加古川名物のカツめしを食べてきました

r2014040601.jpg

 今週は本店の都合で、関西方面へ研修旅行へ行って参りました。

 こちらは姫路城。
 大天守は修復作業中の為に桜との組み合わせが悪かったので、今回は西の丸から外をのぞいた写真を紹介致します。 
 桜吹雪が舞う姫路城は幻想的で美しく、世界遺産の栄冠はダテではありませんでした。
 
 しかしながら、お城と桜を眺めてもお腹は膨れず、せっかくなので姫路らしいものを食べに行こうという事になり、現地の方がおススメする加古川ご当地グルメ「かつめし」を食べさせてくれるお店に参ります。

r2014040602.jpg
豚かつめし(750円)

 現地の方のお話ですと、かつめしの定義は以下の通り。

・薄く広げたご飯の上にカツ(基本は牛、豚やメンチカツでも可)を乗せる。
・その上にデミグラスソースをかける。
・茹でキャベツをつけあわせにする。


 案内されたお店は姫路駅内にある喫茶店。
 カウンター席のみで昼はかつめし、夜はお酒を提供されているようです。

 トンカツは注文を受けてから揚げはじめ、サクサクの状態。
 濃いめのデミグラス(普通はもう少し薄めの味だとか)を絡めながら食べると、サクサクほっこり美味しゅうございました。

 お店の名前を記録しておかなかったのが本当に残念でしたね。


スポンサーサイト
[ 2014/04/06 12:43 ] 一般のお店 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/595-5a6ef951