ロイヤルオムランブル 結果発表

 というわけで、ちょっと早いですが今週行われたオムライス強化レポート特集も、これでおしまい。
 毎週1回、もしくは2回オムライスを食べる日々が続き、さすがに今年分のオムライスは全部食べたように思えますが。
 
 せっかくなので、このオムライス同士の戦い(?)に決着をつけましょう。
 三ツ星システムで食べたオムライスを紹介したいと思います。

 大切なのは、まずは味。
 それから値段。
 メイドさんの画才を評価する芸術点(題材はすべて「うさぎ」で統一しています)。
 最後にオマケや要素など、それ以外に特筆すべき要素を褒めるスペシャリティ。

 ☆=星ひとつで平均点で勝負! です。

 とはいってもお遊びの範疇なので、あまり深いことを考えずお読みくださいませ。

r2013092301.jpg
JAM AKIHABARA
味:☆☆★
値段:☆☆★
芸術点:☆☆★
スペシャリティ::☆☆★
平均点:2

 まずは現存するメイドカフェの中で、もっとも萌え萌えオムライスのスタンダードだと思われるJAMアキハバラさん。
 今回の企画のために、わざわざウサギの絵を描いてもらうだけの訪問をしてまいりました。
(確かこのレポートと写真は初公開だったはず?)

 企画開始が遅れてしまい、日付がちょっと古いのはご愛嬌ということで。

 長くメイドカフェへ通われているご主人様お嬢様の中でもっとも有名なオムライスが、おそらくJAMさんのものでしょう。
 味、値段ともに平均点をキープしており、メイドさんのお絵かきも手馴れています。
 また、付け合せのポテトサラダも個人的に嬉しいおまけで、スペシャリティも及第点をクリア。

「メイドカフェでオムライスを食べたいけれど、どこで食べたら良い?」

 当店でこのような質問を受け付けた場合、老舗の中ではJAMさんをオススメしています。

r2013092302.jpg
めいどりーみん 秋葉原 せかんど店
味:☆★★
値段:☆★★
芸術点:☆☆★
スペシャリティ::☆☆★
平均点:1.5

「No.1 メイド喫茶宣言」と可愛らしいテーマソング、お台場店のオープンなどでお馴染みのめいどりーみんさん。
 オムライスはハートマークの器とデミグラスソースがかかっているのがポイント。
 ホワイトソースがかかっているバージョンも選べます。
 
r2013092303.jpg
@ほぉーむカフェ 本店6F店
味:☆☆★
値段:☆★★
芸術点:☆☆★
スペシャリティ::☆☆☆
平均点:2

 おそらくは海外のお客様からもっとも高い知名度を誇っているであろう、@ほぉーむさん。
 オムライス(ひよこさんライス)はナゲットやマカロニサラダも入っており、可愛らしいプレートで提供されます。

 味も非常に良いのに加え、英語や中国語のメニューが用意されている国際性がこのお店の強み(スペシャリティ)でしょう。

r2013092305.jpg
Honey Honey 秋葉原
味:☆☆☆
値段:☆☆☆
芸術点:☆☆★
スペシャリティ::☆☆★
平均点:2.5

 そしてなんと今回チャンピオンが同率1位で2店舗存在します。
 まずは、HoneyHoney秋葉原さん。

 新興勢力としてはオムライスの最優秀店舗であり、今回の本命であったハニハニさんがチャンピオンとなりました。
 美味しいオムライスが880円という、メイドカフェとしては手軽な値段で味わえるこちらのオムライスは味も値段も堂々の三ツ星。
 この価格帯でもなお、セットドリンク割引が適用されるお店など、HoneyHoneyさんの他には滅多に無いと思います。
(他に考えられるのは、グランヴァニアさんくらいでしょうか?)

 ランチとしてのオムライスの王者は、ハニハニさんで決まりでしょう。

r2013092304.jpg
エターナル弐号店
味:☆☆☆
値段:☆★★
芸術点:☆☆☆ 
スペシャリティ::☆☆☆
平均点:2.5

 そしてその「大本命」に追いつき、同率王者となったのがエターナル弐号店さん。

 時間チャージ制という、当店の評価基準ではとても不利な立場だったのにもかかわらず、
「メイドさんが目の前で作る」
「オムライスを作ったメイドさんがその場でハイレベルなお絵かきをする」
 という、コンセプトカフェらしい魅力の一点突破で同率1位の座を勝ち取りました。

 そりゃあ、注文を受け付けたメイドさんがまな板出して玉葱切ってご飯を炒め始めたら、お客さんとしては嬉しいでしょう。
 イラスト部門でも見事にオチをつけてくださいましたしね。
 ハニハニさんがランチ部門の王者であれば、エターナル弐号店さんはディナー部門の王者と言えるのではないでしょうか。

 

 全体的に食べ歩いてみて気が付いたのが、いかにもレンチンオムライスが激減したことです。
 昔は冷凍オムライスを温めただけで1000円1500円も珍しくありませんでしたが、最近はメイドカフェ業界の料理レベルが上がり、何かしら工夫をしたオムライスが出てくるようになりました。 数年前にメイド喫茶巡りを止めてしまった、という方も、たまにはメイドカフェに立ち寄られてみると、同じお店でも新たな発見があるのではないかなと思いました。

 というわけで、オムライスを集中的に紹介した今月のレポートはいかがでしたか? 
 秋葉原のメイドカフェやコンセプトカフェにはオムライスを提供してくれるお店が沢山ありますので、ご自分だけのお気に入りのお店を探してみるのも面白いですよ。


【本日紹介したオムライスは下記の店舗で食べることが出来ます】
 JAM AKIHABARA
 めいどりーみん せかんど
 @ほぉーむカフェ
 Honey Honey 秋葉原店
 エターナル弐号店

 *お絵かきは絵を担当するメイドさんの画才によるところもあるので、ご了承くださいませ。


スポンサーサイト
[ 2013/09/23 13:32 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/530-d600ab4d