Shangrila 3回目

r2018051901.jpg

 今月の土曜日はロイヤルオムランブルというオムライスレポート集中更新企画を実施中。 
 最後となる4軒目はぽっちゃりなメイドさんがおられるカフェ、シャングリラさんへお邪魔致しました。

 最後にお邪魔したのは2年前だったのですが、その時のメイドさんがおられ、しかも私の事を覚えておいてくださいました。
 いやはや、すばらしい記憶力をお持ちです。

r2018051902.jpg
オムライス(1200円 チャージ料別途800円)

 ふくよかなメイドさんが多数在籍されるお店なだけに、フード類のレベルはオープン当初からトップレベル。 
 今回オーダーしたオムライスも非常においしかったです。
 メニューによっては、メイドさんとシェアすることもできるそうです。
 お気に入りのメイドさんにご馳走してあげることもできるとか。
 
 ケチャップお絵かきの題材は『タヌキ』
 なかなかの画伯ぶりを披露していただきました。

 お店のシステムは、チャージ料として1時間800円。
 コンセプトカフェとしてはやや高めで、最近主流のガールズバー形式の相場に近いものです。
 とはいえ、シャングリラさんに関しては価格に見合ったサービスを提供してくださるので、割高感はありません。
 むしろチャージ料のかかるお店の中ではもっともお得なお店という印象です。

 メイドのみなさんが明るく、話しているのが楽しいからなのかもしれませんね。


【ムチぽちゃメイドカフェ Shangrila】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区外神田3-1-15 箸勝ビル4F

スポンサーサイト

アキバ絶対領域 1回目

r2018051201.jpg

 今月、土曜日は『ロイヤルオムランブル』と称して、オムライスの新規開拓を行っています。
 3軒目となるお店は外神田3丁目、いわゆる明神通りに面した場所にある、アキバ絶対領域さん。

r2018051202.jpg

 公式サイトによると、このお店はNo1に可愛いお店だとか。
 店内は色調が統一されて、確かに内装の可愛いお店です。

 座席はカウンターが6人前後、テーブルは4~5卓程度。
 コンセプトカフェにしてはコンパクトな作りになっているものの、チェキ撮影用のスペースが確保されているのは

 今回オーダーしたのは、初来店のお客さんにおすすめのフードセット。
 ドリンク、フード、チェキが付いて2800円のセットです。
 チャージ料を含めると3400円で、一般的なエンターテイメント系コンセプトカフェの相場としては標準的な料金設定です。

r2018051203.jpg

 ネコの世界観を持つお店だからか、カプチーノのイラストをおまかせでお願いしたら可愛い猫を描いてくださいました。

r2018051204.jpg
MoeMoeフードコンボ(2800円 チャージ料別途600円)

 フードはビーフシチューがかけられたオムライスをチョイス。
 イラストは資料を見ない状態で、タヌキを描いてもらっています。

 肝心のオムライスは、おそらくレトルトです。
 フード類のおいしいお店が増えた中、この価格帯でレトルトは珍しいと思います。

 それから店舗の立地の関係からか、お客様の出入りが激しく、まったく落ち着けません。
 また『お客様が来たら全員で挨拶と対応をする』というルールが徹底されすぎていたため、オムライスでのお絵かき中でもチェキのお絵かき中でも作業が中断され、メイドさんがいなくなってしまう場面が多々ありました。

 チャージ料が発生するお店でコミュニケーションが全くとれないという接客レベルであれば、引き続き通う為には『推しメイドさんがいる』等の強い付加価値が欲しいところです。


【アキバ絶対領域】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区外神田3-1-1 大林ビル1F


アフィリア・クロニクルS 2回目

 本日を含めて4週の間、オムライスのレポートを致します。
 当店ではこれを『ロイヤルオムランブル』と称して、一時期何度か開催されていました。
 大体のお店のオムライスを食べてしまったので、2013年から2015年まで開催された後はお休みしておりました。
(気になる方は検索にてお楽しみください)

 それが、オムライス好きなキャラクターが5月に登場することを記念して、特別復活!
 3年ぶりのオムライス食べ歩きレポートでございます。

 まずは、1軒目。
 コンカフェ業界の雄であるアフィリアグループの秋葉原店、アフィリア・クロニクルSさんです。

r2018042801.jpg
オム・ド・シュリンプ(1200円 チャージ料別)

 メニュー名に『シュリンプ(エビ)』とあるように、ご飯はチキンライスではなく、エビピラフ。
 エビピラフをふわふわ卵で包み、デミグラスソースをかけているオムライスでした。
 雰囲気からして、オシャレですね。

 ピラフは単体の味がチキンライスより抑え目ということもあって、こちらの方が好きな方もおられそうです。
 
 それにしても1軒目からしてこのように高いレベルですと、次に続くお店のハードルが高くなりそうです。
 もうお湯やレンジで温めるだけのオムライスは、メイドカフェでも通用しなくなっているかもしれません。


【アフィリア・クロニクルS】
 総合公式サイト
 住所:東京都千代田区外神田4-4-3 秋葉原SILビル8F

ミアカフェ 1回目

r2018021901.jpg

 今月上旬、ミアカフェの公式ツイッターが発言したツイートがニュースになりました。
 内容はともかく、良くも悪くもこれもご縁。
 メイドカフェレポートが現サイトで更新されてから、初めて立ち寄りました。
(旧サイトでは2004年5月から2008年10月までの間に何度か通っていたようです。)

r2018021902.jpg

 あの頃から店舗の場所とシステムが変更しています。
 店舗は須田町へ、また東日本大震災以降は放射能対策として、ベクレルフリー食材をできるだけ利用する為に90分で500円のチャージ料が発生するようになりました。

 チャージ料がかかるとはいえ、実際はテーブルチャージが無料になるキャンペーンや、テーブルチャージ込みでお得なメニューなどもあり、割高感はありません。チャージ料が安くなるサービスを利用すること前提にすれば、主だった老舗店に比べるとチェキの金額も抑えめです。

 空いていた時間帯と言う事もあって、メイドさんの対応も良く、感じの良い接客をしていただきました。
 以上の点だけをもって紹介すれば、老舗にも新興店にも負けない優良店だと思います。

r2018021903.jpg
おえかきオムライス(1300円 / 値段は公式サイトより)

 そんな良い印象が吹き飛んでしまったのがこのオムライス。
 贔屓目に見ても、温めて提供するだけのレトルトだと思われます。
 普通のメイドカフェなら、これでも問題ないんです。

r2018021904.jpg

 ところがこのお店に入ろうとする前に見た、店頭のメニューにはこう書かれています。

 メイドが目の前で卵をかけて、ラクガキしてくれます。

 実は、今回ミアカフェを利用するきっかけになったのがこの店頭メニューだったんです。
 半熟卵を割るタイプのオムライスは美味しいですからね。
 それがいかにもレンチン(湯煎)したようなものが出てきたのが非常に残念でした。

 店頭メニューは新規顧客を増やす為の情報でもありますので、これが古いままだとお店の信頼を失うのではないでしょうか。
 


【ミアカフェ東京店】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区神田須田町2-19-36 THビル1F


アフィリア・クロニクルS 1回目

r2017112601.jpg

 仮にもメイドカフェレポートサイトなのですから、たまには新店の開拓もしないといけません。
 というわけで、ここ数年で大成長を遂げられている王立アフィリア魔法学院の系列店、アフィリア・クロニクルS(秋葉原)にやって参りました。  

r2017112602.jpg

 アフィリアさんのストーリーは、
「魔法使いの学校で学ぶ後輩に、卒業生であるお客さん(先輩)が会いに行く。」
 というもの。

 当店にも魔法使いがいますので、お店のコンセプトとの相性は良いのでしょうか。
 実際はそれほど世界観を前面に出さず、お客さん(先輩)と店員さん(後輩)が楽しくコミュニケーションを取られている様子。

r2017112603.jpg
ドラゴンパンケーキ(初回のみのセット料金 2500円)

 初来店のみ注文できる、デザートセットをオーダーしました。
 
・1時間分のチャージ料(700円)
・ドリンク
・デザート
・魔法写真(デジカメ撮影)


 これらすべてが入って、2500円で楽しめます。

 このドラゴンパンケーキをはじめ、フードもデザートもおいしそうな物ばかり。
 また、店員さんの教育も行き届いていて、非常にレベルが高めです。

 日頃周囲でよくこのお店の名前を聞くようになった理由が、今回の訪問でわかりました。


【アフィリア・クロニクルS】
 総合公式サイト
 住所:東京都千代田区外神田4-4-3 秋葉原SILビル8F