ぴなふぉあ ラビリント店 2回目

 もはやメイドカフェの老舗と言っても良いぴなふぉあさん。
 かつて「電車男」のロケ地となったこのお店は、今年でなんと10周年を迎えられます。
 盛衰激しいメイドカフェ業界で10周年を迎えるお店は珍しく、秋葉原でも片手で数えるほどしかありません。

r2013100601.jpg

 というわけで、本日はぴなふぉあラビリント店にお邪魔致します。
 ラビリント店さんは電気街の大通りにあるので、一番見つけやすいお店です。

 可愛らしい階段を上って2階へ。
 店内はいつも通りのピンクの壁紙を貴重とした可愛らしい内装。
 ただこの日は10周年記念イベントを目前にしてか、イベントに因んだPOPやメニューが用意されていました。

 今日はオムライスを食べに来たのですが・・・10周年限定セットを頼んでみましょうか。

r2013100602.jpg
10周年限定セット
牛タタキ丼、ドリンク、ポストカード1枚、撮り置きチェキ1枚、メッセージ付ラミカード2枚
(2500円 +500円のチャージ料)

 限定メニューはフード又はデザートとドリンクセットをベースに、色々なアイテムがもらえるセットでした。
 2500円と言うと昼食としてはややお高めかなと思いきや、こちらが恐縮してしまうくらいのお土産が付いてくるので、お得感があります。
 メイドさんの人気投票用紙もついてくるので、お気に入りのメイドさんを応援する良いチャンスですね。

 さて、肝心の牛タタキ丼ですが、これも今まで食べたぴなふぉあさんのフードの中で会心の一撃となった味わい。
 牛のタタキ単品でもさることながら、半熟卵を混ぜてみるとこれがもう美味しいのなんの!でございました。

 本当に最近のメイド喫茶は料理の質が上がってます。

r2013100603.jpg
ひよこパフェ(1000円)

 そしてぴなふぉあさんといえば可愛らしいデザートで有名です。
 今日は一番人気という、にわとりさんとひよこさんの親子パフェを注文してみました。

 メイドさん手作りの特製パフェ、食べるのがもったいないくらいですね。

 パフェを食べている間もメイドさんのトークやイベントについてのお話などで、店内は笑いのオーラが絶えませんでした。
 食事やデザートの他に、明るく楽しい雰囲気もぴなふぉあさんの特徴です。

 チャージ料がかかる分「万人向けのお店」とは言えないものの、ぴなふぉあのメイドさんからは常に「お客さんに楽しんでもらおう」というオーラと言うか心意気を感じるので、人にオススメしやすいお店だと思います。
 10年続けられるのも、それだけの魅力があると言う証拠なのでしょう。


【本日紹介した店舗のサイト】
 ぴなふぉあ




スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/533-a1780e82