カフェ&マンガミュージアム幻橙館 1回目

r2015030101.jpg

 中野に行って参りました。
 中野と言えば区を挙げてアニメやゲームのメディアを盛り上げているエリアとして世界的にも有名になりつつある地です。

r2015030102.jpg

 そんな、秋葉原や池袋と並ぶ聖地に、今月より新たなカフェがオープンしました。
 その名もカフェ&マンガミュージアム幻橙館。

 今日はグランドオープンパーティのご招待を受け、当店もお邪魔致します。
 国会議員さんや中野区長さん等も参加され、私なんかが招待されて大丈夫かなと恐縮しながら(?)の参加でございます。

r2015030103.jpg

 お店のコンセプトは、
『世界に誇る日本のマンガを世界最高峰のケーキと共に味わう。(店舗資料より引用)』
 というもので、日本の著名な作家のイラストを眺めながら、日本で唯一のM.O.F(フランス国家最優秀職人) の称号を持つシェフのケーキを楽しむ事ができるお店となっています。

r2015030104.jpg

 現在の展示内容は『作家さんが思い描いた仏画』で、本日のオープンイベントに出席されたちばてつや先生や、浦沢直樹先生、さいとう・たかを先生など、多くの素晴らしい作家さんが参加されておられます。
 こちらは『コブラ』の作者、寺沢武一先生の作品。
 あとは皆さんが生で観られることをお勧めします。

 このような素晴らしい仏画が広い店内に沢山展示されており、ラインナップはまさしく『ミュージアム』の名前に相応しいお店でした。
 展示作家の顔ぶれから考えると、40歳~60歳位のお客さんが一番楽しめそうです。

r2015030105.jpg

 パーティ参加者に提供されたお料理がこちら。

 具材が柔らかく煮込まれたカレーや、優しい味わいのキッシュも素晴らしかったですが、特筆すべきはやはりチーズケーキです。
 メイドカフェだけでなく、普通のカフェでもなかなか味わえない美味しさでした。

 本営業が始まるとドリンクは600円から、日替わりケーキは600円で提供され、別途1か月有効な入館券料として500円が必要になるそうです。
 確かにこれほどの作品なら、入館料の元は取れてしまいそうですね。

【本日紹介した店舗のサイト】
 カフェ&マンガミュージアム幻橙館




スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/726-2ee07b65