RM burger & break 8回目

r2016011801.jpg

 新春の2016年初ハンバーガーを、RMさんで迎える事にしました。
 ビルの老朽化により撤退が決まったそうなので、今後はできるだけお邪魔して、色々なメニューを楽しみたいと思います。

r2016011802.jpg
新春申ンバーガー(972円)

 この日の限定メニューは、新春の申年にちなんだもの。
 といえ実際のお猿さんのお肉などは入っておらず、申は申でもサルサソースを使ったメニュー。
 スパイシーな味わいのハンバーガーでした。

 最近は大手ファーストフード店でも軒並み値上がりが続いているので、同じ価格で頑張られているRMさんが割安に感じられますね。


【RM burger&break akiba style】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区外神田3-10-12 日加石油ビル 2F


スポンサーサイト

RM burger & break 7回目

 ここ数日で急に気候が涼しくなっておりますが、このレポート時はコミケ開催中のもの。
 猛暑真っ只中として、お読みいただければ幸いです。

r2015082901.jpg

 それを考慮して頂ければ、普通のお手拭きとは別に提供される冷凍お手拭きの素晴らしさがお分かりになられるかと思います。
 暑い中、コミケで買い物を済ませた後に立ち寄ったカフェで、カチカチに凍っているお手拭きが出てきたらどれほどテンションが上がるでしょう。

 今年の夏のサービスでMVPだと思います、コレ。

r2015082902.jpg
ダブルチーズバーガーセット ポテト増量(1550円)

 涼しい室内で食欲も出てきましたので、この日は一番ボリュームのあるダブルチーズバーガーをオーダーしました。

 大きなパティ、爽やかな酸味と甘みのピクルス、憎い演出(?)のチーズ。
 ビッグサイトで得た戦利品を眺めつつ、美味しくいただきました。


 【本日紹介した店舗のサイト】
 RM burger&break akiba style




RM burger & break 7回目

 GW中のレポートは、共通してお店の外観の写真が撮れていません。
 その理由は、どこのお店も入り口看板周辺に多くのお客さんがおられたからです。
 それだけGWの秋葉原が大混雑していたわけですので、嬉しい悲鳴とでも言うのでしょうか。

r2015050601.jpg
青森バーガー(800円)

 RMさんといえば旬の食材やテーマにこだわった限定メニューが魅力的なお店です。
 そんなこの日の限定メニューは、今回は青森をテーマにした青森バーガー。
 スライスした山芋(フライ?)を照り焼きのような甘辛ソースのパティに合わせており、サックリした山芋が良い歯ごたえを生み出しています。

 肉類と芋類の組み合わせはなかなか良いものです。
 ポテトにハンバーグ生地を巻く料理もあるくらいですから、鉄板なのかもしれません。

r2015050602.jpg
ミニデザート フルーツのパウンドケーキ(200円)

 今回は気になっていたミニデザートにも挑戦してみました。
 この日はウェイトレスさん手作りの、フルーツパウンドケーキ。
 ミックスフルーツが沈殿してしまっているのも、手作り故の御愛嬌。
 おそらくイレギュラーでしょうが、生クリームすらその場でウェイトレスさんが作っていたのもポイントです。

 パウンドケーキも生クリームも程よく甘く、食後のデザートににはピッタリでした。
 ちょっとわがままを言わせてもらうと、料金が倍になっても良いのでケーキも倍のサイズで食べたいかも。


【本日紹介した店舗のサイト】
 RM burger&break akiba style




RM burger & break 6回目

r2014113001.jpg

 店内に入ると、いたるところに可愛いイラストが展示されていました。
 RMさんは『異能バトルは日常系のなかで』 とのコラボ企画を実施中。
 キャラクターにまつわるコラボメニューが味わえるとか。

 ここのコラボメニューは作品を知らなくても楽しめる事が多いので、今回はコラボメニューにしてみましょう。

r2014113002.jpg
黒焔バーガー ~まろやか過ぎる辛さ~(900円 +300円でドリンク付)

 黒焔と書いて「ダークアンドダーク」と読むこのメニューは、名前の通り真っ黒なソースのハンバーガー。
 色付けはイカスミが使われているのでしょうか。
 味はカレーに近いスパイス風味のようです。
 辛いようなのに、辛くなく、ちょっと甘味すらある、不思議なソースでした。

 いわゆる見た目勝負のハンバーガーなのに、ちゃんと食べても美味しいというのが良いですね。

r2014113003.jpg

 ところで・・・。
 今回お邪魔して、ずっと気になっている事があります。

 ワニの肉まん。

 食べたいと思いませんか?

 私は思います!

r2014113004.jpg
ワニくまん(300円)

 注文を受けてから調理されているようで、ワニくまんは出来たてアツアツ。
 中華まんひとつ、わざわざ自分の為に個別の蒸し器で調理して持ってきてくれるなんて、これで300円はなんかちょっと申し訳なような気がします。

 では、肝心のワニ肉の味について。
 よく『あっさりとした鶏肉のよう』と例えられるワニ肉の味は、具材がいっぱい練りこまれているため実感できませんでした。
 中華まんにしたワニ肉に限定すれば、ジューシーさは豚肉、後味のさっぱり具合は鶏肉のようです。
 ゲテモノという感覚の全くない、RMさんの名物にしても良いような美味しさでした。


【本日紹介した店舗のサイト】
 RM burger&break akiba style




RM burger & break 5回目

 今月は夏休みオススメのお店のレポートを強化中でございます。
 本日は美味しいハンバーガーのお店、RM burger & breakさんへ向かいます。

r2014081101.jpg

 この日は『閃乱カグラ』というゲームのコラボイベントが実施されていました。
 名前くらいしか存じませんが、美少女キャラクターが沢山出てくるゲームのようです。
(8月17日まで開催。)

r2014081102.jpg

 閃乱カグラとのコラボイベントは複数のお店が各キャラクターを担当し、イメージに沿ったメニューが提供されるようです。
 RMさんではこのお二人のイメージメニューを担当されています。

r2014081103.jpg
大人可愛い京風バーガー
(平日ランチタイムはドリンク付で810円+税)
画像は+100円でポテトを増量してます

 可愛らしい麩に目が行ってしまいそうですが、このフードの醍醐味は『和風な味付け』でしょう。
 九条葱のスライスがかかったパティのソースは、なんと唐辛子味噌。
 辛さはほとんど無く、さっぱりして旨味もあり、「いくつでも食べられそう」というメニューの売り文句はあながち大げさでもなさそうです。

 しかも平日のランチタイムに利用すれば、この価格でドリンクが付いてきます。
 おそらくチェーン店のファーストフードショップ相手に、価格においても良い勝負ができる品質だと思います。
 味噌味のハンバーガーなんて、チェーン店にはありませんので、味についてはこちらに軍配が上がる事でしょう。

 秋葉原でハンバーガーを食べるのであれば、私はRMさんをオススメします。


【本日紹介した店舗のサイト】
 RM burger&break akiba style