連絡船うどん 1回目

r2016031301.jpg

 3年ぶりに、連絡船うどんへ行って参りました。
 場所は高松駅構内。
 店内は2つのスペースに分けられており、改札の外からも利用する事が出来ます。

 撮影をしている手前側が改札外からの入口、奥の入口が駅ホームからの入口です。

r2016031302.jpg

 かつて岡山県と香川県を結ぶ、宇高連絡船というフェリーがありました。
 その船内で営業されていたのが連絡船うどんで、多くのお客様に愛されフェリーそのものが廃止となった今でも高松駅で営業されています。

 3年前に来た時には高松駅弁が経営されていたのが、経営悪化の為一時閉店。
 その後めりけんやのチェーン店に組み込まれ、再び開店する事となりました。

 値段など特に大きく変わった様子は見られず、朝の7時ですでにお客さんが多く利用されていますね。

r2016031303.jpg

 1個150円の天ぷらコーナー。
 かき揚げ、じゃこ天、海老、穴子と、どれも1つ150円で好きに利用できます。 

r2016031304.jpg
肉うどん + あなご天(570円)

 肉うどんにあなご天を加えてみました。
 関東の立ち食いそば屋さんにはなかなか見られないあなご天は、あっさりした関西風のうどんダシをさらに美味しくしてくれます。
 香川県では美味しい朝食を用意しているホテルも沢山ありますが、高松駅近くで泊まられたり、電車で旅をされる方であれば、朝ごはんは連絡船うどんという選択肢もあると思います。


【連絡船うどん】
 住所:香川県高松市浜野町1-20 JR高松駅(駅に入場しなくても利用できます)
スポンサーサイト
[ 2016/03/13 09:51 ] 一般のお店 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/885-123e009f