M'sMelody 2回目

r2018063001.jpg

 大須の老舗メイドカフェ、M's Melodyさんへ行って参りました。
 時系列的には6月1日、お店の閉店が決まって直後の週末です。

「おかえりなさいませ」という挨拶の生みの親であるエムズメロディさん。
 メイドカフェ本にも紹介した位良いお店でしたので、閉店が決まってからはなんとしても訪問したくなり、名古屋へ遠征致しました。

r2018063002.jpg
オムライス(1000円)

 注文したオムライスはこのような感じ。
 その他のメニューの紹介は割愛させていただきます。

 というのも、この日のエムズメロディさんは、それはもう前回とは大違いの、お世辞にも良いものとは言えませんでした。
 閉店が決定したことでお客さんが増えることは予想出来る事態でしょうし、そうでなくても金曜日の夜なんてどこの接客業もにぎやかであるはず。

 なのに、この日におられたメイドさんはたった二人。
 これで調理と接客をこなそうというのですから、素人目にも無理だとわかります。
 案の定、見ているとメイドさんが調理室でじっくり作業ができる時間なんてほとんどありません。
 特に4人テーブルのお客さんがみんなバラバラに入店されたりしている関係で、お冷を持ってはおかえりなさいませ、ドリンクなどの簡単な料理を持ってきてはおかえりなさいませで、まったくお店が回っていませんでした。

 最初から人が少なすぎるので、もっとも大きな責任は経営者側にあるにせよ。

 他店を比較していいのかわかりませんが、おそらくこれがキュアメイドカフェなら落ち着くまで外で待っているお客様には待ってもらうでしょう。
 その他のお店でも多忙な時には少し手順を省く事はしますし、具体的にオーダーが遅れる旨やチェキの所要時間を聞く事もしているはず。
 ところがエムズメロディさんは愚直なくらい丁寧に同じ対応をされるのです。
 これを素晴らしいと評すべきか、機転が利かないと評すべきか。
 
 私は2回ほどしか利用してないので、このお店の内情は存じませんが、きっとこの『昔から続いている変わらない部分』は少なからず閉店の要因になってしまっているのではないかなと感じました。

 ちなみに私のオーダーしたチェキは1時間待っても出来上がりませんでしたので、結局手元にはありません。


【M'sMelody】
 公式サイト
 住所:名古屋市中区大須3-12-35 グッドウィルエンターテイメントデジタルモール4Bフロア


スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/1200-e7f60152