コミックマーケット88 散策記 Vol.1

 今年もコミックマーケット88、いわゆる夏コミが開催されました。
 今年は良い作品に恵まれ、気が付くと購入金額が例年の2~3倍ほどになっておりました。

 どこまでカバーできるかわかりませんが、当店で購入した本を紹介致します。
 検索などでお越し下さった関係者様で、もし読み方やタイトル。サークル名が間違っている場合には、お手数ですがご一報くださいませ。

r2015081501.jpg
みりんの飲み方(ささのしずく)

 日頃調味料として使用しているみりんを飲んで楽しもう!という本です。
 現代の人たちから見ると不思議に思われるでしょうが、元々みりんは飲み物として誕生し、上方(大阪)から江戸に伝わったのち、お醤油等と混ぜて調味料にする文化が生まれたので、本当は飲んで楽しむのが正解なのです。

 色々な飲み方が紹介されている中で、当店は牛乳割が気になりますね。

r2015081502.jpg
醤油手帳(醤油をこぼすと染みになる )

 丸ごと一冊、お醤油について書かれた本です。
 その内容は醤油の歴史から始まり、醤油の種類、少し広げて魚醤(しょっつるやニョクマム等の総称)が紹介されています。
 
 また、内容の充実さだけでなく、一般流通の小冊子と間違えてしまうほど綺麗な装丁も特徴的。

 こういう作品が本棚に入っていると、
「この人、なかなかやるな!」
 と思われるのではないでしょうか。
(あくまでも個人の感想です。)

r2015081503.jpg
新世紀 発酵食品製造マニュアル(ひのまる呉服店)

 こちらは丸ごと一冊、発酵について説明がされている作品です。
 当店では以前に味噌を作った事があり、懐かしくなって購入致しました。

 さまざまな発酵食品(発酵つながりで堆肥バケツの作り方も紹介されています。)がありますが、日本人の食生活に、これだけコウジカビが頑張ってくれているなんて、今まで思ってもみませんでした。
 私達はコウジカビの手のひらにいたのですね。

 編集の関係で少々文字が読みにくいページが多いですが、これも面白い一冊です。

r2015081504.jpg
ヘルメット鍋(ツィタデレ大作戦)

 過去、アメリカ軍では兵士に支給していたM1ヘルメットについて、
「脆くなるから鍋にはするな。」
 と書いてありました。
 でもダメと言われるとやりたくなるので、今回このヘルメットを鍋にして料理をした結果生まれたのがこの本だそうです。 
 文章の前半と後半で空中分解しているような展開なのですが、ここのサークルさんならそれが許されてしまうような気がしてしまうのは何故でしょうね。

 内容は上記の通りで、作中ではコンソメ鍋とトマト鍋が紹介されています。
 どちらも美味しそうですが、トマト鍋が気になっちゃいますね。
 そういう鍋が食べられる軍人料理を扱うコンセプトカフェみたいなのがあったら、ちょっと行ってしまいそうです。

 余談ですが、こういう軍隊の支給品を調理道具に流用するケースは旧日本軍でもあって、兵隊さんは鉄帽(鉄兜?)をすり鉢の代用として、戦地で手に入れたお米を入れ、三八式歩兵銃の銃床(というのでしょうか?)で突いて脱穀をしたとか。
 鍋にせよ脱穀器にせよ、軍用ヘルメットではなく、キチンとした鍋や脱穀機で作った料理を食べられる平和な時代に感謝しないといけませんね。

スポンサーサイト
[ 2015/08/15 23:55 ] いわゆる普通のブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/791-8a70bdd5