店長メモ No.010 メイド喫茶レポーター症候群

 昨今メイド喫茶に限らず多くのレポートや口コミサイトが運営されています。沢山の方の意見や経験でグルメ界隈が賑やかになる反面、全体的な利用者が増えた事で喜ばしくない光景も目に致します。

 それはレポート時におけるマナーです。

 最近は口コミサイトやレポートサイト、特に前者のメイド喫茶の記事で明らかに無断で撮影したような写真が使用されている事がしばしばあります。またメイド喫茶以外では、最初から店内撮影禁止の張り紙があるお店の店内が写真で紹介されていました。

 普通メイド喫茶ではお料理の写真がOKで店内やメイドさんの撮影厳禁がほとんどなのですが、明らかに見知らぬお客さんまで写ってしまっている店内全域などの写真が使用されていたのです。さすがにモザイクこそかかってはいましたが、それで構わないかというとそういうわけでもないでしょう。
 
 どうもレポートを書こうとすると気負ってしまう方が増えてしまうようです。ある程度公共の為という思いが強くなり、ちょっとしたジャーナリズムが生まれ、大胆な行動に走ってしまうのかもしれません。とはいえあまりにもこのような状態が続いてしまうと、今度は全面撮影禁止という事態も考えられます。当サイトも節度ある利用を心がけたいものです。

 かく言う私もレポートを始めた頃は公共心のようなものを背負ってしまい、張り切って名刺まで作った経験があります。この名刺は廃棄されるまで1枚も使われなかったのですけれども、今考えると恥ずかしいですよね。今では誰にも知られずにレポートを書く方に楽しみを見つけてしまい、名乗ろうなんて夢にも思いませんけれども。

 ちなみに老舗レポートサイトでのメイドさんの撮影は、しっかりと許可をもらっているケースがほとんどです。この場合はレポーターさんの長年の信頼があって初めて許可がいただけるものなので、許可を頂いたみなさんは胸を張ってレポートをしてください。

 個人的には「レポートを書くためにメイド喫茶へ行く」というより「メイド喫茶を楽しむついでにレポートを書く」方が結果的にメイド喫茶を楽しめると思うのですが、いかがでしょうね。


本日の当番:すずね


スポンサーサイト
[ 2011/05/15 12:38 ] コラム 旧コラム | TB(0) | CM(1)

自分も

レポ的な事をやっていますが、
はたしてどこまで写真を載せていいのか迷ったりもします。
まあ、店内の無断撮影等は絶対しませんが、
許可をもらって撮った店内や、
外観とかもらったチラシとかは載せています。
一般人として行った時の店の雰囲気が判らないとどうしようもないので、
取材申し込みとかもしません。
難しい問題ですね・・・
[ 2011/05/15 20:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/123-9d14101e