きっと大丈夫です



 お店へのご意見をいただきました。
 メイド喫茶のお話の間にする秋葉原の情報で御主人様が楽しまれているというお便りでございます。
 せっかくですから、本日は秋葉原での見聞を書き記しましょう。

r2011040201.jpg

 東日本大震災から三週間。
 震災が発生してから、私も初めての秋葉原訪問となりました。

 割合と歴史ある建物の飲食店や、外国のコックさんが働かれる外食店の中には営業をお休みをしている所もあるものの、概ね通常に営業がなされているようです。
 千代田区は計画停電から除外されましたので働かれる方にとってはその分だけ気は楽とはいえ、節電はどこでも行われていて、メイド喫茶も例外なく照明が暗めになっていました。天気が良い事が幸いでしたね。

 また普段は観られないお客様が秋葉原の裏通りなどを歩いている姿が観られました。店員さんに詰め寄っている会話からすると電池がどこにも見つからないとか。震災の影響はまだまだ続いている模様です。

 ただ悪いニュースばかりではございません。
 お隣の台東区にある上野動物園でパンダの公開が4月1日から始まり、どこもパンダフィーバーが起こっていました。動物園がある上野周辺の菓子屋さんなどでパンダ一色なのはもちろん、秋葉原のヨドバシカメラまでパンダ色に。
 どこのお店も節電対策で照明が暗い中、一層元気な呼び込みの声やパンダブームの復活で、明るい兆しが見えるようです。

 日常というものは常に昨日からの続きであって、急に終わったりするものではありません。明日いきなりすべてが解決しない代わりに、今日行った事は必ず明日に続くものだと考えます。
 私は多くの人の力を信じます。 
 共に手を取り合って続く明日に向かえれば、必ず大丈夫と心から言える日が来るのではないでしょうか。

 人間の強さは知恵でも武器でもなく。
 その不死鳥の如き粘り強さにあると私は考えます。

 ゆきこ


スポンサーサイト
[ 2011/04/02 22:35 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/110-660b19da