英国メイドさん協会様より御意見を承りました

 前回の記事で、店内における撮影マナーについてお話を致しました。
 その際にJAM AKIHABARAさんの担当者を名乗る方から御意見を頂きましたので御報告致します。

英国メイドさん協会の担当者様より頂いた御意見

 かなりの暴言を賜っておりますが、お読み頂いた中には、論点が最初から最後までずっとズレておられる事にお気づきになった方もおられるかもしれません。私はあくまでもマナーについてのお話だったのですが、担当者様を名乗る方は御自分の担当されたイベントの悪口を言われたと思われていたようです。
 早い話が、勘違いで罵声を浴びせられたわけですね。

 しかしながら、御意見の内容がややJAMさんの理念と反している事に違和感を感じたのと、私のフォロワーさんの中に、
「ルフィドニアさんがJAMさんと喧嘩をしているらしい」
 と思われる方がおられた事もあり、JAM AKIHABARAさん御本人にお便りを出す事と相成りました。

 JAMさんからは・・・。

 御意見を下さったまぁるさんは英国メイドさん協会に所属されているイベント担当者(香港Cafe Matsuriとのコラボイベント)に過ぎず、JAMさんのスタッフではないとの事。
 また、まぁるさんが関係者を名乗りそのような行動に出ている事自体に憤りを感じられている事。
 そしてJAMさんに直接の雇用責任は無いものの、結果的に勘違いで私に御迷惑をおかけしました事に対し深くお詫びすると共に、該当する方とのお付き合いも含め今後はキチンと対処してくださるとの事。


 ・・・と、大変誠実なお返事を頂きました。
 ルフィドニアの見解としては、どちらかといえば勝手に名乗られたJAMさんはむしろ被害者の立場だと思っておりますので、本件の責任は無いと思いますし、むしろ今回の件でJAMさんにはさらなる信頼を感じました。

 これでお客様にも、JAMさんと口論をしたわけではない事を知っていただく良い機会となったとなりましたでしょうか。
 ルフィドニアは今後もJAMさんを微力ながらも応援し、今まで通りお邪魔したいと思います。

 

 ちなみに、英国メイドさん協会さんもしくは担当者の方からは、今に至るまで謝罪の言葉を頂いておりません。
 私も出来るだけ内々に済ませようとここ数日に渡ってJAMさんを介してお便りを出していたのですが、
「謝罪するつもりは無く、席を用意するからそっちが会いに来い」
 という姿勢を崩されないようですので、これをもってこの件をクローズとし、公開を致しました。

 それにしても、このやりとりを第三者が見聞きした場合、はたして「英国」や「メイド」という単語に良いイメージを持たれるのでしょうか。
 それとも勘違いで起こした出来事については謝らないのが英国式なのでしょうか。
 こちらに非があるのならばまだしも、仮にもお客さんとしてお店を利用する人間に対して罵声を浴び、自分は悪くない、お客さんがこっちに来い、と言う理論が接客業の世界でありえることなのでしょうか。
 1人の軽はずみな行動が業界全体の価値やイメージを崩す事になる事を心に留めていただけたらなと存じます。 

 今回はお客様にとってやや刺々しい内容となってしまいましたが、御容赦くださいませ。

 JAM AKIHABARAさんのレポートは、この一件が穏便に解決し次第、再開致します。


スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/486-3fe38ae4