ぴなふぉあ ラビリント店 1回目

r2013051201.jpg

 お話は昨日から続いております。
 メイド喫茶愛好家の集い終了後に出演者様が御給仕されておられるお店に興味を持ち、ぴなふぉあのラビリント店にお邪魔致しました。
 
 ラビリント店はチャージ料(席料)として500円かかるので今まで訪問した事はありませんでしたが、せっかくイベントで素敵なメイドさんが出演されておられたのでこれを機会に体験してみようかなと思った次第でございます。

r2013051202.jpg

 大通りにあるラビリント店はビルの2Fにあり、可愛らしく装飾された階段で向かいます。
 ぴなふぉあさんは系列通じてこのように装飾に力を入れておられ、店内の内装もこれに負けないくらい可愛く賑やかになっております。

 店内はカウンター席がメインで、店内の端っこに小さなスタンド型のテーブル座席があります。
 チャージ料はカウンターが500円、テーブルが300円。
 このお店に関しては、メイドさんが常駐されているカウンターに座った方が断然オトクでしょう。

 細長い店内はモニターが2台あり、TVやDVDなどを観ながら過ごす事が出来ます。
 これを「賑やかで良いと」とるか「落ち着かない」ととるかで個人差が出そうです。

r2013051203.jpg
オムライス(1000円)

 それでは早速初オーダーと参りましょう。

 まずはメイドカフェといえばこの一品、オムライスです。
 この日はドリンクとセットでオーダーすればチェキが無料でしたので、アイスコーヒー(700円)も頼んでいます。
 チェキの相場は500円前後ですので、これだけでチャージ料の元が取れてしまった感覚でしょうか。

r2013051204.jpg
クマさんのクレープ(950円)

 ラビリント店は可愛らしいパフェ類をはじめデザートが非常に充実しており、このパフェを制覇するだけでも通う価値があるお店だと思われるくらい。
 迷いに迷い、メイドさんがオススメされる今月の限定メニュー「クマさんのクレープ」を選んでみます。

 フルーツとアイスと、クマさんのクレープにはブルーベリーアイスが包まれていて、ボリュームは抜群。
 甘い物が好きな私でさえも、ワンプレートで満足できる食べ応えでした。

 また、カウンターのメイドさんは、DVDを観せてくれたり、プライベートのチェキを見せてくれたりと、まさに至れり尽くせりのサービスで、500円のチャージ料で良いのだろうか?と、こちらが恐縮してしまうほどの接客を体験しました。



 ・・・さすが、今年で10周年という歴史は伊達ではありませんでしたね。



【本日紹介した店舗のサイト】
 ぴなふぉあ




スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/469-d87dfd8d