ロイヤルオムランブル2018 まとめ

 今年のロイヤルオムランブルも無事に終わりました。
 せっかくですので、総評をしてみたいと思います。
 4年前と同じく評価ポイントは4要素で、各項目は3点満点とします。
 ただしお絵かきの無いお店は芸術点を除いて評価を致します。

 味 … 美味しさです。
 値段 … オムライスを食べるために必要な料金(チャージ料込)で評価します。
 芸術点 … お絵かきイラストの可愛さです。
 スペシャリティ … オマケなどのサイド部分での要素です。


r2018042801.jpg
オム・ド・シュリンプ(アフィリア・クロニクルS)

r2018052701.png



r2018050502.jpg
満月オムライス(ひよこ家)

r2018052702.png




r2018051204.jpg
お絵かきオムライス(アキバ絶対領域)

r2018052703.png



r2018051902.jpg
オムライス(Shangrila)

r2018052704.png



 というわけで、今回一番気に入ったオムライスは、ひよこ家さんの満月オムライスです。
 最近はメニューの更新によりランチメニューに組み込まれ、サラダとセットドリンクが付いて880円で食べられるようになりました。
 この出来事から言っても、しばらくは味と価格、特に価格面ではしばらく独走が続きそうです。
 ひよこ家さんは平日は休みが多いのが唯一の難点となりますでしょうか。

 また、この評価データを作っていて、自分自身が驚きました。
 オムライスの評価としては、ひよこ家、シャングリラ、アフィリア、アキバ絶対領域の順でしたが、お絵かきの芸術点が明暗を分けました。
 メイドカフェレポートサイトで制作したランキングなので、お絵かきが評価を左右するのは、仕方ない事なのかもしれません。

 スペシャリティについては、

 アフィリア:デミグラスソースに加点
 ひよこ家:鉄板のサウンドに加点
 アキバ絶対領域:ビーフシチューに加点
 シャングリラ:メイドさんの接客に加点


 などと評価基準がバラバラです。
 さらに公平な評価を希望される方は、スペシャリティを抜いた分で評価していただければよいかなと思います。

 なお余談として、メイドさんにお願いしたイラストは『タヌキ』でした。
 なかなか難しいらしく、他のお店でもアライグマになったり猫になったり謎の生物になったりしていますよ。

スポンサーサイト
[ 2018/05/27 16:13 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)