CURE MAID CAFE 9回目

r2012120201.jpg

 フードがメインのお店へお邪魔した後には、甘いものが食べたいところ。
 とはいえ、最近めっきり寒くなり、パフェはちょっと遠慮したいな。

 ・・・・・・という時には、キュアメイドカフェさんがオススメ。

 キュアメイドカフェさんでは温かい紅茶とイングリッシュタイプのスコーンが食べられます。
 この「イングリッシュ系」というのがポイント。
 なぜなら、多くのメイドカフェでは具のあるしっかりした記事のアメリカタイプのスコーンしか置いていないからです。

r2012120202.jpg
気まぐれスコーン & ロシアンティー ニルギリ(セットで850円)

 では、早速ふかふかスコーンを注文しましょう。
 メイドさんのオススメで、この日は11月限定メニューの紅茶入りスコーンと、ロシアンティーをオーダーしました。
 ロシアンティーは、こちらもメイドさんオススメのニルギリとローズジャムをチョイスしております。

 ジャムを少し口に含み、口の中で広がらせてから紅茶をグイっと飲むのがロシアンティー。
 カクテルで言えば「ニコラシカ」に近いものがありますね。
 甘くて香り高いジャムを生かすには、紅茶に入れるより口の中でご対面させたほうが良いのでしょう。

 限定スコーンはどちらも味が違い、それぞれダージリンとアールグレイが入っている模様。
 似ている外見とは正反対に、味わいはどちらも大きく違っていました。
 また食べたいですけど、限定メニューなのでもう味わえないのが残念です。

 それにしても、こと紅茶に関しては味もボリュームもキュアメイドカフェを超えるお店は未だ現れませんね。
 450円でコップ二杯強は飲めるポットで提供されるお店は、後にも先にもキュアメイドさんだけでしょう。

 寒い季節、暖かい部屋でホットティーと温かいスコーン。
 850円で味わえる世界としては、これほど上等なものも無いのではないでしょうか。


【本日紹介した店舗のサイト】
 CURE MAID CAFE


スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/395-d23f9737