FC2ブログ











Honey Honey 秋葉原店 34回目

r2018080501.jpg

 8月4日から5日まで、ベルサール秋葉原ではアキバ大好き!祭り2018夏が開催されています。
 特設ステージや各団体の出店で、会場は賑わっておりました。
 今回のコラボ作品はうまるちゃん。可愛いPOPが展示されていますね。

r2018080502.jpg
洋風チキンカツ丼(ドリンク付 1186円)

 8月4日のハニハニさん、日替わりメニューは洋風チキンカツ丼でした。
 
 チキンカツにトマトや玉ねぎ、チーズがかかっており、酸味のあるソースがかかっています。
 ソースの味としてはカルパッチョに近い感じでしょうか。
 何分私の知識が不足しておりまして、上手に説明するのが難しいです。

 肝心の味ですが、おそらく単品で食べたら非常においしいですし、ご飯のおかずにもなると思います。
 ただ丼に必要な安定感というか安心感があまりありませんでした。

 カツ丼や親子丼でいうところの汁や卵とか、ソースかつ丼のソースのようなガッツリした、
「これでご飯全部食べられる!」
 感が、洋風チキンカツ丼には足りなかったのではないかなとは思います。

店舗情報
HoneyHoney 秋葉原店
住所:東京都千代田区外神田3-7-12 イサミヤ第8ビル2F


スポンサーサイト

Honey Honey 秋葉原店 34回目

r2018072801.jpg
白くま風かき氷(599円)

 先週紹介したハニハニさんの夏メニュー。
 せっかくですので氷だけでもコンプリートしたくなり、再びお邪魔しました。

 白くま風かき氷。
 練乳、フルーツ、あんこの組み合わせです。
 あくまでも本物の白くまではないようですが、あんこが入っている時点ですでにオリジナルを超えています。

 暑い季節に最高のかき氷でした。
 夏の間にもう一回くらい食べておきたいです。


【HoneyHoney 秋葉原店】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区外神田3-7-12 イサミヤ第8ビル2F



Honey Honey 秋葉原店 33回目

r2018072201.jpg
宇治金時(599円)

 ハニハニさんでは夏のメニューを提供中。
 早速、堪能しに行って参りました。

 今回頼んだのは、宇治金時。
 抹茶たっぷりの氷にさらに氷。
 そしてあんことアイスをしっかり乗せた、豪華なかき氷です。

 不思議な話なのですが、メイドカフェって割合かき氷を提供しないお店がほとんどでして。
 私も久しぶりにメイドカフェでかき氷食べました。
 かき氷の価格もちょっとした喫茶店とそう変わらないので、なかなか良いメニューではないでしょうか。

 もう一回くらい食べたいですね~。 

【HoneyHoney 秋葉原店】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区外神田3-7-12 イサミヤ第8ビル2F



Honey Honey 秋葉原店 32回目

r2018060201.jpg
Honey オムライス(920円/ランチタイムは+ドリンクで1200円)

 5月はロイヤルオムランブルと称して、オムライスの食べ歩きを実施致しました。
 それではここで、現王者でもあるハニハニさんのオムライスを紹介しましょう。

 こちらのオムライスはふわとろ卵タイプで、価格は920円。
 ランチタイムだとドリンクが付いて1200円です。
 ランチタイムにはチャージ料がかかりませんので、1200円でオムライスもドリンクも楽しめます。

 オムライスに関しては関しては『ご飯の美味しいハニハニ』を表すメニューではないかなと思います。
 描かれているタヌキ(?)も非常に愛嬌があって好感が持てます。

 コンカフェの感覚を鈍らせないためにも、たまにここでオムライスを食べるべきですね。

【HoneyHoney 秋葉原店】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区外神田3-7-12 イサミヤ第8ビル2F



Honey Honey 秋葉原店 31回目

 今回は土日の企画の関係で、先月訪問した際のレポートとなります。
 平日のハニハニさんで台湾夜市フェアが開催されていました。
 たまたまこの日は近くに来られたので、ランチタイムにお邪魔致します。

r2018052101.jpg
排骨飯 -パイコーハン- (830円)

 排骨(パイコー)は味付けされた豚スペアリブを揚げたもので、台湾等でよく食べられています。
 日本だとロース肉など、骨のない肉を使って料理される事が多々あり、今回も日本風の調理法が採用されているようです。

 どうしても台湾や肉の万世さんの排骨と比べてしまうのですが、歯ごたえや香ばしさ、味のパンチが弱めに思ってしまいます。
 肉の部位を変えるか、それとも肉の厚さを半分にするなどすればもっと良くなるのではないでしょうか。

 フード類が強いハニハニさんでは珍しく、首を傾げるメニューでした。


【HoneyHoney 秋葉原店】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区外神田3-7-12 イサミヤ第8ビル2F