東痛西腐

 今週、本部の取材の付き添いで関西に行って参りました。

 本来はメイド喫茶に行きレポートを紹介する予定でしたが、営業時間であるにもかかわらずお目当てのお店が開店していませんでした。
 テナントビル内の電灯も消えており、何がなにやらさっぱりでございます。
 仕方ないので、そのまま引き返して参りました。

 もっともそのまま帰ってくるのももったいないので、東西で何か変わった事など無いかなと探してみたのです。
 その答は、絵馬にありました。

 東の秋葉原にある神田明神には、萌えイラストが描かれた、いわゆる痛絵馬が多くあります。

r2012032502

 これは神田明神にあった絵馬です。
 とても可愛らしい女の子が描かれておりますね。

 で、これとは反対に、京都で見かけた絵馬はそれとは正反対のイケメン絵馬が沢山あったのです。

r2012032501.jpg

 ギャグマンガ日和に登場する小野妹子でしょうか。
 とてもよく描かれておられます。

 こちらは清水寺の絵馬ですが、その他に京都霊山護國神社や壬生寺などの絵馬にもカッコイイ絵馬がございました。
 絵馬だけではなく、参拝客も女性の比率が高かったですね。
 新撰組や維新志士のファンには女性が多いので、自然と憧れる維新志士を描く方が多いのでしょう。

「聖地巡礼」という言葉で表現するのであれば、歴史の方がアニメより先輩ですものね。

スポンサーサイト
[ 2012/03/25 01:28 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/244-3a4e9049