JAM akihabara 001回目



 クリスマス真っ盛りの25日。
 秋葉原に吹き荒れる北風で冷え切った体に暖を取るため、JAMアキハバラさんに行ってきました。
 簡単に言えば、寒かったので温かい食べ物が欲しかったんです。

report2010112801


 サンタ姿の妖精さんのお出迎えを受け、案内された席の周りでは限定メニューを頼まれている御主人様が沢山おられ、クリスマスっぽさを感じてしまいます。ラミカードのやりとりをされているのは、限定メニューの特典だったのでしょうか。

 私は今年の萌え萌えオムライス収めをしたかったので、それを注文。
 昨日のあやめ先輩のように、前日にチキンもシャンメリーもケーキも食べてしまったので、至って普通のメニューです。

 それにしても、相変わらずのメイドさん(≒妖精さん)の気配り力。
 食事が終わるとすぐに、というか目の前に食後のドリンクを持って待っているのは流石です。
 今年のJAMさんの訪問は今日は最後になってしまうかもしれませんが、来年もこのような接客品質を保っていただければなと思いました。
 私たちもまだまだ学ぶ事は沢山ありますね。

 みずほ


スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/84-b7bba174