メイドカフェ津々浦々記 前編 本場のローカル

 秋葉原で生まれたメイドカフェ(コンセプトカフェ)は今や日本全国に広まりました。

 あるメイド喫茶愛好者曰く、
「大きなお城あるところにメイドカフェあり!」
 つまり大きなお城があるところは明治以降も発展し現在においても都会であることが多いので、メイドカフェがあるからだとか。 
 江戸城、大阪城、名古屋城、熊本城、青葉城、松山城、高松城址と、確かに今なお人気のあるお城がある市内にはメイドカフェもありましたっけ。

 それほどまでに広まった文化ですから、本場である秋葉原のお店の知名度はさぞ高い事でしょう。
「普段秋葉原のどのカフェへ行かれているのですか?」
 という質問を全国どこでもされるので、そういうメイドさんには秋葉原をご利用される方々にも有名なお店をリストアップ致します。

 ところが、元祖メイドカフェも、アットホームなメイド居酒屋も、首都圏周辺に支店のあるメイドカフェも、地方のメイドカフェに勤められるメイドさんはほぼ御存じありませんでした。
 例外として愛媛県松山市のメイドさんがこれらを御存知で、でんぱ組.incさんのファンであるこのメイドさんは、秋葉原へ行ったらメンバーが紹介されていた橙幻郷へ行きたいと仰っていましたが、それ以外のお店ではまったく知らないとの事。
 ラブライブやシュタインズゲートファンである多くのメイドさんも、舞台が秋葉原である事自体を御存じないようでした。

 唯一、北は岩手から南は台湾まで、どのメイドさんも御存じだったのが@ほぉ~むカフェさん。
 中には実際に行かれた方もいらっしゃったようです。
 
 当店が聖地だと思って更新してきた秋葉原のレポートは、実は秋葉原という地方限定のニュースだったのかもしれませんね。


スポンサーサイト
[ 2016/03/20 09:00 ] コラム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/886-b4d9c642