天神Style 2回目

r2015102101.jpg

 九州レポート最終回。
 福岡市内の水族館見学が早く終わり、飛行機で帰る前に天神へ立ち寄ってみました。

r2015102102.jpg

 休みという事で、座席はほぼ満員。
 前日(1回目)よりも大盛況の様でした。

 天神Styleさんはメイド長やリーダー的な店員さんがおられないようで、一度に大量のスタックが出来てしまっても割り振る方が現れず、出来上がったお料理そっちのけでお客さんと歓談されるメイドさんがおられました。
 なるほど、2回目にお邪魔すると、1回目とは違った風景も見られるのですね。

r2015102103.jpg
天スタ丼(1000円)

 2回目はお店の名物天スタ丼(天神Style丼でしょうか?)をオーダーしてみました。

 ライスの上にハンバーグ、から揚げ、目玉焼きと、男子(もちろん女子も)の大好物をドーンと乗せており、好きに混ぜて頂きます。
 見た目以上にボリュームがあり、これだけでお腹いっぱいになってしまいます。

 天神Styleさん、秋葉原に来てくれませんかね。


【天神Style】
 公式サイト
 住所:福岡市中央区天神3-1-12 北天神ビル2F



スポンサーサイト

魔法学園アヴァロン 1回目

r2015101901.jpg

 福岡、天神エリア。
 先に紹介した天神Styleさんがある地域で、非常に活気のある街です。

r2015101902.jpg

 天神Styleさんの次にお邪魔したのは、魔法学園アヴァロンさん。
 魔法使いが学ぶ学園と聞いて、お邪魔致しました。
 
 結論から言えば、アバロンさんは秋葉原のコンセプトカフェとは大きく違うお店です。

 基本システムは男性1時間1000円のチャージがかかります。
 ドリンクは100円~200円。
 ソフトドリンクのみで、店内の冷蔵庫から100円でドリンク(ペットボトルや缶のもの)も選べました。

 また、店内の後輩さん(≒店員さん)とは給食タイム(30分800円)として同じテーブルでお話も楽しめます。
 後輩さんへ提供するドリンクは先輩(≒お客さん)と同じもので良いようです。
 秋葉原のグランヴァニアのようなカフェかと思っておりましたが、こちらはフード類が無く店員さんとのコミュニケーションを楽しむお店でした。

 試しに、店内におられた後輩さん全員に、30分ずつ給食システムを利用。
 後輩さんはご自身が飲むドリンク以外特に何もセールスもなく、会話を堪能致しました。

「可愛い店員さんとずっとお話をしたいけど、お酒は飲みたくない気分。」

 というご主人様や先輩さんには、割とお手軽な価格で楽しめるアヴァロンさんがオススメではないかなと思います。
 秋葉原のコンセプトカフェとはまた違った、福岡らしいお店でしたね。


【魔法学園アヴァロン】
 公式サイト
 住所:福岡市中央区天神3-6-10 エイトビル3F



天神Style 1回目

r2015101801.jpg

 福岡県博多へやって参りました。
 ここからバスや地下鉄で向かう天神・中州エリアは、東京で言えば池袋や新宿のような賑わいのある街。
 ショッピング施設だけでなく、屋台やメイドカフェなども沢山あります。

r2015101802.jpg

 第三弾オムライス食べ歩き企画、6軒目のお店は天神Styleさんにしましょう。

 店内はカウンター席とテーブル席がそれぞれ数席。
 テーブルが気持ち多めでしょうか。
 基本的には秋葉原にあるメイドカフェで時間チャージなどはありませんが、土日は300円のチャージ料がかかるようです。

 チャージがかかるとはいえ、土曜日の店内は大盛況。
 メイドさんも会話をされに色々な座席をまわっています。
 席もほぼ埋まっており、壁に貼られているチェキなどもあってかとにかく賑やか、華やかですね。

r2015101803.jpg
オムチェキセット(ドリンク付 2000円 土日は300円のチャージが必要)

 オムライス食べ歩き、最後のお店のオムライスがこちら。
 ドリンクとチェキが付いて2000円と、割とお手軽な価格になっています。

 しかもこのお店はカーテン付のチェキ撮影スペースがあるので、かなり綺麗に撮影できます。
 お店を利用される際には積極的にチェキをオーダーしたいですね。

 天神Styleさんのオムライスはオムレツタイプになっており、オムレツを切るとトロトロの卵がご飯を覆います。
 味はかなり美味しいですね。
 他のお客さんが食べている料理を観ても、全体的に高い品質のようです。

 長崎のメイドカフェもそうでしたが、九州のメイドカフェはフード類がしっかりしているようです。


【天神Style】
 公式サイト
 住所:福岡市中央区天神3-1-12 北天神ビル2F



Maid in Nagasaki 1回目

r2015100401.jpg

 九州研修旅行、2本目の記事の舞台は長崎。
 軍艦島への上陸も成功(上陸できない日もあります)し、長崎を満喫しました。

r2015100402.jpg

 楽しい観光をしていると、当然お腹も空いちゃいます。
 そこで夕飯は長崎のメイドカフェ、Maid in Nagasakiさんへお邪魔致しました。

r2015100403.jpg

 システムは2種類の中から選べます。
 カウンター席は1時間1000円で、ドリンクが飲み放題。
 テーブル席はチャージ料がかからず、90分毎に1オーダーが必要となります。

 店内にはカウンター席が4~5席、テーブルが6席程度程あり、お客様が飽きないように漫画やコミュニケーションノートがあります。
 特筆すべきはチェキ撮影スペースで、ミニカーテンで仕切られ、周りを気にせず非常に撮影がしやすくなっています。
 スペースの関係もありますでしょうが、これは秋葉原でも採用して頂きたいですね。

r2015100404.jpg
初★御帰宅セット(ドリンク+チェキ付 1500円)

 オムライス食べ歩き企画の第三弾を開催していますので、こちらを5軒目に致しましょう。
 初めて御帰宅されたお客様が利用できる初御帰宅セットをオーダー。
 オムライス、ドリンク、チェキがセットで1500円と、驚異のお手軽さ!。

 猫のイラストがキティちゃんになっているアレンジも素敵です。

r2015100405.jpg

 御帰宅セットのドリンクは、いわゆる萌え萌えメニューもOKということで、お絵かきドリンクでウサギの絵をオーダー。
 
r2015100406.jpg
キャラメルパフェ(600円)

 セットだけでは申し訳ない位楽しんでしまったので、デザートも頼んでみました。
 キャラメルソースたっぷりのパフェは、なんと600円。
 デザートも質量共に申し分の無いものでした。

 Maid in Nagasakiさんは、秋葉原では見かけられなくなった、
「アニメやメイドが好きなお客さんが集まる広場」
 を提供されている、貴重なお店のような印象を受けました。
 この居心地の良い雰囲気が、6周年を迎えられた老舗の魅力なのでしょうね。


【Maid in Nagasaki】
 公式サイト
 住所:長崎県長崎市栄町6番5号


LinkCafe NEO BARBIE 1回目

r2015092701.jpg

 オムライス食べ歩き企画第三弾となる、ロイヤルオムランブル。
 7月以降の更新は、九州熊本から再開です。

 ここに3軒めに選ばれたお店があるそうですが九州に到着したばかりで土地に慣れておらず、少し不安な気持ちでお店を探します。
(実は九州訪問数日前に、お目当ての別のお店が急に閉店していた事件があったのです・・・。)

r2015092702.jpg

 熊本市街の銀座通り周辺。
 このあたりはバーなどのお店が多いようです。
 お昼に歩くとなんだか不思議な感覚ですね。 

r2015092703.jpg

 ネオバービーさんの看板を発見!
 店内に入るとコスプレ姿のキャストさんが迎えてくださいました。

 7月にオープンしたばかりのネオバービーさん。
 お店に入ると、入口を起点に左手にはミニライブができそうなカラオケエリア、右手にはフロアがあります。
 アニメのグッズ(ラブライブ多め!)やポスターが飾られており、カウンターの奥にはモニターでアニメDVDが放送されていました。
 コンセプトとしては、店員さんがコスプレキャストとなり、アニメ好きなお客さん相手に接客をされる様子。
 メインは夜のクラブ形式の運営で、その間のお昼にカフェをされているようです。
 それぞれの地域にある、コミュニティとしての役割を果たしていそうなお店という印象を受けました。

r2015092704.jpg

 システムはチャージは500円、ワンオーダー制です。
 ドリンクは500円位から、オムライスなどのフード類は700円位から。
 オプションとして500円を加算すると、キャストさんの手作りとなります。

 ネオバービーさんの特徴はその接客密度(?)。
 混雑具合にもよるでしょうが、対面席にキャストさんが座りずっとお話を楽しめるという接客は、コンセプトカフェを巡り始めて以降、おそらく初体験です。
 キャストさんのお話によると、元々はお客さんの隣で接客できる許可のあるお店がお昼にメイドカフェとして運営されているので、こういう接客が可能との事。

 私の座席の前にもコスプレ姿のキャストさんが目の前に座っていただき、滞在中通して2人のキャストさんとのお話を堪能致しました。
 キャストさんとお話を楽しみたい方にはピッタリのお店ですね。

r2015092705.jpg
オムライス(1200円 キャストさん手作りオプション込)

 では本題のオムライスを紹介しましょう。

 ネオバービーさんのオムライスは700円。
 フード類はキャストさんの手作りをお願いすると、500円が加算されます。
 とはいえ手作りオムライスが1200円であれば、割合お手軽でしょうかね。
 ドリンクも500円から飲めますし、500円のチェキもお財布には優しい価格設定です。

 ケチャップでのお絵かきが自動的にハートになってしまうのだけが残念でしたが、それを差し引いても非常に素敵なお店でした。

 ・・・・・・秋葉原にできたら入り浸ってしまいそうです。



【本日紹介した店舗のサイト】
 LinkCafe NEO BARBIE ツイッターアカウント
 住所:熊本県熊本市中央区新市街3-6 石原ビル2F