とんかつレストラン クックファン 1回目

r2016071601.jpg

 大洗訪問の帰り、水戸市にあるクックファンへお邪魔致しました。
 アニメ「ガールズ・パンツァー」にも登場する、トンカツ屋さんです。

r2016071602.jpg

 大洗では無いものの、ここも立派なガルパン聖地。
 生徒会会長の角谷杏ちゃんのPOPがお出迎えです。

r2016071603.jpg

 それだけで驚いてしまってはいけません。
 店内いっぱいに展示されている、ガルパンアイテム。

r2016071604.jpg

 壁には声優さんのサインが沢山描かれています。
 日付的に、声優さんがグループで訪問されたケースもあるようです。

r2016071605.jpg

 ファンアートも沢山ありますね。 
 大きなサイズのメニューがあるからか、五十鈴華ちゃんのイラストが多いようです。

r2016071606.jpg

 それではオーダーをしましょう。
 クックファンさんでは、ガルパンに因んだメニュー「ガルパンかつ」が食べられます。

 ガルパンかつは3種類あるので、お腹と相談してサイズを決めましょう。
 重戦車バージョンは事前の予約が必要です。
 
r2016071607.jpg
ガルパンかつ初期Ver(1580円)

 やはり、ココに来たからにはガルパンかつを食べないと!
 追加で大根おろしとポン酢のソースをオーダーし、初期Verに挑戦です。

 トンカツとメンチカツで戦車を模した初期Verのサイズは1人前。
 特に無理せずに食べられる量になっています。

 カツの肉はロース。
 基本のカツながら、非常にジューシーで柔らかくいただけます。
 セットで付いてくるゴマ&ソースでガッツリ食べても、おろしポン酢でさっぱり食べても、美味しいです。
 ネタとして食べにくると、ポジティブに裏切られます。
 通常メニューのトンカツメニューも追加で食べてみたくなる程です。

r2016071608.jpg

 戦車の旗は黒森峰のものでしたが、色々とバージョンがあるのでしょうかね?

r2016071609.jpg

 ガルパンメニューを注文すると、このクリアファイルが貰えます。
 大洗へ訪問された際に、記念にオーダーされてはいかがでしょうか?
 

【とんかつレストラン クックファン】
 公式サイト
 住所:茨城県水戸市酒門町3322-1



スポンサーサイト

大洗商店街ミニ散策


 まいわい市場を出て、少し大洗商店街を歩くことにしました。


 岸側からぶらぶら歩いていると、偶然にウスヤ肉店さんを発見。
 2年前のあんこう祭で、串カツを食べたお店です。

 こちらではガールズ&パンツァーのアリクイさんチーム、モモガーちゃんのPOPが設置されています。
 

 お店にはモモガーファンから寄贈されたイラストが展示されています。


アリクイさんチーム風串カツ(200円)

 アリクイさんチームが本編で食べていた串カツをイメージして作られた串カツは2本で200円。
 これでバッジが1個付いてきます。

 あんこう祭では食べられなかった、つくねカツ(鳥つくね&ウズラ卵)が個人的には大ヒットでした。
 つくねとウズラが交互に刺さっていて、面白い食感です。


 続いて大洗のスイーツ枠を代表して、味の店たかはしさんのみつだんごを頂きましょう。


みつだんご 5本(300円)

 たかはしさんのみつだんごは小麦粉がベースになっており、いわゆる普通のお団子とは違い、すいとんのような食感です。
 これに甘い蜜ときなこをまぶして食べます。
(きなこにむせないでくださいね。)

 何本でも食べられそうなお団子は、1本60円。
 1本からでも食べられますので、お腹の好き具合と相談して利用できるのがうれしいですね。

 ちなみに、当店がお邪魔した日にはプラウダ高校のクラーラ役を担当されたジェーニャさんが商店街を歩かれていたようです。
 制服まで来て大洗を堪能されておられたのに、当店はまったく知りませんでした。
 残念でしたね。

大洗まいわい市場 あんこう焼き

r2016070901.jpg

 アニメ『ガールズ&パンツァー』の聖地、茨城県大洗町へ行って参りました。
 劇場公開後、初の訪問です。

r2016070902.jpg

 大洗リゾートアウトレットは、本編でも何度かロケ地(?)となっています。

r2016070903.jpg

 2Fのガルパンギャラリーには多くのファンが訪れ、中には訪れた作家さんのサイン色紙も沢山飾られています。

 今回お邪魔した大洗まいわい市場はこのリゾートアウトレットの1Fにあり、地元の商品やガルパングッズを扱っています。

r2016070904.jpg

 ここに来たなら食べておきたいのが、あんこう焼きです。
 
r2016070905.jpg

 人気がある商品なので、最後尾の旗まで用意されています。

r2016070906.jpg

 テーブルにはアンチョビ役の吉岡麻耶さんのサインが書かれていますね。

r2016070907.jpgr2016070908.jpg
あんこう焼き 小倉あん / 芋あん / 豆乳クリーム (各130円)

 それでは、さっそくあんこう焼きを食べてみましょう。
 今回は小倉あんと芋あんの2種類に挑戦です。
 もっちりした生地と、それに負けていないしっかりとした餡のバランスがなかなか良いですね。

 定番の小倉はもちろん、大洗に来たからには茨城名産のサツマイモを使った芋あんを試して頂きたいです。
 ほくほくとした甘い味わいの芋餡は、全国の大判焼き界(及び今川焼小倉焼御座候界)でもなかなか味わえないでしょう。


 ただし、ここで残念なお話がございます。
 まいわい市場内のあんこう焼きは、明日7月10日で販売終了となります。
 今週末に大洗へ行ける方は、是非ともお召し上がりくださいませ。


【大洗まいわい市場】
 公式サイト
 住所:茨城県東茨城郡大洗町港中央11-2 大洗リゾートアウトレット内 1F



2014年 あんこう祭レポート Vol.2

r2014112301.jpg

 昨日に引き続き、本日も『ガールズ&パンツァー』の聖地大洗で開催された2014年あんこう祭のレポートでございます。
 後半戦はあんこう祭の会場を離れ、大洗の商店街を歩いてます。

r2014112302.jpg

 まずは名物みつだんごを扱われている、味の店たかはしさんへ。
 商店街の多くのお店にガルパンの等身大POPが展示されており、たかはしさんでは主役の五十鈴華ちゃんを担当されておられます。

r2014112303.jpg

 作品に出演する声優さんもご来店されていました。

r2014112304.jpg
みつだんご(1本60円)

「みつだんご」とは、おだんごときびだんご(駄菓子でおなじみの)の中間くらいの食感のおだんごに、みたらしよりやや緩めのたれをたっぷりつけて、きな粉をまぶして食べるもの。
 柔らかくもっちりとしたお団子に、ほんのり甘いとタレときな粉が混ざり合って、普通のおもちともお団子とも違う味わいが素敵でした。
 これはお持ち帰りでは味わえない美味しさかもしれませんね。

 1本60円というお値段も魅力的です。

r2014112305.jpg

 お次はIII号突撃砲に乗るカバさんチーム(歴女チーム)のメンバー、おりょうが展示されている玉屋菓子店さん。

r2014112306.jpg
ラスク&ぶどうパンラスク(1個100円)

 ここでは去年に引き続き、ラスクを購入しました。
 普通のラスクもぶどうパンラスクもどちらも美味しく、お値段もお手軽。
 次に来たときは他にオススメされた90円くらいの手作りあんパンも買いたいと思います。

r2014112307.jpg

 最後はお土産を買いに大洗駅前近くのコルンさんへ。
 玉屋さんで売られていたラスクを作られているパン屋さんです。  

r2014112308.jpg

 ここはキャラクターPOPのエリアではない代わりに、美少女着ぐるみの写真が展示されていました。

r2014112309.jpg
たぬきさん(240円)

 コルンさんは昭和時代に全国を席巻していた、たぬきケーキが今でも販売されていました。
 このたぬきケーキはまだ西洋菓子が日本に行き渡る前に販売されていたケーキで、主にチョコレートでコーティングされ狸の形をしています。
 たぬきケースに正式な定義はなく、お店によって形も製法も自由なのが特徴です。

 コルンさんのたぬきケーキは、ロールケーキにチョコレートコーティングが施されていました。
 パリパリチョコを剥がして食べていくのが面白く、なんとも懐かしい美味しさでした。

 2回目となった大洗あんこう祭。
 お手軽で美味しい物が食べられますし、まだまだ行けていないお店も多いですしで、来年も是非とも参加したいですね。

2014年 あんこう祭レポート Vol.1

r2014112201.jpg

 11月16日に茨城県大洗町で開催されたあんこう祭へ行って参りました。
 同イベントは大人気アニメ『ガールズ&パンツァー』の舞台となった事がきっかけで、参加者が急増。
 例年3万人くらいの参加者だったのが、今年と去年はそれぞれ10万人を記録したそうです。

 大洗町も全面的にガルパンファンを迎え入れてくれる優しい自治体で、大洗までの電車ひとつとっても、その姿勢がうかがえます。
 なんともありがたい事ですね。

r2014112202.jpg

 大洗の商店街も、アニメと同じ横断幕を用意してくれています。

r2014112203.jpg

 さらに商店街の道路はガルパンのラッピング車、いわゆる痛車の展示スペース用にする為に歩行者天国に。

r2014112204.jpg

 アニメで戦車が突っ込んだ旅館には、戦車のハリボテまで飾られていました。
 ちなみにこの旅館はガルパンの放送以降ファンの為に専用宿泊メニューを用意されており、いつも予約でいっぱいだとか。

r2014112205.jpg

 それでは早速、あんこう祭会場で大洗の美味しいものを食べてみましょう。
 まずはアメリカの戦車を愛するサンダース付属高校を応援している、飯岡屋水産さん。
 会場ではあんこうが丸ごと何匹も並んでいるテントで営業されていました。

r2014112206.jpg
あんこう汁(300円)

 昨年はなかなか食べられなかったあんこう汁。
 今年は早めに来て早々に確保致しました。

 300円のあんこう汁は、驚くほど具沢山。
 あんこうの白身が、3切以上は入っていましたでしょうか。
 冷えた体に嬉しい味わいです。

 2014年もっとも美味しかった汁物になるかも?

r2014112207.jpg
あんこうのから揚げ(300円)

 お次は去年も食べたあんこうのから揚げ。
 淡白でホクホクした味わいが印象的でした。
 たしかにこれは現地でないと食べられない味かも。

r2014112208.jpg
あんこうチームのパン(200円)

 大洗ではパン屋さんも頑張っています。
 酒井屋米穀店さんの、ガルパンのチームをイメージしたパンも販売されていました。
 今回はやっぱり主人公のあんこうチームのパンを購入。
 中身はコーヒー風味のあんこでした。

 美味しいんですけど、これどうやって作るのでしょうかね?

r2014112209.jpg

 そうそう、デザートも食べておかないと。
 
r2014112210.jpg
撃破クレープ(600円)

 本編で登場する『戦車道』は、決められたエリアで戦車で戦うという競技です。
 そこで砲弾が直撃などをすると旗が表示されて撃破扱いになります。

 なので、この撃破クレープにはその旗が刺さっているのです。

r2014112211.jpg

 クレープを巻く紙はガルパン仕様。
 アニメ会社との連携力も強く、町中で正規のファングッズが沢山手に入るのが他の作品とは違う所ですね。

r2014112212.jpg
焼きまんじゅう(200円)

 あんこう祭はアニメの声優さんによるトークイベントはもちろん、他の自治体との相互応援も兼ねていますので、余所の自治体による出店スペースもかなりありました。その中でもお気に入りが群馬上州エリアの特設テント。
 本場上州まで行くのが大変な中、200円で焼きたての焼きまんじゅうが食べられるなんて、幸せですね~。