工大祭2014 メイドカフェ ~宇宙カフェ~

r2014101201.jpg

 昨日に引き続き、東京工業大学にて本日12日まで開催している2014年工大祭のレポートです。
 いつぞや出かけたお茶の水女子大をはじめ、最近では模擬店にメイドカフェの名前が並ぶことがあるようです。
 この工大祭でもあるというので、帰宅して参りました。

 店内に案内されると、まず驚くのはその客層。
 色だけ統一されているのか、それぞれバラバラな黒のメイド服に身を包んだメイドさんが給仕をされているお客様は、お子様を釣れたご家族や現役の大学生、東工大を受験されるであろう高校生や、はたまたご年配の方々まで。
 メイドカフェだからと値段が高いわけでもなく、本館と言うアクセスの良さと座れてゆっくりできるのが選ばれる理由なのでしょうか。

「いつも世話になってるんだから今回はアタシが払うよ。」

 などと、おばあさん同士で萌え萌えパンケーキの清算担当を決めている姿などは、秋葉原では見かけませんね。

r2014101202.jpg
ホットケーキ アルビレオ(ドリンク付 600円)

 さて、宇宙カフェという名前だけあって、ここでは惑星や星にちなんだメニュー(パンケーキやカクテル)が名物となっているようです。
 パンケーキの大きさは4種類ほどあり、こちらもそれぞれ名前がついている様子です。

 サイズと形が気に入ったので、私はアルビレオ(白鳥座を構成する二重星)をオーダー。
 二重星にあやかって、2個分の星型ホットケーキがやってきました。
 さきほどのポスターによると、女子による手作りホットケーキだとか。

「よっしゃー、俺アルビレオの焼き方のコツ掴んじゃったみたい!」

 と男性の太い声が調理スペースから聞こえる理由は、きっと私が疲れているからに違いありません。

 とはいえ男性担当さんの名誉の為に言っておきますと、このホットケーキはとても美味しいです。
 一番おいしいに決まっている焼き立てを提供してくれているので、このホットケーキ単品だけ取ったら、冷凍パンケーキをレンジで温めるタイプが主体の普通のメイドカフェのレベルを大きく上回るでしょう。これに勝てるお店はパンケーキを売りにしている専門的なカフェ位でしょうか。

 これならむしろメイドさんじゃなくて、この男性の方にバンバン焼いてほしいものですね。



 余談ですが、12日に工大祭へ行かれる方は是非ともメニューにあるスタッフ紹介をご覧ください。
 実験やフィールドワークをしている写真を紹介している理系メイドさんらしい自己紹介ページはもちろん、男性スタッフのページが秀逸です。

 それぞれ惑星をバックにして一言コメントをしているのですが、
「母なる地球をやさしく見守る、そう、私はポセイドン・・・。」
 みたいな、素敵なポーズとコメントが銀河系サイズで、色々と耐えるのが大変でした。
 
【東京工業大学 工大祭公式サイト】
 工大祭公式サイト
(宇宙カフェは本館1階H112室で運営されています。)


スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/657-440ba265