メドイサービス考 012回 箱か中身か



 とあるお店のお話です。

 そのお店はファンからも将来を有望され、最初はお客さんが絶えませんでした。
 閉店してしまった別のお店のメイドさんが勤められていたから、御主人様からの信頼が強かったのです。

 ところが主力メンバーが抜けてしまったあとは勢いが落ちてしまい、残念ながらお店は閉店。
 私も閉店前まで通っていたのですが、接客態度の悪いメイドさんが目立っているお店となり、自然と足が遠のいていたのです。末期にはその日に仕事をされているメイドさん達で1人が一生懸命仕事をされていて、あとは常連さんと喋っているようなお店でした。

 そこでオーナーが考えたアイデアは、お店のコンセプトを変える事。
 しかし変えたのはお店の内装とコンセプトのみ。
 新しい試みも失敗し、現在は業界から撤退されたようです。

 菜々美ちゃん達にも何度も言ってる事ですが、お店のコンセプトだけで御主人様を引きつけるておくのはとても難しい事です。このオーナーさんの敗因は、最終的に客足が遠のくきっかけにもなりえるメイドさん達を入れ替えることなく、お店という器だけを入れ替えてそれが成功すると思っていた事でしょう。
 
 ここでみなさんにお聞きしたい事があります。今まで飲食店を利用していて気分が害する事が多かったのは、お店の内装と店員さんのどちらでしょう?

 この問いの答に、メイド喫茶経営のヒントが隠されているような気が致します。

 すずね


スポンサーサイト
[ 2010/09/20 20:55 ] コラム 旧コラム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/69-5cc3c317