レポート No.002 東方歌宴郷 1回目

すずね02

 先日訪問したお店は東方歌宴郷さん。
 メイド喫茶ではなく、東方Projectをテーマにしたコンセプトバーです。
 ライブステージが設置されていて、料金を払うと店員さんが歌ってくれます。

 世界観ではなく東方という作品をテーマにしてしまうお店は珍しいですね。
 東方ブームは衰えることを知らず、私も先月から東方シリーズを遊んで予習をしておきました。
 著名なキャラクターはわかるようになったはずです。

 お店はヨドバシカメラの通りを練塀町方面に歩いた、第二横島ビルの2F。
 ライブ中は防音のために二重の扉になっていますが、お客さんは普通に開けて入ることが出来ます。



 システムは時間制で、お食事にはコインが必要となります。
 
 1時間コースは1000円で、コインが1枚付きます。
 3時間コースは2400円で、コインが2枚付きます。
 5時間コースは3500円で、コインが3枚付きます。

 コイン1枚でソフトドリンク又は軽食、コイン2枚で通常サイズのフード類、3枚でジャンボメニューが注文できます。
 今回の訪問では1時間コースと、フード、ドリンクを注文したので、予算は2200円でした。

 店内は東方一色で、内装はもちろん、PCとつないでいるAC用筐体が置いてあり、東方系作品が自由に遊べるようです。
 東方のさらに二次創作の東方大運動会なんかも置いてあり、ラインナップは豊富。
 またテーブルにはPCも1台設置されていて、これならチャージ料を徴収してもおかしくは無いでしょう。

 フードはコイン制の関係で全体的に割高ではあるものの、ラインナップは豊富です。
 名物に弾幕丼があり、肉は牛、豚、鳥と選べます。
 酸味のあるタレで美味しく、食べきれない程度のボリュームでした。
 世間のご主人様はコレくらいなら割と簡単に召し上がるのでしょうか?
 私はかなりギリギリです。

 肝心の店内の雰囲気は、終始常連さんのグループとスタッフさんが歓談される場面が多かったようです。
 備え付けの筐体も稼動していてグループさんが遊ばれている姿も見受けられましたが、逆にそれ以外の接客要素が概ね放置状態で、お一人で遊びに来ているお客様には給仕以外の接客がまったくされていないのにはちょっと驚きですね。

 パターン的には、
「常連さんとトーク → 常連さんとはしゃぐ → たまに来る御一人様の注文をこなす」
 というもので、関係者ではない私でさえもなんだかハラハラしてしまいます。
 初めて来たようなお客様もいらっしゃった事ですし、何か一言声をかける余裕があれば良いですね。

 というわけで、この東方ファンが集まるお店という位置の東方歌宴郷。
 二人以上のグループで行かれると遊べる要素が沢山ある反面、御一人様にはあまり向かない性格のお店かと存じます。


スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/33-6c072556