アキバ大好き! 祭り 2014Winter

r2014011201.jpg

 1月11~12日、ベルサール秋葉原でアキバ大好き!祭が開催されています。
 今回も運良く秋葉原へ行く事が出来たので、お邪魔致しました。

r2014011202.jpg

『アキバ大好き! 祭』とは、秋葉原で盛んな技術や文化、具体的には電子製品からアニメ、メイドなど様々な「秋葉原の特色」を集め、みんなで楽しんでいこう、というイベントです。地域活性化と書くとお役所的な重たいイメージがございますが、外国のお客さまをはじめ秋葉原に詳しくない方が立ち寄られても面白いイベントとなっています。

r2014011203.jpg

 今回は以前よりも参加団体の幅が広がり、見る楽しみが増えました。
 なんと陸上自衛隊も出展。
 最新式主力戦車「10式戦車」のPVや、制服や鞄の試着体験などが楽しめます。

 その中でも当サイト的には、ミリメシ(カンメシ:戦闘糧食)が気になりました。
 一般の食品メーカーに発注しているので、かなり美味しいのだそうです。

r2014011204.jpg

 こちらは巨大なプラレールの展示エリア。
 個人レベルではまず作れないような、模型にも強い街秋葉原らしい展示品です。
 来場されていた沢山のお子様が大喜びで写真を撮られていましたっけ。

 新幹線と夢の国へのモノレールが並走するというのも、プラレールならではの趣向ですね。

r2014011205.jpg

 万世橋駅を再利用したmAAch(マーチ エキュート)も出展。
 万世橋に関する書籍の販売をされています。

r2014011206.jpg

 マーチエキュートさんでは、昨年12月から万世橋駅どら焼きの販売を開始されました。
 和菓子の老舗、麻布青野総本舗さんのどら焼きに、万世橋駅で使用されていたスタンプを焼印したものです。

 実際の駅スタンプを焼印したというのが面白いです。
 秋葉原の新たな名物になれば良いですね。

r2014011207.jpg

 そして今回一番驚いたのが、地下1Fで見学できる3Dプリンター。
 存在は話に聞いていたものの、実物を見るのがこれが初めてです。

r2014011208.jpg

 目の前でプリンターから立体感のある物が次々出来ていくというのを間近で見られるとは。
 未来って、意外と近くにあったんですねえ。

 会場にお越しの際は、是非とも地下1Fもご覧ください。

r2014011209.jpg
万世橋駅どら焼き(1個250円)

 で、こちらが会場で購入したどら焼きです。

 1個250円。
 5個以上の購入で、万世橋のデコチョコがもらえます。

 北海道産の小豆をふんだんに使用した、優しい甘さの逸品でした。 
 


 アキバ大好き! 祭りも回数が増えていくうちに洗練され、物品即売会ではなく体験できる楽しみが増えたイベントになってきたように思えます。
 その半面、催し物以外の要素であるキッチンカーの扱いが年々冷遇されているようです。
 食事ができる席も無くすべてが立食スタイル、食事に関してはお子様連れのお客様が利用しにくいのではないかなと感じました。


【アキバ大好き!祭り】
 アキバ大好き!祭り公式サイト



スポンサーサイト
[ 2014/01/12 09:00 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/568-ef08f612