MaiLeaf 1回目

r2013062801.jpg

 名古屋駅から地下鉄で2駅の場所にある大須観音。
 観音様としても有名なこの名所は、現在では秋葉原、日本橋に次ぐ第三の聖地としても有名です。

r2013062802.jpg

 アキバやポンバシと違うのは、大須は新旧入り乱れての商店街となっていることでしょうか。
 メイドカフェの近くに老舗の和菓子屋さんや普段使いの商店等が並んでいる、面白い場所です。
 
r2013062803.jpg

 今回お邪魔致しましたのは、メイリーフ(MaiLeaf)さん。
 入り口の扉からしていかにもメイドさんがいそうな、コンセプトカフェでございます。

 ここには、アフタヌーンティーセットが食べられるという事で参りました。
 最近では秋葉原のメイドカフェでもこのセットが食べられるお店が減ってきましたからね。

r2013062804.jpg
アフタヌーンティーセット(紅茶付 1800円)

 クラシカルな洋館のような内装。
 落ち着いたデザインのメイド服。
 アフタヌーンティーセット(紅茶含む)の品質の高さ。



 ……で、これで終われば最高だったのに、店内が騒がしいという非常に残念な経験を致しました。

 二人おられたメイドさんの一方の方が、常連さんの1グループとずっと喋っておられていたのです。
 この紅茶もキッチンから2回3回と出来上がりの報告があって、ようやくフロアのメイドさんがそれに気づいて持って来られました。

 また、双方がキッチンとフロアを交代すると、今度は交代した方が先ほどのグループさんと大声でトーク。
 時折メイドさんがゲラゲラ笑う大きな声には、ちょっとビックリしてしまいました。

 その間、こちらが受けた言葉は、
「御注文はお決まりですか?」
「アフタヌーンティーです」
「セットの紅茶です」
「お下げしてよろしいですか?」
 の4語のみ。

 東京から来た私をもてなして欲しい!というわけでは無いので、せめて静かに過ごさせていただきたかったです。たまたまランチタイムに来たので今回はかかりませんでしたが、これで平日夕方や土日に1時間500円のチャージ料がかかるわけですから、帰宅されるお客様にはさらなる気配りが必要なのではないかなと思いました。
 これだと昔秋葉原に良くあった類のコンセプトカフェと変わりませんので、秋葉原のメイドカフェを巡った方が良いでしょうし。

 お店の内装やメニュー、公式サイトを見る限り非常に良いコンセプトのお店を目指されておられるようなので、きっと現場で働くメイドさんにまでその気持ちが伝わっていないのでしょう。土台が素敵なお店だっただけに、「惜しい!」の一言でございました。


【本日紹介した店舗のサイト】
 MaiLeaf




スポンサーサイト