ぴなふぉあ 1回目

  今月は主に秋葉原以外の遠征や、様々な出来事がきっかけで行かなくなったお店への再チャレンジ訪問を行います。
 その中の再チャレンジ第二弾は、ぴなふぉあさんです。
 
 本店に保管されていたレポートを引っ張り出してみたら、前に訪問したのは2003年の12月25日でした。
 ぴなふぉあさんがオープンしたのは2003年10月なので、できたばかりの時にお邪魔したのでしょう。
 その時に注文したのはパフェです。

 この時にウェイトレスさんがお店を出て行ったお客さんをネタに、常連さんとお話していた事があり、見ていてとても気分が悪くなったので、
「もう二度と行くか!」
 なんて当時の私は思ったものでした。

 しかし今になって考えてみて、もしかしたらあれはどちらも常連さんで、お互い知っていた仲なのかも?
 冷静に考えたら、お客さんいじりを別のお客さんがするとも思わず。
 そんなくだらない勘違いで9年も行かなかったなんて、我ながら恥ずかしく、若かったなあと。

r2012062301.jpg

 では、早速お邪魔することと致しました。
 ぴなふぉあさんの1号店は秋葉原駅昭和口を出た前にあります。
 老舗にしては珍しく「萌え萌えきゅん」なお店です。

 9年ぶりに帰宅するぴなふぉあさんは、多少の変化はあるものの、全体的にピンクで可愛い雰囲気は健在。
 前回と違ってメイドさんの応対もとっても丁寧です。

 TVで放送されているようなメイド喫茶要素を取り入れた運営をされておられます。

r2012062302.jpg
満喫セット(1800円)

 今回オーダーしたのは、メイド喫茶初心者向けのメニュー、満喫セット。

・ドリンク
・パンケーキ
・チェキ


 の三種類がセットで1800円。
 萌え萌えメニューやチェキがセットになっており、
「メイド喫茶デビューをしてみたい!」
 というお客様にはオススメのメニューですね。
 カラフルなパンケーキはチョコレートソースのお絵かきサービスもあり、文字通りメイド喫茶の世界を満喫できました。

 TVでメイド喫茶が紹介されるようになると、メイド喫茶のイメージは老舗に「多い普通の喫茶店タイプの店舗」とは離れていきました。
 しかしぴなふぉあさんはこのTVで紹介されるイメージを上手に取り込み、老舗とはいえ独自の路線を歩んでいるようです。
 それでいて「萌え萌えきゅん」なお店には珍しくチャージ料もかからないわけですから、普通の喫茶店タイプを愛用する私であっても、思わず唸ってしまいます。これなら今後も普段から巡回するルートに入れても面白いですね。

 というわけで、今回の再チャレンジレポートは大成功でした!


【関連サイト】
 ぴなふぉあ

スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/310-b988a0ab


まとめtyaiました【ぴなふぉあ 1回目】

  今月は主に秋葉原以外の遠征や、様々な出来事がきっかけで行かなくなったお店への再チャレンジ訪問を行います。 その中の再チャレンジ第二弾は、ぴなふぉあさんです。  本店に保管されていたレポートを引っ張り出してみたら、前に訪問したのは2003年の12月25日でし...
[2012/06/24 02:51] URL まとめwoネタ速neo