誰が為に金は出す の尻尾の部分

 JAM AKIHABARAさんが配るチラシに「席料無料」と追加されたのはいつのことでしょうか。
 最初はランチが安い旨を強調していたのに、いつのまにかこの文句が加わっていました。
 チャージ料を取るお店が増えると、それが存在しない老舗にとっては大きなオススメポイントが増えるようです。
 貰わないほうはそれをチラシに書く反面、徴収するお店はチラシに書かないことが多々あるのが面白いところです。

 さて、話は変わり先日のこと。
 架空の生物の名前を採用しているとあるお店の店員さんからチラシを頂いたのですが、
「チャージ料500円で御利用できます」
 と言いながら、まったくそんな事が記載されていないチラシを渡されたので驚いたところ、
「あ、でも1000円くらいでコーヒーも飲めます」
 というセールストークを発揮していただきました。
「1000円でコーヒーが飲める」っていうのは、多分アピールできる事ではありませんよね。

 もっとも今回は笑い話で住みましたが、この環境では秋葉原にとっても感心できることではありません。
 お店独特の雰囲気の中で、
「席料かかるなら帰ります」
 とハッキリと言えない事もあるでしょうし、その場合は周りの方にぼったくられた旨の話もするでしょう。
 メイド喫茶初体験の御主人様なら、もうメイド喫茶そのものへ来なくなってしまうかもしれませんし。

 昨日はチャージ料を取るお店を辛口批評しましたけれども、徴収するなら堂々と頂いたら良いと思うのです。
「当店はお金かかりますけど、その分後悔させませんよ」
 などと、その分楽しませて差し上げよう!という気概が欲しいところです。


スポンサーサイト
[ 2011/09/25 00:44 ] コラム 旧コラム | TB(0) | CM(0)