2012/06/19 に御意見を頂きました

 お便りを頂きました。
 平素よりご来店頂き、ありがとうございます。

 今回は件のひよこ家さんでの出来事について、ですね。
 頂いたメッセージは今回は非公開で参ります。

 その前に、お客様にとっては齟齬を来たしている場合もございますので、ちょっと噛み砕いてみようと思います。

 実は私、メイド喫茶の店長というのはギミック(設定)ではあるものの、アキバ系ショップの店長は実際に経験した事がございます。
 その際に部長さんから、

「欠品は極力避けなければならない」

 と再三指導されました。
 欠品と言うのは、簡単に言えば売り切れです。
 これが何故良くないかと申しますと、せっかくその商品やサービスを目的に足を運んできた御客様のご期待を裏切るからです。 

 とはいえ、流通の関係で欠品が出てくる事は仕方が無いことなのは、皆様もご存知の通りかと存じます。
 どの世界にも仕入れが大変だったり品薄だったりしますからね。 

 では、仕方なくお客様に提供が出来ない場合はどうすれば良いのでしょう。
 その問いに対して、一般的な回答としては、

・メニューから外してお客様が注文できないようにする。
・メニューから外さなくてもお客様に売り切れ、または取り扱い中止がわかるようにする。


 ハンバーガーショップで例えてみましょう。
 公式サイトにチーズバーガーがレギュラーメニューで登録されていたとします。
 お店のカウンターに設置されているメニューにも書いてあります。
 そこで試しに注文したら「本日は取り扱っておりません」とレジの担当さんに言われました。

「じゃあメニューに書かなければ良いのに」

 というのが、おそらく一般的な反応でございましょう。
 今回の出来事についての私の反応も、それと同じ物だとお考え下さい。

 それが仮に売り切れであれば仕方ない事だとは思います。
 本来はそれでも売り切れだとわかるように、ウェイトレスさんが事前に言ってくださるとか、メニューに売り切れのPOPを貼っておくとかしなければならないのでしょうが、それでも用意していた分が無くなってしまったのであれば、嬉しい悲鳴でありましょう。

 基本的には、ベストとして売り切れを起こさない、ベターとしては売り切れである事をお客様に事前に知らせておく事でしょう。

 私が怒ったのは、先のチーズバーガーの例えと同じ事が開店早々からあったからなのです。
 開店一番にお店に行ったのであれば、普通は売り切れの商品など無いはず。
 それが売切と言うのは、お店側が最初から用意をしておらず、しかもそれをお客さんに知らせる努力をしなかったと言う事になります。公式サイトにも店内にも書いてあるメニューをオーダーして、その時点でウェイトレスさんから初めて本日は売り切れですというお話を窺ったわけですから、先述した欠品時の回答2点と比べた場合、対応としてはいかがなものでしょうか。
 それも私が通い始めて7~8年経つ中、3割とか4割とか言う頻度で、です。

 さらに具体的な日時を示せ!と言われたら困るので試しに過去の記事を調べてみたら、2006年1月13日のレポートから、
「○○はやっていないと言われたので、今日は変わりに日替わりのメンチカツをオーダー」
 みたいな文章が繰り返されており、それ以前ではオーダーした物が売り切れという事はほとんど無かったようですね。

 当然ながら、すべてのお料理を常時提供しなければならない必要は無いのです。
 ホワイトボードに書いてあるときだけ提供できるとか、日替わりメニューに組み込むとか。
 手間も費用もかからない方法は、おそらくそれほど労せずに見つかるはずなのですね。

 ひよこ家さんという単語をキーワードに検索をされ当店に迷い込んだ方は、きっと前回のレポートでビックリなされた事かと思います。
 それについての私の考えが今回の記事でございますが、はたしてご納得されましたでしょうか?


スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する