芽吹き屋 1回目

r2015022101.jpg

 雪の平泉。
 世界遺産の中尊寺金色堂を観られたのは良かったものの、朝早い事もあってわんこそばを食べ損ねてしまいました。

r2015022102.jpg

 ガッカリしながら一ノ関駅へ向かって新幹線のチケットを買ってみると、発車までは30分以上あるとのこと。
 駅前に何か食べる所があれば・・・と探していると、芽吹き屋さんというお店を見つけました。
 名物は曲がりネギ蕎麦とずんだ餅だそうです。

r2015022103.jpg
曲がりネギ蕎麦(550円)

 それでは早速名物を食べてみましょう。
 一ノ関名物の曲がりネギを使用した曲がりネギ蕎麦です。

 ネギや鶏肉などの具がたっぷりのお蕎麦に、さらに大きな曲がりネギが1本。
 ネギは思った以上に柔らかく甘めで、これならばメインの具にもなりえる美味しさです。
 これ単体で焼いて食べても美味しいでしょうね。

r2015022104.jpg
小餅セット(300円)

 デザートは東北名物ずんだ餅。
 ・・・実は、本格的なずんだ餅を食べたのはコレが初めてとなります。

 東京で緑色の餡をしたずんだ餅を食べた記憶がありますが、本場のずんだ餅は完全に豆が形として残っており、噛む度に豆の旨味が出てきます。
 
 ああ、ずんだ餅ってこんな美味しかったのですね。
 抹茶付きでこの価格というのも嬉しいです。
 
 気が付いたら、お土産用に冷凍のずんだ餅を買ってきてしまいました。

 
【本日紹介した店舗のサイト】
 住所:岩手県一関市駅前67


スポンサーサイト
[ 2015/02/21 17:20 ] 一般のお店 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/722-2d218613