天空のカフェ エスカフローラ 1回目

r2018071401.jpg

 更新が遅れてしまいましたが、先月の名古屋遠征の最終回です。
 名古屋のメイドカフェ聖地、大須を歩いておりましたら、偶然にもコンセプトカフェを発見。

r2018071402.jpg

『天空のカフェ エスカフローラ』 という店名の、雲の中の部屋をコンセプトにしたというカフェです。
 新幹線まで時間があるので、お邪魔してきました。

 店内は雲の中にいるように作ったのであろうなという、青をベースにした内装。
 新しいお店だけあって、清潔感のある店内ですね。

 店内は秋葉原のコンカフェでも主流の、カウンターメイン&グループ用のテーブル席の組み合わせ。
 メイドのドリンクなどもあり、こちらも秋葉原では主流となったガールズバー系カフェに近い運営をされているのだと思います。

r2018071403.jpg
オムライス(1000円 チャージ料600円別)

 初めて利用するメイドカフェではできるだけオムライスが食べたいので、ここでもオムライスをオーダー。
 なかなか美味しいものが提供されました。

 なんて言いますか、ガールズバー系タイプの店舗なのにお店全体の時の流れが緩やかですね。
 あまりお店全体でがっついていない感じで、この雰囲気は好感が持てます。
 店長さん(メイド長?)さんの明るい人柄がそうさせているのでしょうか。
 普段頼むことのないメイドさんへのドリンクを提供してまで、お話をさせていただきました。 
 
 話していて、非常にしっかりとしたメイドさんでした。
 偶然に入ったお店が「当たり」のお店だと、気分が良いですね。



【天空のカフェ エスカフローラ】
 公式サイト
 住所:愛知県名古屋市中区大須3-26-38Russyビル3F
スポンサーサイト

SecretChamber 2回目

r2018070101.jpg

 名古屋遠征のレポートはまだまだ続きます。
 2軒目は去年の冬コミでも紹介いたしました、シークレットチェンバーさん。
 入り口は大きな木の扉があり、設置されているベルを鳴らすと扉が開いてメイドさんが案内してくださいます。
 予約無しでお邪魔したところ、運よく席が空いておりました。

r2018070103.jpg

 私の撮影技術の無さで、ブレてしまっております。
 店内はこのような感じで、広さはこれが半分くらい。
 ヴィクトリア朝時代の小部屋のような素敵な空間です。

r2018070102.jpg
ティラミス(800円 チャージ別)

 食事は済ませてきたので、デザートのティラミスをいただくことにしました。
 思った以上のボリュームで、食べ応えもあります。
 
 そして今回素晴らしかったのが、アイスティー。
 暑い時期、メイドカフェでアイスティーを注文すると、ホットティーならポットで提供されるのに、アイスティーだとガラスコップ1杯で損をした気分になるってことはありませんか?
 素晴らしい事に、シークレットチェンバーさんではアイスティーは2杯まで飲めるのです。

 これはアイス派からしたら最高のサービスですよね!
 このお店の存在は、名古屋在住のご主人様お嬢様をうらやむには十分な理由になるのではないでしょうか。

 大須近辺に住まわれている方がうらやましいです。

【SecretChamber】
 公式サイト
 住所:名古屋市中区大須4-1-11 亜細亜大陸アカデミービル 3F

M'sMelody 2回目

r2018063001.jpg

 大須の老舗メイドカフェ、M's Melodyさんへ行って参りました。
 時系列的には6月1日、お店の閉店が決まって直後の週末です。

「おかえりなさいませ」という挨拶の生みの親であるエムズメロディさん。
 メイドカフェ本にも紹介した位良いお店でしたので、閉店が決まってからはなんとしても訪問したくなり、名古屋へ遠征致しました。

r2018063002.jpg
オムライス(1000円)

 注文したオムライスはこのような感じ。
 その他のメニューの紹介は割愛させていただきます。

 というのも、この日のエムズメロディさんは、それはもう前回とは大違いの、お世辞にも良いものとは言えませんでした。
 閉店が決定したことでお客さんが増えることは予想出来る事態でしょうし、そうでなくても金曜日の夜なんてどこの接客業もにぎやかであるはず。

 なのに、この日におられたメイドさんはたった二人。
 これで調理と接客をこなそうというのですから、素人目にも無理だとわかります。
 案の定、見ているとメイドさんが調理室でじっくり作業ができる時間なんてほとんどありません。
 特に4人テーブルのお客さんがみんなバラバラに入店されたりしている関係で、お冷を持ってはおかえりなさいませ、ドリンクなどの簡単な料理を持ってきてはおかえりなさいませで、まったくお店が回っていませんでした。

 最初から人が少なすぎるので、もっとも大きな責任は経営者側にあるにせよ。

 他店を比較していいのかわかりませんが、おそらくこれがキュアメイドカフェなら落ち着くまで外で待っているお客様には待ってもらうでしょう。
 その他のお店でも多忙な時には少し手順を省く事はしますし、具体的にオーダーが遅れる旨やチェキの所要時間を聞く事もしているはず。
 ところがエムズメロディさんは愚直なくらい丁寧に同じ対応をされるのです。
 これを素晴らしいと評すべきか、機転が利かないと評すべきか。
 
 私は2回ほどしか利用してないので、このお店の内情は存じませんが、きっとこの『昔から続いている変わらない部分』は少なからず閉店の要因になってしまっているのではないかなと感じました。

 ちなみに私のオーダーしたチェキは1時間待っても出来上がりませんでしたので、結局手元にはありません。


【M'sMelody】
 公式サイト
 住所:名古屋市中区大須3-12-35 グッドウィルエンターテイメントデジタルモール4Bフロア


アマリリス 1回目

r2018062401.jpg

 今月の初めに、福井へ行ってきました。
 先週のお話の続きでございます。

r2018062402.jpg

 福井での用事をすべて済ませ、時間まで福井駅前を散策。
 福井駅から5~6分歩いたところに、メイドカフェ「アマリリス」さんがあったのでお邪魔致しました。
 公式ツイッターによると、2017年の7月にオープンしたお店のようです。

r2018062403.jpg
パンケーキ(1200円 チャージ別)

 店内は2人用と4人用のテーブルが3~4つずつほどありましたでしょうか。
 メイドカフェブームを髣髴とさせる内装という感じです。
 メニューはオムライス、カレー、パンケーキ、ソーセージ類、各種ドリンクなどで、バリエーションがかなり絞られています。
 チャージ料は500円でした。

 永平寺で食事を済ませてきましたので、ここではデザートのパンケーキとドリンク、チェキをオーダー。
 メイドさんが料理も担当するのか、2人いるメイドさんが全員奥に引っ込んでしまいお客さん同士で気まずい空気が流れたり、メイド服を着ていない非番の方が奥から出てて手伝われているというレアな光景も目にしましたが、私を担当してくれたメイドさんが非常に気を使ってくださったこともあり、楽しい時間が過ごせました。

 旅先で立ち寄るメイドカフェで良い思い出ができるとうれしいですね。


【メイドカフェ アマリリス】
 公式ツイッター
 住所:福井県福井市中央1-8-21 1F




CCOちゃ 1回目

r2018022501.jpg

 先週に続き、1月の西国訪問レポートです。
 こちらは大阪道頓堀。
 関西のコンカフェメッカである日本橋(にっぽんばし)とは歩いて行ける距離。
 ここで食事をしてメイドカフェでデザートを食べる、というセットも楽しめます。

 もっとも日本橋のコンカフェはお料理の美味しいお店も多いので、食事もデザートも楽しめます。

r2018022502.jpg

 この日お邪魔したのは、大阪日本橋のメイドカフェCCOちゃさん。
 大阪日本橋初のメイドカフェという、老舗店です。 
 店内は料理も含めて撮影が禁止なので、本日は文章のみ。

 注文したメニューはコーヒーとパフェ「ルーラ」。
 ルーラの中身はチョコレートパフェです。

 CCOちゃさんはメニューの一部の名前が独特でして。

 パスタならルパン、五右衛門、次元。
 パフェはホイミ、ルーラ、ミナデイン。
 パンケーキはセーラームーン、プリキュア。
 
 説明文も写真も掲載されていないので、読んでいてさっぱりわかりません。
 これはお客様の不便を考えていないのか、それともこのメニューの内容をメイドさんから聞く事でコミュニケーションのきっかけにしようとしているのか。後者ならさすが老舗だと思うのですが、初来店の私には判断することはできませんでした。

 提供されたパフェ「ルーラ」は美味しかったです。
 写真撮影は禁止ではありますが、全体的に価格は抑え目で、さらにチャージがかからないという事で、お得感のあるお店です。
 日本橋をご訪問されコンカフェのハシゴをされる際には、訪問先のひとつに入れても損は無いと思います。


【メイドカフェ CCOちゃ】
 公式サイト
 住所:大阪市浪速区難波中2-4-8