ちょい土産コンボ

 食欲の秋でございますね。

 皆様は秋葉原土産と言えば何を思い浮かべますでしょうか。
 萌え系アイテム、メイドカフェグッズ、同人ゲームや同人誌……。

 そんな中「お菓子」という選択肢はいかがでしょう?
 
 いや、結構侮れないんですよ、お菓子って。
 秋葉原らしさこそないものの、アニメやゲームが好きな身内が多くない場合には効果的なお土産となりますし、季節的にも秋から涼しくなると気温の関係で持って帰れるお菓子の数も増えますし、何より趣味も年齢も選ばないメリットがあるのです。

 そこで本日は秋葉原巡礼の際に、私が利用するお菓子ショップのコンボを紹介致します。
 アニメやゲームのお供(≒自分へのお土産)探しの参考になれば幸いです。

 ……正確に言えば秋葉原~御徒町になってしまいますが、多少は多めに見ていただければ。

r2012100801.jpg

 まずは創業30年以上の歴史を持つ秋葉原の輸入食品菓子専門店、ワタベ(FOODS SHOP WATABE)さん。

 海外の珍しい調味料や食材を扱っておられますが、オススメは海外産ポテトチップスなどのスナック菓子。
 お店に入って右手にあるコーナーの品揃えは壮観です。
 スナックコーナーの反対側にはこれまた珍しい海外のジュースもありますので、セットでお持ち帰りと言う楽しみ方も出来ます。

r2012100802.jpg
Loacker DARK NOIR

 今回は秋から冬にかけて良く買い求める、チョコレート方面を攻めてまいります。

 こちらは私のお気に入り、Loackerのダークノアーシリーズ。
 海外のお菓子には珍しく、カカオが多いビタータイプ。
 洗練したお菓子の多いイタリア産らしく、しつこくも無くそっけなくも無い、スマートな甘さが特徴的です。

 お値段は上が85円、下が100円。
 我が家ではちょっと疲れたときに食べるおやつとして常備しております。

r2012100805.jpg
プチ ペリゴール ゴールド クルミチョコ(195円)

 お次はフランス産ペリゴールのクルミチョコ。
 195円でたった3粒という高級チョコレートです。

 大きめのクルミを甘味を抑えたココアパウダーとチョコレートでコーティング。
 ビターで上品な甘味は、グルメ御用達の地方であるペリゴールの名に恥じない逸品でした。
(フランスのペリゴール地方はフォアグラやトリュフの名産地として世界的に有名です)

 チョコレートやクルミの好きな方であれば、一度はお試しくださいませ。

r2012100803.jpg

 フーズショップワタベさんを出て5~10分てくてくと歩き、御徒町へ。
 創業65周年の老舗、二木の菓子さんに向かいます。
 初代林家三平さんの「安くてどうもすみません」というフレーズをご存知の方も多いはず。
 今では数多くの支店を展開中ながら、オススメはやっぱりアメ横の本店(ビック館&第一営業所の二店舗)となりましょうか。

 こちらはワタベさんとは正反対の、海外産の「甘い物」を得意としており、チョコレートやクッキーの品揃えはかなりのもの。
 また和風なお菓子やおつまみや駄菓子類も充実しているので、ご年配からお子様まで幅広い年齢層へのお土産にも困りません。
 一部の商品を除けばワタベさんと商品がかぶることが少ないので、二店舗を梯子してもそれほど被らないのが嬉しいところ。 

r2012100804.jpg
リンツ クレスタバー&ウェハーバー(180円)

 二木の菓子は甘い系お菓子が充実しているので何を選ぶか迷いますが・・・。
 ハーシーズやリンツ等の比較的メジャーな銘柄がオススメでしょうか。
 どれも種類が多いので、気に入ったものをいくつか買い求めて試してみる面白さがあるお店です。

 煎餅や豆菓子なども充実しているので、輸入菓子はワタベさんで、国内菓子は二木の菓子で、とテーマを決めても面白そうですね。

 ちなみにルフィドニア的なオススメコンボは……、

・秋葉原で漫画やゲームを買う
・ワタベさんで輸入菓子や輸入ジュースを買う
・二木の菓子さんで輸入菓子や和風菓子を買う
・家でゴロゴロしながら買ってきたお菓子を食べたりゲームで遊んだりする


 そんなインドアで楽しい休日を過ごすのです!



【本日紹介した店舗のサイト】
 FOODS SHOP WATABE
 二木の菓子




スポンサーサイト
[ 2012/10/08 20:50 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/371-780ae604