グルメハンドブック 011回目 帰りに寄るのもマチガイネッ!

 今日はメイド喫茶レポートができなかったので、それ以外のお店の開拓をする事となりました。
 前々から気になっていた、非メイド喫茶サンドウィッチ店、その名も「マチガイネッサンドウィッチズ」さんです。

r2011081401.jpg

 お店の場所は外神田3丁目8番地、萌えのれんとアイドルマスターな店内で有名なチャーハン屋『KIICHI』さんのお隣のビルの二階。
 この不思議な看板をずっと観ていて、機会があったらレポートを書きたいなと思っていたんですよ。

r2011081402.jpg

 というわけで、ついにビルに潜入。
 入ってすぐにカラフルでドルジなメニューに目が惹かれます。
 今まで私が通っていたメイド喫茶とは正反対の世界です。

 階段を上って店内に入ると……なんて表現したら良いのでしょう、戦場のようなワイルドな内装のお店に辿り着きました。
 左手に調理スペースのカウンターで、4人がけのテーブルが4卓位でしょうか。
 キャンプ地の設備をそのまま持ってきたようなテーブルと椅子が印象的な、まさに男の秘密基地!です。
 男性同士で行くのが正しい利用方法でしょう。もちろん大人数で行っても楽しめるはず。
 
 カウンターに置いてあったプロレスラーの写真は、プロレスファンのななみちゃんに教わっていたから誰かわかりました。
 ななみちゃんに付き添って武道館で観ましたから。

r2011081403.jpg
ヴィンテージ:プレーンドッグ
(ドリンクとフライドポテトがセットで700円)

 サンドウィッチといえばコンビニなどで流通している、件の伯爵を連想させる料理だと思いきや、実際はホットドッグも扱うお店のようです。
 中に挟むものはスタンダードなプレーンから、チリソース、納豆から明太子まで取り揃えているのは、そういう注文があるからなのでしょう。

 それにしてもこのパン生地の内側をこんがり焼いて食べるスタイルは、珍しいですね。
 ホットドッグと言えば外側を軽く焼いたり温めたりするだけで、スポーツ施設のホットドッグなんかその最たる例ではありますけれども、これは初めて食べるかもしれません。大き目のソーセージの歯ごたえとカリカリになったパンの食感の組み合わせがなんとも言えず美味しいものです。

 ドリンクが缶のまま提供されると言うのも、このお店ならではの演出なのかも。

r2011081404.jpg
チリライス(800円)

 それからオススメなのがこのチリライス。
 チリドッグで使われるチリソースをそのままご飯にかけるお料理です。

 こういうのは日頃から、
「これ、ご飯にかけたら美味しいはず」
 などとお行儀の悪い事を考えた事があるだけに、お店側からこうやって提供してくれるのはありがたいですね。
 味は、そうですねえ、タコライスのメキシコ版って言えば上手く伝わるでしょうか。

 あ、伝わらないですか、ごめんなさい。

 本来なら、私のようなメイド喫茶ファンがメイド喫茶の売上げに悪影響を与えてしまうのは良くない事だと思います。

 でも、ほら、たまにはホットドッグが食べたくなる時があるじゃないですか。
 そしてメイド喫茶にはホットドッグが置いてないお店が多いじゃないですか。
 コミックマーケットの帰りのホットドッグは格別に美味しいじゃないですか。

 ……ええっと、ですから今回は無罪でお願いします。


スポンサーサイト
[ 2011/08/13 20:41 ] コラム 旧コラム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/156-d45dd7ff