居酒屋 だいこく 1回目

r2016022701.jpg

 香川遠征の記事でございます。
 こちらは高松駅近くの高松城。
 天守はございませんが、立派な石垣と貴重な資料館は残されています。

r2016022702.jpg

 舞台はメイドカフェ茶々娘のある瓦町。
 居酒屋さんの多いライオン通りにて、讃岐うどんと並ぶ香川名物『骨付鳥』を食べに来ました。

 骨付鳥を扱うお店は多くあれど、ほとんどが居酒屋形態。
 お酒の飲めない当店が長居をするのも申し訳ないので、お持ち帰りをしてホテルで食べる事にします。

 選んだのは居酒屋のだいこくさん。
 容器代50円でテイクアウトもできるとか。

 骨付鳥は注文を受けてから焼かれ、およそ15分待ちとなります。
 待っている間にお茶もいただき、店員さんには大変お世話になりましたね。

r2016022703.jpg
骨付鳥 ひな鳥&親鳥 (各800円)

 こちらが噂の香川名物、骨付鳥。
 手前が親鳥、奥がひな鳥です。

 味付けは両方とも強烈なスパイス風味、確かにお酒のおつまみには良さそう。
 親鳥はお肉も味もしっかりしていて食べごたえ抜群。まさに肉を食べている感覚です。
 ひな鳥はお肉が柔らかく、感覚的にはクリスマスなどで食べるもも肉に近いかと思います。

 香川へお越しの際は、讃岐うどんだけでなく、骨付鳥もチャレンジしてくださいね。


【居酒屋 だいこく】
 住所:香川県高松市今新町1-14(ライオン通り)



スポンサーサイト
[ 2016/02/27 09:00 ] 一般のお店 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/881-ee6c5c75