グルメハンドブック NO.001 メイドさんおにぎり

みさ01
 
 メイド喫茶という世界に触れたことで、初めて知る味が増えました。
 おにぎりの中に「ごはんですよ」を入れるなんていうのも、そのひとつ。

 おうちで作ると梅干とか、鮭とか、おかかとか、昆布くらいですけど、メイド居酒屋さんともなると色々入れるんですね。
「ごはんですよ」とか「塩辛」とか、御飯の上に乗せる物まで入れちゃうみたいで。
 店長に連れて行ってもらったLittle BSDでは、グランド・ゼロという、「何がなんだかわからないけど辛いもの」が入っていたおむすびが出てきてビックリした思い出があります。どれも濃い味付けなのに許される理由は、お酒が絡んでいるのと、あとはメイドさん(小悪魔さん)補正がかかっているからかも。家で試そうとは思わないしね。

 でも居酒屋店舗ならまだしも、喫茶店タイプでおにぎりを用意するのは難しいのです。
 元々御飯やお茶を飲むところなので「最後におにぎり」なんていう選択肢はありませんし、独特な具の流用は出来ませんし。
 お茶漬けを用意すれば鮭や昆布の派遣先が出来ますが、やっぱりのん兵衛さんの最後のオーダーなのですよね、これも。
 そう考えると、おにぎりの為だけに「ごはんですよ」を用意するのは、エライと思いますよー。

 ところでおかかのおにぎりは、個人的におかかは中に入れるより、ゴハンに混ぜてからにぎるのが美味しいと思うのですけど、外では専ら具になって入っているのが残念なところです。皆様はどちら派でしょうか?


 それでは…本日の担当は漫画喫茶で読んだ、

「オニギリの中にお茶が!」

 という料理漫画の真似をしたら残念な結果になってみんなに怒られた、みさでした。
 お茶を凍らせておにぎりに入れる時点で疑わないといけないですよね、トホホです。
スポンサーサイト
[ 2010/06/28 22:35 ] コラム 旧コラム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/27-26c6dc82