スープカレー カムイ 14回目

 季節も涼しくなり、カレーがますます美味しくなってくる秋がやって参りました!
 派遣されている当店のウェイトレスがきちんとお仕事しているかの確認も兼ねて、本日はカムイさんにお邪魔致します。

r2012100601.jpg

 この日は順天堂大学医学部博士であり腸分野のスペシャリストであられる、八尾隆史教授とのコラボ企画を実施。
 二種類のホルモンを使った「ガツカレー」が限定販売されていました。

「ガツ」というのは、いわゆるホルモンの事を言うのですね。
 先日たまたま焼き豚屋さんの前を通りかかったときに見かけた「ガツ串」という単語で初めて知りました。

r2012100602.jpg
特別限定ガツカレー + しめじ(980円)

 では、早速食べてみましょう。
 あ、ナスやニンジンから少し手前にある白いのが「ガツ」でございます。

 カレーと言えば赤身肉、いわゆる「カレー用の肉」が一般的ですが、こちらは内臓の「ミノ」と「マルチョウ」が使用され、二種類のホルモンを玉ねぎと岩塩で炒めたものがトッピングとなっているようです。

 素人目にはどちらがどちらだかわかりませんが、口に入れてみると脂がじわっと染み出る柔らかい部位だったり、はたまた歯ごたえのあるしっかりとした部位だったりと、非常に面白い食感が味わえました。
 このお店で提供されるカレーの具材は基本的には「柔らかい」が主流で、鶏肉や各種野菜などを柔らかくした処理したものはそれはそれでもちろん美味しいのですが、今回の「ガツ」は普段のカムイさんでは味わえない、面白さのある具材だったかと思います。

 個人的には・・・・・・とあるラーメン屋さんではございませんが、トッピングはダブルでお願いしたいですね。

【本日紹介した店舗のサイト】
 札幌スープカレーの店 カムイ


スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/369-00233db6