あきばカレー工場 1回目

r2012070801.jpg

 今月のルフィドニアは、カレーとデザートのレポートを重点的に行っております。
 カレーのレポート第二段は前々から気になっていた、あきばカレー工場さんです。

r2012070802.jpg

 あきばカレー工場さんは、JR秋葉原駅の昭和通口から出てすぐの場所にある金沢カレー系のお店です。
 八雲剣豪先生デザインのマスコット・メルちゃんや、メイドさんの呼び込みなどでご存知の方も多いかもしれませんね。 

 金沢カレーは、
・金属製のお皿で提供される
・どろっとした辛さ抑え目のカレールーをご飯が隠れるようにかけられる。
・キャベツの千切りを混ぜて食べる

 などの特徴があり、通常のカレーライスとはやや違いがあります。

 現在、秋葉原にはこの金沢カレー系のお店が急激に増えており、このあきばカレー工場さんも含めてどこも大盛況。
 これは今後金沢カレーの聖地になってしまうかも?
 
r2012070804.jpg

 外で食券を買うと、メイドさんが席に案内してくださいました。
 席はカウンター席が数席で、2Fにもあるそうです。

「お客様が美味しいロースカツカレーご注文されました!」
「新鮮なキャベツお待たせ致しました!」 

 メニュー全てに「美味しい」を、キャベツに「新鮮」を付け加えてやりとりしている店員さんを眺めつつ、ロースカツカレーを待ちます。

r2012070803.jpg
あきばロースカツカレー 並盛(750円 ランチタイムは650円)

 注文を受けてから揚げられるロースカツは、アツアツの状態にソースをかけられて提供されます。
 薄めで食べやすくサクサクとしており、カレーのルーとも相性が良いようです。

 まずは普通のカレーのように頂きます。
 これはこれで美味しいし、全部食べられそうですね。

 次にキャベツを入れて混ぜていただくと、また別の美味しさ。
 キャベツそのものがヘルシーと言うのも良いですが、この「混ぜて食べる」っていうのが楽しいです。
 これぞ金沢カレー系の醍醐味、というところでしょうか。

「美味しいカレー」「新鮮なキャベツ」に嘘偽りはありませんでしたよ。


【本日紹介した店舗のサイト】
 あきばカレー工場

スポンサーサイト
[ 2012/07/08 01:01 ] 一般のお店 カレー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/319-c8008f83