スキマリサーチ 004回 メイド喫茶と声優さんと



 こんにちは。
 今日のスキマリサーチは、特別にボクが担当します。
 年賀状イベントにちょっとだけ出る事になったので宣伝して来なさいって、店長に言われました。

 今日はメイド喫茶に関係する声優さんのお話をするね。

 メイド喫茶と言えば、秋葉原がメッカ。
 アニメもやっぱり、秋葉原が中心です。
 だから声優さんとメイド喫茶も近い位置にあって、声優さんを目指すメイドさんがいるメイド喫茶があるのも珍しくはないよね。

 そこで実際にメイド喫茶と関わりのある声優さんについて何人か調べてみました。でもでもさすがに幅広すぎる世界なので、
「この人が出てないぞ!」
 って怒らないでね。

 まずは国民的アニメ「ドラえもん」で野比のび太役を演じられている、大原めぐみさん。大原さんは元々メイド居酒屋の「ひよこ家」さんで働きながら声優を目指していました。

 次に今年で声優活動を休止されてしまいました、アニメ「はぴねす」等でおなじみの成瀬未亜さん
 成瀬さんは萌え萌えオムライス発祥のお店「Cafe Anise Seed」さんでご奉仕をされておられました。
「萌え~萌え~」 と言いながらポイントカードのハンコを押される風景は、多くの御主人様を萌え死にさせたとか。

 最後は「そらのおとしもの」等でご活躍中の野水伊織さん
 野水さんは、
「おかえりなさいませ、御主人様」
 の挨拶の発祥店、Lammさんでご奉仕をされておられました。
 Lammさんは当店のオーナーや店長が何度か行っていたお店。
 知らないうちにご奉仕を受けられたかもしれないね。
 ちなみに今の三つのお店のうち、残っているのはひよこ家さんだけです。

 うーん、こうやって書いているとどの声優さんも、
『どのメイド喫茶も声優さんの育成に関わってない』
 っていう共通点が浮かび上がってきたよ。

 声優さんのデビューをプロデュースするとか、声優さんを目指す人を採用してバックアップする、みたいな事はなくて、それぞれの声優さんがご自分のテンポで声優業(声優になるお勉強も含めて)とメイドさんのお仕事をバランス良くこなしているような方ばかりみたい。

 声優さんの業界は競争率が激しくて大変って言うよね。
 アキバ系喫茶に勤めてご奉仕をすれば声優さんになれる…というわけではないのかも。 

 ひかる


スポンサーサイト
[ 2010/12/05 19:37 ] コラム 旧コラム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/80-3ece4454