジデンス8階


HONEY & BAKE 1回目

r2017070901.jpg

 5月にオープンしたメイドカフェ&バー、ハニー&ベイクさんへお邪魔致しました。

r2017070902.jpg

 コーヒーハウスのようなオシャレな店内はカウンター数席をベースに、テーブル席とソファー席が用意されています。
 お店のシステムはソフトドリンク飲み放題で、30分1000円から。
 システム的にのんびり過ごすのではなく、カウンターでメイドさんとお話を楽しむお店のようです。

 この日は店内もまったりとした雰囲気で、滞在中はメイドさんとのんびり歓談致しました。

 飲み放題のドリンクはコーヒーも紅茶もキチンとしています。
 アイスカフェオレが無いのが少々残念ですが、それでもこの手のタイプとしてはレベルの高いものだと思いました。
 他所のお店だと紙パックの紅茶をコップに入れて出す所を、こちらはきちんとティーバックで入れて作っておられたので。

r2017070903.jpg
ダブルティラミス(1200円)

 60分以上のコースを利用すると、オムライスやパンケーキなど、お店自慢の特別メニューがオーダーできます。
 コースに制約がある理由は、注文を受けてから作るお料理なので30分のコースでは時間が足りないからだとか。

 このパンケーキも注文してから20分近くかかり、出来たてを食べさせてくださいました。
 自慢のメニューだけあって、甘みと苦味(ビター感の方が強めです)のバランスも良く、メイドカフェというジャンルの中ではトップクラスの美味しさです。

【HONEY & BAKE】
 公式サイト
 住所:東京都東京都千代田区外神田3-1-3 秋葉原パークビル6F


冴塚カフェ

r2017042901.jpg

 渋谷道玄坂にて、冴塚カフェが開催されました。
 
 冴塚さんはシェアハウスCafe ENGEL等の1日限定カフェに運営メンバーの一人で、紅茶やコーヒーに精通されておられる方です。

 今回は冴塚さんが店舗を1日だけ借りてカフェを運営されると聞き、
「冴塚さんのコーヒーが飲める!」
 と、喜び勇んでお邪魔致しました。

r2017042902.jpg
コロンビア深煎り(500円 / チャージ料1000円別途)

 こちらが5杯限定だった、コロンビアの深煎り。

 コーヒーそのものはもちろん、セットで添えられたミルクが非常に濃厚で(生クリームと濃厚な牛乳のブレンドだそうです)、ブラックが好きな私もミルクを入れて飲みました。メイドカフェレポートサイトの管理人の発言として適正かどうかは別として、このコーヒー&ミルクの組み合わせに匹敵するものを出せるメイドカフェは、おそらくは存在しないと思います。

 店内は私以外にも多くのお客さんがおられ、お互い配り配られたお菓子を食べながらコーヒーや紅茶を満喫。
 初めて知りあった他のお客さんとの会話も楽しみます。

 これはメイドカフェとは違う楽しみ方ができる企画で、是非次回も開催して頂きたいなと思いました。