憧れの味を目指して

 先週の事です。
 秋葉原にあるスープカレー屋さんに行く事ができなかったので、自宅で挑戦してみることにしました。

 見様見真似ながら、スープはレトルトがあるしなんとかなるかもと思って始め……、

r2012121501.jpg
ルフィドニア風スープカレー(Priceless)

 ……実際に食べられるまで、3時間くらいかかってしまいました。

 初めて作る豆腐ハンバーグが一番の難関だったようです。
 普段気軽に食べに行っているスープカレーの仕込がこれだけ大変だったとは・・・。
(オクラなどは下に沈んでいて写っていませんが、オリジナルと同じ野菜は入っています)
 
 肝心の味はそこそこの評価をいただいたものの、見栄え的にはまだしも具材ひとつとっても雑でとてもオリジナルに近いものではありませんでした。
 とりわけレトルトのスープカレーでは、スパイスを調合した本物とは月とスッポンでしたね。

 とはいえこういう挑戦をするとプロの技術がいかに高いものかがわかり、良い経験になったのではないかなと思います。

スポンサーサイト
[ 2012/12/15 18:18 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/400-de22af98