アンケート企画(仮) No.2 何年経ったら秋葉原の老舗? 回答編

 第2回目アンケートの結果発表のお時間です。

 今回のテーマは、
「秋葉原では何年続いたら老舗?」
 でした。

 例えば、京都において創業100年は老舗ではないと言われています。
 江戸時代や戦国時代から残っているお店が並ぶ中、100年位ならまだまだ若者扱いです。

 反対に、銀座の高級クラブなどは老舗の基準は緩いそうです。
 土地代の高い銀座で10年15年も営業できれば、それはもう立派な老舗だとか。

 そこで気になったのが秋葉原の老舗の基準です。
 一般的には100年以上、京都なら江戸以前、銀座なら15年。
 アキバは何年でしょうか?

 用意した選択肢は4個。

 A:5年以上
 B:10年以上
 C:20年以上
 D:その他(お好きな年数をお答えください。)


 頂いたご回答は27件。
 ツイッターの投票機能を利用した事もあって、多くの御回答を頂きました。
 ありがとうございました。

 それでは結果発表に参ります。

r2016041701.jpg

 内訳としては、

 5年以上営業されていれば老舗・・・4票
 10年以上営業されていれば老舗・・・14票
 20年以上営業されていれば老舗・・・6票
 その他・・・3票
  

『10年以上営業されているお店は老舗』というのが今回の最多得票となりました。
 10年前を前後して、テナント料が全体的に上がったという噂がありましたね。
 メイドカフェがブームになったから、というわけではないでしょうが、秋葉原でお店を続ける事の難易度は上がったと聞きます。
 どれも推測にすぎませんが、例えばここ数年の内に開店したメイドカフェの多くがチャージ料を請求しているのを見る限り、どこも維持費に苦労しているのでしょう。
 それでも10年続いているお店は、どの業種であれお客様に評価され愛されている老舗と言っても良いのかもしれません。

 以下、頂いた御意見を紹介致します。
 ご意見はすべて紹介しておりますが、
「自分の意見が出ていない。」
 という方は、お手数ですがご一報願います。

[10年以上営業されていれば老舗]

普通の飲食店や電気店ならもう少し長くていいとも思いますが、メイド喫茶なら10年は確実に老舗ですよね。
文化自体が若いのだし。そういえばシャッツキステが先日10周年で、おめでたいことでした。

秋月電子さんのような電工系のお店ですと20年以上が適正になりますねぇ…今回はあくまでもコスプレ、メイド系店舗の範囲と解釈して10年としました。


 当店はメイドカフェ(コンセプトカフェ)をご利用されるお客様も多い事もあって、それを基準とした投票をされるケースもあったようです。
 メイドカフェとそれ以外を分けようかとも迷いましたが、10年以上運営されているお店も出始めたので、ここは他の職種と一緒に並べた方が、お店にも敬意を表する事が出来るのかな?と思い、すべて一緒にしてみました。
 今後メイドカフェだけでカウントするのも面白いかもしれませんね。

[20年以上営業されていれば老舗]
2000年前後を境に変わってきたので、少し多めにとって20年で。
 
 確かに、秋葉原ではお店の種類が2000年を前後に大きく変わってきたように思えます。
 より多くのお客様がご利用になられるお店が増え、競争率が激化したようです。
 ならば2000年以前に開店し激化した競争を乗り越え2016年の現在も健在であるお店が老舗、というのも納得ですね。


 前回のアンケートでもそうでしたが、みなさんのご意見や投票は、ただ集めて眺めているだけでも興味深いものがあります。
 このコーナー、ひょっとして私が一番楽しんでいるのではないでしょうかね。
 投票も沢山いただけましたし、是非とも次回アンケートも実施したいと思います。

 アンケートにご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

スポンサーサイト
[ 2016/04/17 09:00 ] アンケート(仮) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/890-e73a1686