新妻カフェ 1回目

r2011111201.jpg

 本日は御茶ノ水女子大学の学園祭「徽音祭」にお邪魔致しました。
 私も長いことメイド喫茶レポートを書いておりますが、女子大に行ったのは初めてです。

 学園祭と言えば模擬店が定番で、全国の大学で個性的な模擬店も多いと聞きます。
 その中でも最も珍しい模擬店の一つが、この徽音祭で開催されている「新妻カフェ」でございましょう。

 ちなみに、わたくし長谷川鈴音も新妻。
 そして思った通り、ここにも新妻がいらっしゃいます。 
 私の新妻としての血が騒ぎますね。

r2011111202.jpg

 店内を含め大学内は基本的に撮影が禁止されておりますので、パンフレットを紹介しながらレポートを進めて参ります。
 
 教室を使用した新妻カフェは、入り口で新妻さんの説明を聞いてオーダーをしてから中に入ります。

 メニューの名前も新妻チック。

「ごはんにする?」
「おふろにする?」
「それともわたし?」


 中身は、「ごはん」がホットケーキとドリンク。「おふろ」はお絵かきサービス付で、「わたし」だとオマケ付というもの。
 全体的に気恥ずかしさが漂うこのイベント、恥ずかしがってはいけませんよ。

「ただいまー!」
 ドアを開ける際は、元気に挨拶をしましょう。
 ここでは恥ずかしがる事は厳禁です。

 10人ほどの新妻さんが一斉に挨拶をして、席に案内してくれます。
 事務用の机に座るところが、なんとも学生ちっくで懐かしく感じたり。

 メニューによってはパンケーキに絵を描いてくれる新妻さんを指名できますので、お気に入りを探しておくのも良いですね。

r2011111203.jpg
らぶらぶたいむ(700円)

 そんなこんなでオーダーしたメニューが到着。
 新妻さんオススメのらぶらぶタイム(700円)です。

 ドリンクとパンケーキ(お絵かき付)、特製カードと新妻の「あーん」に加え、ささやきサービスが付いています。
 さらに「ツイッターを観た」と言えば、「あーん」が二回になるオマケもあるようです。
 
r2011111204.jpg
オマケのメッセージカード。好きな呼び方で新妻さんがメガホン越しに囁いてくれます

 ささやきサービスはくじ引き形式で台詞が記載されたカードを引き、それを新妻さんが呟いてくれます。
 メガホンを耳に直当てし、割と恥ずかしがりながら呟く新妻さんに萌える旦那様もおられるのではないでしょうか。
 女子大生の新妻さんでは、メイド喫茶のメイドさんとは平均年齢において有利でしょうし。

 それから面白かったのが、先輩メイドならぬ先輩新妻と思われる方のお話でした。元々メイド喫茶通いが好きで、シャッツキステのメイドさん募集にも応募した、エリスさんファンの先輩新妻さんは、秋葉原のメイド喫茶の良いところを色々と参考にしてこの企画を考えられたとか。
 なんだか、このお話だけで料金の元を取ってしまった思いです。

 明るく、楽しく、恥ずかしがらず。新妻カフェはロールプレイングを楽しむ場としては非常に良くできているイベントでした。 

 悪いメイド喫茶の事を「模擬店レベル」と申しますが、この表現は少なくとも新妻カフェには失礼にあたりましょう。


スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/190-232835d8