C86 夏のコミックマーケットで買った本色々 Vol.4




ザ・同人メイド喫茶評論本2(M.A.I.D.)

 メイドカフェの評論を集めた同人誌。
 女性のお客様、いわゆるお嬢様による一人メイド喫茶体験談やメイド整体リフレについてなど、
「自分以外にこんな不安を持っているのだろうか?」
 などと、なかなか他の方に聞きにくいお話などが収録されています
 また各作品共、文字数をスッキリとまとめている事もあり非常に読みやすい一冊でした。
 ダラダラと続く評論は1ページ目から疲れてしまうケースが多いので、これは良いポイントだと思います。

 気になる点はタイトルでしょうか?

 全ては目次を読まない私の責任なんですけど、最後の最後で急に小説が始まったのに気づきませんでした。
「数奇な運命の方もおられるのですね-。」
 と、収録されていたフィクションのお話をしばらく実話のつもりで読んでしまっていました。

 評論、体験談、小説と、魅力的な内容が収録されていたので、『メイド喫茶ファンブック』みたいなタイトルですと、また違った印象になったのではないかと思います。


隠れ家メイドバー・地方のメイドカフェ(まっきーのメイドバーレポート)

 うんがろびーさんの可愛いイラストが目を惹く、メイドカフェのレポート本。
 その名の通り、隠れ家的なメイドバーや地方のメイドカフェを紹介されています。

 その収録店舗は、まさに看板に偽りなし。
 私も多くのお店へ行った事がありますが、それでも知らないお店ばかりでした。
 初めて知るお店でも、レポートから魅力を感じる興味深いカフェやバーが沢山ありますね。
 福岡の不思議博物館、ちょっと行ってみたいです。


メイド喫茶でランデブー Vol.9(純情キャリコ)

 純情キャリコさんの新作メイド喫茶本です。
 表紙は和装メイドさん。
 イラストと違い実写は色々と制約があると思われますが、こちらのサークルさんはいつも素敵な実写版の表紙をデザインされていますね。
 
 さて、VOL.9では、北海道、横浜、千葉、八王子、立川、福岡など、幅広いエリアのお店を、可愛いイラストと共に紹介されています。
 各店の紹介文や制服もお店を良く見られてレポートを描かれておられます。

 とりわけ、LCCを利用して一泊二日で全部回られたという北海道のお店の記事が充実していました。
 その精神力と行動力は、当店も見習いたいものです。
(私は3軒ハシゴが限界ですね。)


たとえ全てが虚構だったとしても(メイド喫茶データバンク)

 2024年にメイドカフェファンが集まって座談会を開く、という設定の架空対談本。
 2014年から10年間の間に何が起こったか語りながら(全部フィクションですけどね)これから先のメイドカフェ業界を思う作品です。
 私自身座談会本(発作的座談会シリーズ等ですね)が好きなのと、10年後と言う時代設定が面白いので購入してみました。

 現在のメイド業界にも通じる結構キツい発言を書かれていながらも、未来については割と堅実な予想になっていましたね。
 もうちょっと冒険されても多分大丈夫だと思います。

スポンサーサイト
[ 2014/08/22 22:00 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/641-8b12ed45