アイネブルグ 001回目

 前から気になっていた幽霊メイド喫茶なるお店が9月で閉店すると聞き、せめて一度は!という事で行って参りました。

r2011082801.jpg

 本日お邪魔致しましたのは、幽霊メイド喫茶のアイネブルグさん。
 同じビルでかつてあった大正喫茶や夢喫茶は行った事がありましたが、幽霊メイド喫茶は初めてです。

 上記二つの店舗と同じ場所ながら、カーテンと家具を上手く使ってお城を表現されています。
 幽霊らしく暗めの店内である反面、外の光を上手く取り込んで撮影も楽でした。
 どちらかと言うと少人数で行かれる御主人様向けのお店でしょうかね。

r2011082802.jpg

 席に案内されて最初に驚いたのが、自分の分とは別に提供された空のグラス。

 ……なんと私と同じテーブルの席に幽霊の女の子が座っているそうなのです!
 
 私には霊感が無いので見えませんでした。
 まこと残念でございます。

r2011082803.jpg

 それから空のグラスと一緒に出されたのがこのお菓子。
 入城料があるお店だからか、喫茶店版のお通しのような物が提供されてました。
 チャージ料を取るメイド喫茶は数あれど、お通し提供は珍しいケースですね。

r2011082804.jpg
真っ白おばケーキ(700円)

 注文していたドリンクとケーキが登場です。
 飲み物はアイスティー(500円)。
 ケーキとセットで200円割引となります。

 驚いたのはホットティーは何ページも割いて豊富な種類が紹介されているのに、アイスティは1種類しかなくしかもメニューになかった事です。
 どうやら幽霊メイドさんが書き忘れていたとのこと。
 開店当初からメニューを作り直さなくて大丈夫だったのでしょうか。

 おばケーキの中身はレアチーズケーキ。
 フルーツや生クリームでトッピングされており、目の前で幽霊メイドさんがチョコレートソースで色々と描いてくれるサービスがありました。

 お店の雰囲気は悪くないと思うのですけど、ファンの方々にとって無くなってしまうのは残念でしょうね。


スポンサーサイト