ユメシナ 1回目

 6月21日。
 月夜のサアカスさんがあった跡地に、新店舗ユメシナさんがオープンしました。
 ちょっとしたデザートが食べたかったのと、開店して一ヶ月でそろそろ落ち着いたかな?というのとで、お邪魔致します。

r2013072001.jpg

 店内は広い空間を感じる内装。
 前のお店であった本棚なども撤去され、スッキリとしていて落ち着けるお店のようです。
 ウェイトレスさんは可愛らしい制服を着用。メイドカフェなのか、アリス系カフェなのか、詳しい方の御意見をお伺いしたいところです。

 この日は自宅でメニュー表を見たときから気になっていたことがあったので、思わず質問。

「トライフルって何ですか?」

『ありあわせ』を意味するこのデザートは、スポンジケーキやフルーツを使用したイギリスのデザートだとか。
 食べた記憶が無いので、今回はこちらに挑戦致します。

r2013072002.jpg
アイスコーヒー(650円)

 それでは、待っている間にアイスコーヒーを。
 これがユメシナさんに来て初めて口にするお料理で、これがカフェに対する第一印象となるわけですが。

 ・・・・・・あ。

 これが、美味しいですよ。 
「ウチは紅茶に力を入れてるんですよ」
 というお店の多くが珈琲を割と適当に作っている中、不意を衝かれた味でした。
 結構力を入れて珈琲を作られているのでしょうか。

 珈琲党としては嬉しい不意打ちです。

r2013072003.jpg
トライフル(750円)

 珈琲に感激しているうちに、トライフルも到着。
「ありあわせ」という単語とは似ても似つかない逸品が登場しました。

 初めて食べるトライフルは、
「パフェとケーキのハイブリッドかな?」
 という印象でした。

 しっとりしたスポンジを開拓する美味しさはパフェのものですし、中のデザートを味わうのはケーキに近いものがありますし、なんとも不思議で美味しいものでした。
 またこの量も絶妙で、
「もう少し食べたいな」
 位で終わってしまうんですよ。

 そうそう遠くない未来に、デザートをおかわりする時が来るのではないかと思いました。


 これならばフード類でも期待が持てそうなお店です。
 普段使いにも適していそうで、例えばお友達に
「秋葉原で美味しいお店へ連れていって」
 と言われたら、おそらくユメシナさんを紹介するのが、今後正解のひとつとなるでしょう。


 次回はもう少しお腹を空かせてお邪魔致しますね。



【本日紹介した店舗のサイト】
 ユメシナ




スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/504-cb48cbff