Cafe Mailish 34回目

r2018022401.jpg

 カフェメイリッシュさんでは、28日まで「カスタムオーダーメイド3D2(KISS)」のコラボイベントを開催。
 作品の衣装を着たメイドさんが給仕をされておられます。

r2018022402.jpg

 期間内に来店されたお客様には、特製のクリアファイルとランチョンマットが貰えます。
 ランチョンマットは紙製で、+200円でラミネート加工をしてくれますので、綺麗に持って帰りたいファンの方も安心です。

r2018022403.jpg
無垢ちゃん(ポストカード付 1100円)

 せっかくですので、限定メニューのドリンクを頼んでみました。
 無垢ちゃんの中身は、カフェオレとストロベリーシロップのミックス。
 良く混ぜると甘酸っぱくなる、不思議なテイストです。

 オマケのポストカードには、ゲームで実際に使えるカフェメイリッシュメイド服のコードが書かれています。
 この作品を遊ばれている方にとっては、データ代で元が取れる金額でしょうかね。

 ちなみに今回は是非チェキをオーダーしましょう。
 普段のメイド服とはまた違った可愛い衣装を着ているメイドさんはとても魅力的ですよ。


【Cafe Mailish】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区外神田3-6-2 FH協和スクエア 2F




スポンサーサイト

ミアカフェ 1回目

r2018021901.jpg

 今月上旬、ミアカフェの公式ツイッターが発言したツイートがニュースになりました。
 内容はともかく、良くも悪くもこれもご縁。
 メイドカフェレポートが現サイトで更新されてから、初めて立ち寄りました。
(旧サイトでは2004年5月から2008年10月までの間に何度か通っていたようです。)

r2018021902.jpg

 あの頃から店舗の場所とシステムが変更しています。
 店舗は須田町へ、また東日本大震災以降は放射能対策として、ベクレルフリー食材をできるだけ利用する為に90分で500円のチャージ料が発生するようになりました。

 チャージ料がかかるとはいえ、実際はテーブルチャージが無料になるキャンペーンや、テーブルチャージ込みでお得なメニューなどもあり、割高感はありません。チャージ料が安くなるサービスを利用すること前提にすれば、主だった老舗店に比べるとチェキの金額も抑えめです。

 空いていた時間帯と言う事もあって、メイドさんの対応も良く、感じの良い接客をしていただきました。
 以上の点だけをもって紹介すれば、老舗にも新興店にも負けない優良店だと思います。

r2018021903.jpg
おえかきオムライス(1300円 / 値段は公式サイトより)

 そんな良い印象が吹き飛んでしまったのがこのオムライス。
 贔屓目に見ても、温めて提供するだけのレトルトだと思われます。
 普通のメイドカフェなら、これでも問題ないんです。

r2018021904.jpg

 ところがこのお店に入ろうとする前に見た、店頭のメニューにはこう書かれています。

 メイドが目の前で卵をかけて、ラクガキしてくれます。

 実は、今回ミアカフェを利用するきっかけになったのがこの店頭メニューだったんです。
 半熟卵を割るタイプのオムライスは美味しいですからね。
 それがいかにもレンチン(湯煎)したようなものが出てきたのが非常に残念でした。

 店頭メニューは新規顧客を増やす為の情報でもありますので、これが古いままだとお店の信頼を失うのではないでしょうか。
 


【ミアカフェ東京店】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区神田須田町2-19-36 THビル1F


めいどるちぇ 3回目

r2018021701.jpg

 大阪へやってまいりました!
 とーれとれぴーちぴちカニ料理♪

r2018021702.jpg

 道頓堀からは日本橋(にっぽんばし)までは、徒歩で10分もかからず行く事が出来ます。
 こちらは日本橋の老舗メイドカフェ、めいどるちぇさん。
 この日は新刊の献本も兼ねてお邪魔致しました。

「MAIDEN SURVEY」の30p参照でございますよ!

r2018021703.jpg
HAPPYオムライス(888円)

 写真ではわかりませんが、こちらのオムライスは目の前でオムレツをパカっと割ってくれるタイプのお店です。
 めいどるちぇさんは、メイドカフェとしても一般的な喫茶店としても、非常に高い水準のフードが揃っていると思います。

 色々と美味しいメニューが揃っているのに、やはり毎回オムライスが食べたくなりますね。


*今回は資料を紛失してしまったので、オムライスの価格は公式サイトから引用致しました


【めいどるちぇ】
 公式サイト
 住所:大阪市浪速区日本橋5丁目1-15 WIN日本橋 1F


茶々娘 4回目

r2018021101.jpg

 冬コミ新刊の納本も兼ねて、1月に西日本方面へ遠征に行って参りました。
 レポート1本目は香川県高松市にある茶々娘さん。
 お店についての詳細はC93新刊「MAIDEN SURVEY」の31ページをご覧ください。

 今回は大旦那さんから色々とお話を伺いました。
 地方のメイドカフェのお話は当店にとっても非常に貴重な情報ばかりで、大変参考になりました。

r2018021102.jpg
お絵かきオムライス(800円)

 メイドカフェへ行ったらやはり頼みたいのが、お絵かきオムライス。
 茶々娘さんはチャージがかからない上に+200円でドリンクセットもあるので、非常にオトク。
 卵焼きを巻く従来のタイプのオムライスも好みです。 

r2018021103.jpg
DSS(500円)

 ちょっとお腹に余裕があるので、香川名物讃岐うどんも食べてみましょう。
 1玉なので、お腹が空いている方は他のフードに加えてオーダーしても食べられるのではないかと思います。

 ちなみにDSSとは、大根すりすりの意味だそうで。
 メイドさんが目の前でお絵かき・・・・・ではなく、目の前で大根おろしをすりおろしてくれるの光景は、秋葉原では見られません。
 香川へお越しの際には、メイドカフェで讃岐うどんというのも面白いと思いますよ。


【茶々娘】
 公式サイト
 住所:香川県高松市南新町8-39



スープカレー カムイ 76回目

r2018021001.jpg
チキンカレー(800円)

 今週、カムイさんへお邪魔致しました。
 オーダーしたのはレギュラーメニューのチキンカレー。
 昨年は限定メニューを沢山食べてきたので、今年はレギュラーメニューも楽しもうと思います。

 柔らかい上にポークよりもヘルシー。
 レトルトカレーでもお馴染み、カムイさんのスタンダードナンバーでしょう。

 ただ、今日の目的はこれだけではないのです。

r2018021002.jpg

 実はカムイさん7周年記念として、当店からイラストを謹呈致しました。
 ツイッター係の長谷川結菜をメインとして、カマンベール係のキナコ、ナス係のメイド長プリシア、鶏係の遥と、日頃カムイさんの2Fにいるメンバーが出演しています。 

 どこかで見たような広告・・・・・・でしょうか?

r2018021003.jpg

 なお新作イラストはカムイさん2Fのイートインスペース入って右手、ルフィドニアシートに掲示されております。 
(この写真では、右上の作品以外はすべてルフィドニアの作品です)

 当店のキャラクターが沢山展示されておりますので、注文されたスープカレーをお待ちの際にでもお楽しみください。
 写真などもバンバン撮影してくださいね。


【札幌スープカレーの店 カムイ】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区神田須田町2-12-5