メドイサービス考 009回 諸刃のシステム 時間制



 誤主人様とお店の間で起こったトラブルが繰り返された末に生まれたのが、時間制とワンオーダー制度。

 お店をやっているんだから、注文してね。
 あまりずっといないでね。

 後者はともかく、喫茶店であるのにも関わらずこんな注意書きをしなきゃいけないのも大変だよね。
 でも注意書きがあるってことは、きっと注文しないで居座った誤主人様がいたわけで。

 制限時間は60分、75分、90分、みたいな設定になっているみたい。
 あとは60分毎にチャージ料金を取るお店もあり、こちらだとお金さえ払えば何時間でもOKになってますね。

 でね、この時間制度はお店としては確かに便利なの。
 お客さんの回転率も大まかに計算できるし、居座られる事もないし。

 でも、気になる事がちょっとあるんだ。

 まず、のんびりできるはずの喫茶店なのに、時間制度を設けて良いの? という点。
 普通の喫茶店では1時間いても平気なのに、こちらは喫茶店より高いのに早く追い出されちゃう。
 もっとも、これはさっき書いたトラブルが元だから、しょうがないかな。

 ただ、お店側として60分なら60分以内できちんと楽しんでもらう努力ができてないお店が、最近多いんだよ~。
 例えば60分制なら、60分以内で御主人様はパスタを食べて、ドリンクを飲んで、ケーキを食べて、チェキをして、寛いで、帰るわけだよね?
 でもこの60分と言う時間は、具体的に何を基準に決めたのかな?
 御主人様がフルコース的なメニューを注文して、のんびり一服したらどれくらいかかるか、計算しているのかな?

 それから一番困るのは、メイドさんがオーダーを持ってくる時間なの。
 極端な話、60分制なのに59分でコーヒーを持ってこられても1分じゃ飲めないじゃない?ってこと。
 3分とか5分とか、そんな早く無くていいからオーダーはサッサと持ってこないといけないんだよ、時間制ならね。
 最近は、これが出来てないお店が多い気がするなあ。
 
 ここには書いてないレポートを参考にすると「うさぎの森」さんは、オーダーがまともにできないうさぎさんが端末の使い方がわからずに何度も厨房に戻って、注文したメニューが来たのが制限時間終了15分前位だったよ。
 食べている間に「そろそろご帰宅です」って言われて、事情を話しても聞いてもらえなかったのが残念でした。
 あとは「東方歌宴郷」さんは60分制なのに、お料理が来たのが40分後くらいだったかな。
 こっちは食べられたけど、これはさすがに困っちゃうよね?
 
 喫茶店側がスムーズな回転率を目標に設定したシステムなんだから、御主人様にもスムーズに楽しんでいただける努力が必要だと思うな。
 じゃないと、お店に協力的な御主人様や御嬢様が離れちゃうよ。

 ひかる

スポンサーサイト
[ 2010/08/30 22:36 ] コラム 旧コラム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/66-07e6ee1b